MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. BODY
  3. ドイツは、産後の助産師訪問ケアがすごい【ドイツでママになる】

ドイツは、産後の助産師訪問ケアがすごい【ドイツでママになる】

ドイツは、産後の助産師訪問ケアがすごい【ドイツでママになる】

先日のお話(妊娠出産にかかるお金の話)で、ドイツでは産後の助産婦による自宅訪問ケアも健康保険でカバーされるということに少し触れました。この自宅訪問ケア、じつは私がドイツでの妊娠出産経験を経て、もっとも良かったと感じているシステム。そこで今回はそこのところをもう少し詳しくお話したいと思います。

ママと赤ちゃんを訪問助産師が徹底サポート

ドイツには出産後、助産師が自宅まで足を運び、ママと赤ちゃんの手助けをしてくれる「産後ケア」のシステムがあります。訪問頻度は、退院後はじめの一週間ほどは、毎日~2日おきぐらい、その後少しずつ間隔が空いていき、週1回、2週に1回となり終了、期間は出産から約2か月間にわたります

産後ケアの内容は、・ママの体の回復サポート・赤ちゃんの発育チェック・母乳指導・沐浴指導・産褥体操コースや離乳食など、今後のための情報提供 など。

とにかくわからないこと、気になること、心配ごとはなんでもその場で直接聞けるのが、本当に心強い! 出産を経験するまではこんなシステム必要なのかな? と思っていましたが、とんでもない誤算。退院したばかりの満身創痍(?)のからだと、慣れない赤ちゃんのお世話、睡眠不足......。疲れと痛みとストレスまみれの状態で病院へ出向く必要もなく(そんな元気もないけど)、赤ちゃんにまつわる不安も解消される、とにかくありがたいシステムだなあとつくづく感じました。ちなみに、おこなわれるケアはハーブやアロマを利用した、ママにも赤ちゃんにもやさしいものが中心です。(いかにもドイツっぽい!)

20151204_josanshi_1.jpg
生まれてすぐの長女が助産師さんに計量されている様子

しつこいようですが、健康保険に加入していればこれらの料金はすべてカバーされるしくみ。長女のとき母乳がなかなかうまくいかず、助産師さんが「これを試してみましょう!」と新品の搾乳機をたずさえてやってきてくれたことがありました。それも保険適用とのことで支払い不要。なんだか出産祝いのプレゼントをもらったようで、うれしかったのを覚えています。

image via shutterstock

Writing by山中友希帆

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 実はタマゴはまるごと食べたほうがよい理由

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 驚きのフィット感と軽さ。スニーカーのような履き心地のパンプス

    4. みなさんバレンタインには張り込むんですね【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    5. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    6. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 【完全版】管理栄養士に聞く「糖質制限ダイエット」の効果と方法

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 梅の花が咲いてきた。春も近い?【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    8. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    9. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    10. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    10. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    ドイツは、産後の助産師訪問ケアがすごい【ドイツでママになる】

    FBからも最新情報をお届けします。