1. Home
  2. MIND
  3. 自分で自分を褒めると良いことがおこる

自分で自分を褒めると良いことがおこる

30代からのやさしい愛のはじめ方

2,524

斎藤芳乃

自分で自分を褒めると良いことがおこる

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

いつも周囲から褒められたり、気づけばいつのまにかひいきされたり受けいれてもらっている女性......。あなたの回りにも、そんな「褒められ女子」はいないでしょうか。

実はこの「誰からも褒められ、認められる私」は作っていくことができるんですね。しかも、そのために「他人と比べてすごく自慢できる資格」を取得したり「すれ違う人がはっと振り向くような美人」になったりする必要はありません。

にもかかわらず、多くの女性が、「私はどうせ褒められる要素なんてないし」と自信を失ってしまっています。

「褒められ女子」になるためには、どうしたらいいのでしょうか?

●「魅力がないから褒められない」という誤解

私たちは、本来、ひとりひとりが素晴らしい魅力と価値を持っています

論理的なところや、あるいは優しいところ、知性があること、共感能力が高いこと、美的センスがある、手先が器用、世界の美しいところを見つけるのが得意、人当たりが良い、気配りが自然にできる、女性らしいしなやかさを持っている、など。私たちはそれぞれが周囲の人とは違った才能や資質を持っています

けれども、幼い頃から「勉強ができればいい子」「言うことをきけばいい子」というように周囲の価値観や、社会の価値観で生きることを強く求められてきた場合は、その限られた価値観にマッチしない才能は、知らず知らずのうちに隠しながら生きるようになってしまうのです。

たとえば「勉強で良い成績をとることが素晴らしいことだ」と思い込んでいる親がいた場合、「学校で良い成績を取る以外の才能や資質」は、日頃、なかなか認められることがありません。

その結果、その才能や資質は、後回しになったり、自信を持ちづらく、少しずつ没個性になってしまうのです。

●隠されている才能を見つけよう

けれども、こうした「周囲の人の思惑や動向」があったとしても、本来、自分が持って生まれた才能がなくなるわけでも、消えてしまうわけでもありません。ただ「隠れてしまっただけ」なのです。

その隠れてしまった才能や資質を再び花開かせるには、「周囲は私の才能を認める感性を持たなかったけれど、自分自身で私の才能を認める」というプロセスが必要になります。

卵が先か、鶏が先か、という話になりますが、私たちの潜在意識は、「周囲に認められたから自分には素晴らしいところがあるんだ」と認識するだけでなく、逆に「自分には素晴らしい才能や資質がある」と自分自身が認めていることによって、周囲もそれに気づき、褒めることができるようになります

良いことがあったから笑う、のではなく、笑っているから良いことが起きる、というのと似ています。

「世間で求められているようなことが出来ない」と自分自身を叱咤するのではなく、自分の持つ本来の才能を隠さず表現していくだけで、それに影響され、周囲の人々も才能を認めてくれたり、この女性が魅力的なんだと認識するようになるんですね。

●まずは自分で自分を褒めてあげよう

そのためには、自分の小さな素晴らしさをひとつひとつ、その都度言葉に置き換えてしっかりと認識しながら褒めてあげるようにしましょう。

例えば、毎日遅刻せずにきちんと起きて会社に通勤しているなら、「大変でもこうして毎日責任を持って頑張れる私って、誠実で素晴らしいね」というように。

人に優しくできたり、配慮したりすることができたら、「こうしていつも他人に対して優しく配慮できる女性らしさって本当に美しい」というようにします。

周囲に誰も人がいないときは、自分で自分のことを抱きしめてなでてあげたり、声に出して「えらいね」と言ってあげても大丈夫です

●あなたの素晴らしさに、周りの人が気づき始める

「私はこんな小さなことも出来る女性なんだな」とあえて自分の素晴らしさを言葉にして再確認していくことで、私たちはその才能に自信を持ち、さらにその才能を堂々と発揮できるようになります。その結果、周囲もその様子を見て、「この人はこんないいところがあるんだね」と初めて認識できるようになるのです。

このように、言葉を使ってしっかりと自分で自分に素晴らしさを認識させることで、私たちは「他人からもぱっと見て褒めたくなるような自分」を作ることができます。

「褒められ上手は褒め上手」。自分のことをどんどん認めて、あなたの人生に明るい光をともしてあげてくださいね。

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析