1. Home
  2. BODY
  3. 超実用的な母子手帳は2冊ある【ドイツでママになる】

超実用的な母子手帳は2冊ある【ドイツでママになる】

1,068

山中友希帆

超実用的な母子手帳は2冊ある【ドイツでママになる】

ドイツにも母子手帳ってあるの? という質問をよく受けます。はい! もちろんあります。というより、日本の母子手帳はもともとドイツ「母親手帳」を参考に開発された(※)のだそう。

シンプルだけど実用的な手帳

こちらがその母親手帳。自治体ごとに個性があってかわいらしい日本の母子手帳とはうって変わって、ドイツは全国どこへ行ってもこの「ど」シンプルなデザイン。役所へ行って受け取るのではなく、かかりつけの婦人科から妊娠10週目前後に直接手渡されます。さて、先ほどからわたし、「母子」手帳ではなく「母親」手帳と言っていることにお気づきですか? これ、ドイツではお母さんと子どもが、それぞれ別の手帳をもらうため。日本なら母子手帳1冊ですが、こちらでは妊娠したら、「母親手帳」赤ちゃんが産まれたら、「子ども手帳」というわけ。また、子ども手帳に加えて「予防接種手帳」なるものもあり、これは生涯にわたって使うことになります。

妊娠発覚から出産 → 母親手帳誕生~ → 子ども手帳+予防接種手帳

このように、別々であるがゆえに、母親手帳には各種検査結果データや毎回の検診結果などがかなり詳しく記載されていて、カルテのような役割を果たしています。なので、母親が自分自身で記入するような項目は一切なく(中を開いてもイラストなどは皆無)、書き込むのはドクターか助産師。また、一冊の母親手帳には2回分の妊娠が記録できるようになっています。だからこそ、仮に飛び込みの出産や救急搬送などがあっても、受け入れ側は母親手帳を見ればどんな妊婦さんなのかひとめでわかり、スムーズに対応できるそうです。

妊婦さんの頼れる相棒

母子手帳、というとほんわかムード満載でかわいい表紙のものをイメージしていたわたし。はじめてドイツでこの母親手帳を受け取ったときは、そのあまりの素っ気なさに嬉しさよりも「なんじゃこりゃ!」が先だって、正直ちょっとがっかりしてしまったほど。けれど、その機能性を知り納得! つまりこれは、何かあったとき、どこへ行っても迅速に、最善の対応をしてもらうためのパスポートなのだということ。そう思うと、見た目はどうあれ、この手帳が頼れる相棒に思えてくるのです。※参考:博報堂生活総合研究所「日本の母子手帳を変えよう」プロジェクト

ドイツでママになる連載記事一覧

【第4回】妊娠・出産費用は全額保険でカバー

【第3回】もっと太ってね。日本とは対照的な妊娠中の体重管理

【第2回】間抜けな姿で歩く、オープンすぎる診察室

【第1回】本場のコウノトリがやってきた!

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?