1. Home
  2. STYLE
  3. マタニティーマークはあるの?【ドイツでママになる】

マタニティーマークはあるの?【ドイツでママになる】

山中友希帆

マタニティーマークはあるの?【ドイツでママになる】

「おなかに赤ちゃんがいます」のマタニティマーク。日本のみならず、世界各国で独自のデザインとともに広まっているようですね。キャサリン妃が妊娠中、ロンドンの地下鉄に乗車された際に付けられていて、ちょっとした話題になったことも。さて、ドイツはどうかというと、マタニティマークなるものはありません

お腹の目立たない初期だからこそ

長女を妊娠していた当時、わたしは学校に通っていて、毎朝ラッシュ時に地下鉄に乗っていました。妊娠初期は体調が優れず、本当につらかったのを覚えています。吐き気、ふらつき、頭痛......。途中でいったん降り、ベンチで休んでからまた乗ったり、どうしても耐えられず最後の2駅は電車をあきらめトボトボと歩いてみたり。日本みたいにマタニティマークがあれば違ったのかなぁと、考えたこともしばしば。幸い、わたしは人の助けが必要な事態にまで発展することはありませんでしたが、電車で座れる、座れないの問題ではなく、マタニティマークがあれば、もし何かあったとしてもスムーズに助けてもらえる、そんな安心感を持って外出できたのではないかと思います。

人から妊婦だとわからない時がつらい

あるドイツ人に「日本にはマタニティマークっていうのがあってね......」という話をしたときのこと。すると、その人は「日本人はそのマークがないと親切にしないの? ドイツにはそんなもの必要ないよ。電車なら席も譲るし、思い荷物を持ってたら助けるし」と。いやいや、違う。そういう問題ではないんだな。

日本だろうとドイツだろうと、きっと世界のどこにいたって、妊婦さんに対する思いやりはいたるところにあって、見てすぐ妊婦だとわかるなら、きっといろんな場面で救いの手はさしのべられるはず。けれど問題は、「まだ誰も妊婦だとわからない時」のこと。妊娠初期からお腹が目立つなんてことはありえないし、妊娠中というのはえてして、お腹がふくらんでいない初期が一番つらく、気持ちも不安定なもの。でもそんな初期に、貧血で倒れたら? 急なめまいや動悸でその場から動けなくなってしまったら? そういう状況では、口をきくのもつらい、あるいはきけず「おなかに赤ちゃんがいます」のたったひとことも出ないと思うのです。

賛否両論あり、マタニティマークをつけた妊婦さんが狙われるなんていう悲しいニュースも耳にする昨今。けれど、わたしはそれが作られたこと自体には、日本人らしい配慮と優しさを感じています。そしてせっかく存在するからには、それが本来の目的通り機能するような優しい社会であってほしい、また、マタニティマークが妊婦さんの不安な気持ちにそっと寄り添ってくれる小さな味方であってほしいと切に願っています。

>>「ドイツでママになる」連載記事一覧

【第6回】とにかく頼りになる。産後の助産師訪問ケアがすごい

【第5回】超実用的な母子手帳は2冊ある

【第4回】妊娠・出産費用は全額保険でカバー

【第3回】もっと太ってね。日本とは対照的な妊娠中の体重管理

【第2回】間抜けな姿で歩く、オープンすぎる診察室

【第1回】本場のコウノトリがやってきた!

image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    2. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    3. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    4. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    5. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    6. 見た目は大事。いつものごはんを「プロ並み」にする盛り付けのコツ

    7. バリエーションUP、調理時間はDOWN。ごはん作りが楽しくなる「下味冷凍」

    8. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    9. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    2. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    3. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    4. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    5. 4時間睡眠が2日続くだけで...。止まらない食欲はホルモンのせいかも

    6. 体の中が「膨張」してる!? 余分な息を追い出そう/呼吸が変わるとラクになる #03

    7. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    8. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    9. 冷ましてチンでもOK! ご飯は「冷ますだけ」で優秀ダイエットフードに

    10. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 【隠れ疲労チェックリスト】 女性が疲れやすい理由とは?

    6. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    7. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    8. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    9. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    10. 【セルフチェックリスト】取れない疲れ、「3つのストレス」のせいかも

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら