1. Home
  2. EAT
  3. 以前はPMSや月経痛に悩まされていたけれど【あるベジタリアンの食卓】

以前はPMSや月経痛に悩まされていたけれど【あるベジタリアンの食卓】

松永真美

以前はPMSや月経痛に悩まされていたけれど【あるベジタリアンの食卓】

女性は変化する生き物です。もちろん、男性も変化するのですが、女性は月経があり、より変化に富んでいます。それに月経は、月に一度のデトックス。女性は毎月新しく生まれ変わるのです。

とはいえ、PMS(月経前症候群)や月経中のだるさ、お腹などの痛みから月経なんてなければいいのに! と思う方も多いよう。私もかつてはひどいPMSや月経痛に悩まされ、月経期間は痛み止めが欠かせませんでした。薬なしで過ごすのがベストですが、薬を飲むこと自体は悪いことだとは思いません。痛みをこらえることがストレスになったり、知らず知らずのうちに体に力が入って血流が悪くなったりするので、つらいときは薬に頼っていいと思います。でも、痛みやだるさなど不快な症状は体からのメッセージ。体がなにかシグナルを発してるということを認識した上で、薬を飲むのがいいかなと思います。

月経痛の対策としては、血行を良くすること、温めることが効果的です。月経前になると甘いものが食べたくなる人も多いかもしれませんが、お砂糖はクーラーのようなもの、できるだけ控えるようにします。何か甘いものが食べたい! というときは干し柿や干し芋、デーツなどがおすすめです。こっくり甘いので満足度が高いのです。食べなれると、お砂糖がちょっと刺激的すぎるな、と感じるようになるかもしれません。ヨモギ茶やラズベリーリーフのお茶は、子宮の働きをサポートしてくれます。黒ごまをすり鉢であたり、同量の黒砂糖と混ぜたものを、朝晩小さじ1杯ずつ食べるアーユルヴェーダの処方は、月経の不調によく効きます。

女性特有の不調を解消するような食べ物は他にもあるのですが、一番大切なのは、自分のライフスタイルを振り返ること。日々の食事や睡眠はどうでしょうか? まずはネガティブ要因を取り除きます。そうすれば体は自分の力でなんとかしてくれるもの。その上で必要であれば、体の力をサポートしてくれるものを取り入れる。自分が変わることなしには、何も変わらないのです。

今日食べたもの:春菊と大根の皮のナムル

大根の皮は、コリコリとした食感できんぴらや炒め物などにもぴったり。皮だけをぬか漬けにするのも好きです。今回は香りのいい春菊とあわせてナムルにしました。大根の皮は千切り、春菊は適当なサイズに切ります。鍋に湯を沸かし、塩を少し入れ、大根の皮を入れます。ひと呼吸おいて春菊も加え、春菊が鮮やかな緑色になったらすぐにザルに上げて冷水にさらして水を切ります。ボウルに大根の皮と春菊を入れ、ごま油をひと回ししてよくなじませます。ごまちぎった海苔を加えてよく混ぜてできあがり。

>>「あるベジタリアンの食卓」連載記事一覧

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    5. 今! 今すぐここに行きたい! 30分で頭と心がすっきりする銀座の瞑想空間

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    10. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    1. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら