1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 肌の老化をケア。「食べる」だけじゃない美肌レシピ

肌の老化をケア。「食べる」だけじゃない美肌レシピ

肌の老化をケア。「食べる」だけじゃない美肌レシピ

プロティア ドクターズサプリはビタミンA+D、ビタミンA+C,E、ビタミンA+ミネラル、+ビオチン、+オメガ3の5種類

この季節、気になるのが肌の乾燥。いつもよりシワが目立ったり、頬はカサつくのに鼻やおでこのTゾーンだけはベタついたりといった悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

そんなとき、取り入れたいのが、美肌ビタミン、ビタミンA。一番大切な食事からの摂取方法はもちろん、ビタミンAを効果的に取り入れて美しくなるインナーケア、スキンケアをご紹介します。

見逃されがち!? 「ビタミンA」の美肌パワー

バランスのとれた食事を心がけていても、ついつい不足してしまう栄養素があります。特に、日本人にもっとも不足しているといわれている栄養素が、ビタミンA。実はこのビタミンAこそが、目や体の疲労回復とともに、美肌にとって欠かせない栄養素なのです。

ビタミンAには、細胞のDNAに働きかけ、細胞が本来持っている機能を回復させる働きがあるといわれています。皮膚や粘膜の乾燥も、ビタミンAの不足が原因となることも。

ビタミンAが十分に摂れていれば、乾燥やシワはもちろん、シミ、大人ニキビなどのトラブルのない、美しい肌が保てるのです。

あなたのビタミンA不足度をチェック

・シワ・タルミ・乾燥肌が気になる ・ニキビや吹き出物ができやすい ・眼が乾燥する(ドライアイ) ・肌や体に疲れが出やすい・風邪を引きやすい

上のリストで、3つ以上が当てはまる人は要注意。まずは毎日の食事でビタミンA補給を目指すための「ビタミンAレシピ」を紹介します。

1品で美肌効果抜群。冬におすすめの「ビタミンAレシピ」

まずは、肌寒い日に熱々で食べたい「カボチャとほうれんそうのグラタン」。ビタミンAが豊富なカボチャと乳製品を使った、コクのある一品です。

カボチャとほうれんそうのグラタン

20151217_environ_1.jpg

材料(2人分)カボチャ......160g(1/6 個) ほうれんそう......100g バター......10g 粉チーズ......適量 塩・こしょう......少々

<調味料>固型コンソメ......1 個 (又は顆粒コンソメ小さじ1) 薄力粉......大さじ1 牛乳......3/4 カップ ナツメグ......少々 作り方1 カボチャは7㎜幅にスライスし、電子レンジ600Wで3分加熱する。2 牛乳の中に薄力粉とコンソメ、ナツメグを入れてよく混ぜ、ソースを作る。3 フライパンにバターを熱し、食べやすく切ったほうれんそうを軽く炒めたら塩・こしょうをして火を止めて2を回しかけ、再び弱火で加熱する。4 ソースがほうれんそうに絡んだら火を止め、バター(分量外)を塗った耐熱容器に入れる。5 1を乗せて粉チーズをかけ、オーブントースターで10分ほど焼く。

Aケア協会」より引用

食事からの栄養補給はやっぱり基本。とはいえ、環境の変化などで、年々、野菜そのものに含まれるビタミン量が減少していることはご存知でしょうか。栄養を「摂っているつもりなのに不足している」という状態は、実はこういったことも影響しているのです。

忙しい人におすすめ、ビタミンA ドクターズサプリ

そこで、体の内側からビタミンAの効果を実感したい人に紹介したいのが、栄養たっぷりの食事×サプリメントの新習慣。

最近の研究では、皮膚の老化には加齢による「自然老化」と、紫外線やブルーライト(青色光)、排気ガス、ストレスなどが原因となる「光老化」の2種類が影響していて、なんと肌老化の80%が「光老化」によるものだと考えられています。つまり、年齢のせい......と、あきらめていた肌の老化も、実は「光老化」が原因かもしれないということ。

このことを研究し「光老化」による肌ダメージの回復に、ビタミンAが効果的であることを発見したのが南アフリカの形成外科医、Dr.デス フェルナンデス。

ドクターが開発した「プロティア ドクターズサプリ」なら、細胞の成長に不可欠なビタミンAを理想的なかたちと栄養バランスで補給することができ、美肌はもちろん、免疫力UPや脂質・糖質の代謝をスムーズにし、活力に満ちたアクティブな毎日をサポートします。

20151217_environ_item2_2.jpg
プロティア ドクターズサプリはビタミンA+D、ビタミンA+C,E、ビタミンA+ミネラル、+ビオチン、+オメガ3の5種類

「塗るビタミン」で、しっとりとした美肌へ

より効果的に美肌を目指なら、ビタミンAを配合したエンビロンのスキンケアがおすすめ。食事やサプリの「食べるビタミン」だけでなく、肌に直接補給する「塗るビタミン」のダブル効果で、乾燥などのトラブルに負けない、ぷるぷるのあの頃の肌に導いてくれます。

20151217_environ_item.jpg
エンビロン モイスチャースタートセットは、モイスチャージェルスタートとモイスチャークリームスタートがセットになったトライアルキット。

エンビロンは、フェルナンデス博士が肌トラブルに悩む女性たちのために開発した、まさにビタミンAの補給を目的としたスキンケア

皮膚科学に基づき、ビタミンAはもちろん、ビタミンC、E、B5、ベータカロチンといった多種類の抗酸化成分を、効果が得られる濃度で配合。ひとりひとりの肌状態に合わせて、段階的にビタミンAを摂取できるようにラインナップされた、クリニックの治療のようなオーダーメイド感覚のスキンケアが自宅で実践できます。

医療機関でも多く取り入れられ、現在、世界約70カ国、日本国内で1,800以上のクリニックとサロンで採用されているとのこと。

肌悩みを解消するために、ビタミンAを効果的に摂取したいという人には、ぜひ試してみてほしいスキンケアシリーズです。

継続はチカラなり、「ビタミンA」ライフスタイルで美しく

紫外線などの影響で破壊されてしまうビタミンAは、日々、継続的に摂取するのがポイント。毎日の食事はもちろん、スキンケアやサプリメントなどから、自分に合った方法を選んでみてはいかがでしょうか。

体の内外から積極的にビタミンAを取り入れることで、「光老化」に負けない健やかな美しさを手に入れましょう。

エンビロン, プロティア ドクターズサプリ, Aケア協会, 公式オンラインショップ

撮影(商品)/中山実華, top image via Shutterstock, 文/中島理恵

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    肌の老化をケア。「食べる」だけじゃない美肌レシピ

    FBからも最新情報をお届けします。