1. Home
  2. MIND
  3. 環境にも生地にもやさしい。エコで機能的な漂白剤

環境にも生地にもやさしい。エコで機能的な漂白剤

環境にも生地にもやさしい。エコで機能的な漂白剤

THE STAIN REMOVER 250ml /2,300円(税抜)

洗濯洗剤はこれ、というものがあるけれど、なかなか見つからなかったエコで機能的な漂白剤に、ようやく出会えました。その名も「THE STAIN REMOVER(ザ ステイン リムーバー)」。

オールマイティに使える漂白剤

151208thestainremover3.jpg
THE STAIN REMOVER 250ml /2,300円(税抜)

除菌、消臭、漂白効果を発揮するのは、傷口の消毒にも使われる過酸化水素水。排水後は水と酸素に分解される、環境に無害な化合物です。

洗浄成分はパームヤシ、タピオカ、大豆、米ぬかなど100%植物由来

液性が中性なのでコットン、リネン、合成繊維はもちろん、シルクやウールなどのデリケートな素材、無地や柄物問わずに使えて、どんなタイプのシミにもまんべんなく、生地を傷めることなく効果を発揮してくれるという、まさにオールマイティな秀作

シュッとするだけでシミをクリアに

試しにクローゼットの肥やしになっていた、白いシャツの襟元、脇の黄ばみにシュッとスプレー。ほんのり香るのは、柑橘系のエッセンシャルオイル。

10分ほど置いたあと、ほかの衣類と一緒にいつも通り洗濯機へ。そして洗濯が終わってみると......おお、きれいに落ちている。 白いウールのニット、白いリネンのシーツのシミも同様にクリア。なんて簡単!

151208thestainremover2.jpg
THE 洗濯洗剤 ボトル 500ml/2,500円、詰替用 450ml /1,980円(すべて税抜)

植物由来100%の洗浄成分を使用した「THE 洗濯洗剤」も人気というから、セットで使ってみてもいいかもしれません。

151208thestainremover1.jpg

白と淡い色がワードローブの定番カラーで、シミとの戦いは日常の面倒ごとだった私にとって、救世主のような「THE STAIN REMOVER」。早くも手放せない存在になりそうな予感。

ちなみに「THE」はブランド名で、今の時代の、そのカテゴリーにおける真の定番というべきものを生み出すことを目指す、ユニークなカンパニー。どんなものが生まれてくるのか、これからも楽しみです。

[問:THE SHOP 03-3217-2008、 http://the-web.co.jp

神津まり江

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 強い筋肉を手に入れたい! 高タンパクでおいしいスムージー7種

    7. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    8. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン