1. Home
  2. STYLE
  3. マタニティーマークはあるの?【ドイツでママになる】

マタニティーマークはあるの?【ドイツでママになる】

マタニティーマークはあるの?【ドイツでママになる】

「おなかに赤ちゃんがいます」のマタニティマーク。日本のみならず、世界各国で独自のデザインとともに広まっているようですね。キャサリン妃が妊娠中、ロンドンの地下鉄に乗車された際に付けられていて、ちょっとした話題になったことも。さて、ドイツはどうかというと、マタニティマークなるものはありません

お腹の目立たない初期だからこそ

長女を妊娠していた当時、わたしは学校に通っていて、毎朝ラッシュ時に地下鉄に乗っていました。妊娠初期は体調が優れず、本当につらかったのを覚えています。吐き気、ふらつき、頭痛......。途中でいったん降り、ベンチで休んでからまた乗ったり、どうしても耐えられず最後の2駅は電車をあきらめトボトボと歩いてみたり。日本みたいにマタニティマークがあれば違ったのかなぁと、考えたこともしばしば。幸い、わたしは人の助けが必要な事態にまで発展することはありませんでしたが、電車で座れる、座れないの問題ではなく、マタニティマークがあれば、もし何かあったとしてもスムーズに助けてもらえる、そんな安心感を持って外出できたのではないかと思います。

人から妊婦だとわからない時がつらい

あるドイツ人に「日本にはマタニティマークっていうのがあってね......」という話をしたときのこと。すると、その人は「日本人はそのマークがないと親切にしないの? ドイツにはそんなもの必要ないよ。電車なら席も譲るし、思い荷物を持ってたら助けるし」と。いやいや、違う。そういう問題ではないんだな。

日本だろうとドイツだろうと、きっと世界のどこにいたって、妊婦さんに対する思いやりはいたるところにあって、見てすぐ妊婦だとわかるなら、きっといろんな場面で救いの手はさしのべられるはず。けれど問題は、「まだ誰も妊婦だとわからない時」のこと。妊娠初期からお腹が目立つなんてことはありえないし、妊娠中というのはえてして、お腹がふくらんでいない初期が一番つらく、気持ちも不安定なもの。でもそんな初期に、貧血で倒れたら? 急なめまいや動悸でその場から動けなくなってしまったら? そういう状況では、口をきくのもつらい、あるいはきけず「おなかに赤ちゃんがいます」のたったひとことも出ないと思うのです。

賛否両論あり、マタニティマークをつけた妊婦さんが狙われるなんていう悲しいニュースも耳にする昨今。けれど、わたしはそれが作られたこと自体には、日本人らしい配慮と優しさを感じています。そしてせっかく存在するからには、それが本来の目的通り機能するような優しい社会であってほしい、また、マタニティマークが妊婦さんの不安な気持ちにそっと寄り添ってくれる小さな味方であってほしいと切に願っています。

image via shutterstock

山中友希帆

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 天然の甘味料もOKとは言えない。糖尿病の人に気をつけてほしい食べ物8種(後編)

    3. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    4. 期待に応えることをやめてみる......自分をワンランクアップさせる思考法

    5. 脂肪を燃焼しても、筋肉には変わらない【痩せるカラダを作る方法】

    6. 怒りを上手にコントロールする6つの方法

    7. 毎日3.7リットル水を飲むガロン・ウォーター・チャレンジについて、栄養士の見解

    8. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    9. リップ要らずの唇になる「金魚の口」 #30日間の顔ヨガ

    10. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    4. 腰に一番よい寝姿勢は? 腰や背中が痛いときオススメの寝方を専門家が指南

    5. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    6. 良質な睡眠、肌ツヤUP、太りにくい体へ。食べ方で血糖をコントロール!

    7. 怒りを上手にコントロールする6つの方法

    8. ライム病と闘う歌姫「体の機能が停止していくのを感じ、溺れたような気分」

    9. 痩せてきたのに、なんかクサイ。「ダイエット臭」って知ってますか?

    10. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. あなたは大丈夫? 糖尿病予備軍の見過ごせないサイン7つ

    3. 「歩くたびに疲れがとれる」と噂のサンダルを履いてみた

    4. 若年性乳がん、どんな人がなりやすい?

    5. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    6. 糖質制限でガマンしない、失敗しない。糖質で太らない5つのヒント

    7. 「この日空いてる?」と予定を聞かれたときのスマートなかわし方

    8. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. 医師が教える副腎疲労。ひどい疲れには3つの“フリー”

    10. キスだけでもうつる「梅毒」がいま増加中! 初期サインを見すごさないで

    マタニティーマークはあるの?【ドイツでママになる】

    FBからも最新情報をお届けします。