1. Home
  2. BODY
  3. 超実用的な母子手帳は2冊ある【ドイツでママになる】

超実用的な母子手帳は2冊ある【ドイツでママになる】

超実用的な母子手帳は2冊ある【ドイツでママになる】

ドイツにも母子手帳ってあるの? という質問をよく受けます。はい! もちろんあります。というより、日本の母子手帳はもともとドイツ「母親手帳」を参考に開発された(※)のだそう。

シンプルだけど実用的な手帳

こちらがその母親手帳。自治体ごとに個性があってかわいらしい日本の母子手帳とはうって変わって、ドイツは全国どこへ行ってもこの「ど」シンプルなデザイン。役所へ行って受け取るのではなく、かかりつけの婦人科から妊娠10週目前後に直接手渡されます。さて、先ほどからわたし、「母子」手帳ではなく「母親」手帳と言っていることにお気づきですか? これ、ドイツではお母さんと子どもが、それぞれ別の手帳をもらうため。日本なら母子手帳1冊ですが、こちらでは妊娠したら、「母親手帳」赤ちゃんが産まれたら、「子ども手帳」というわけ。また、子ども手帳に加えて「予防接種手帳」なるものもあり、これは生涯にわたって使うことになります。

妊娠発覚から出産 → 母親手帳誕生~ → 子ども手帳+予防接種手帳

このように、別々であるがゆえに、母親手帳には各種検査結果データや毎回の検診結果などがかなり詳しく記載されていて、カルテのような役割を果たしています。なので、母親が自分自身で記入するような項目は一切なく(中を開いてもイラストなどは皆無)、書き込むのはドクターか助産師。また、一冊の母親手帳には2回分の妊娠が記録できるようになっています。だからこそ、仮に飛び込みの出産や救急搬送などがあっても、受け入れ側は母親手帳を見ればどんな妊婦さんなのかひとめでわかり、スムーズに対応できるそうです。

妊婦さんの頼れる相棒

母子手帳、というとほんわかムード満載でかわいい表紙のものをイメージしていたわたし。はじめてドイツでこの母親手帳を受け取ったときは、そのあまりの素っ気なさに嬉しさよりも「なんじゃこりゃ!」が先だって、正直ちょっとがっかりしてしまったほど。けれど、その機能性を知り納得! つまりこれは、何かあったとき、どこへ行っても迅速に、最善の対応をしてもらうためのパスポートなのだということ。そう思うと、見た目はどうあれ、この手帳が頼れる相棒に思えてくるのです。※参考:博報堂生活総合研究所「日本の母子手帳を変えよう」プロジェクト

山中友希帆

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    2. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

    5. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    6. トレイルランナー福島 舞さん|My Favorite Sports vol.014

    7. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    8. 生米から30分で、もちもち玄米ごはんを作る方法 【TOKYO VEGAN】

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 過去の自分を慈しんでいますか? | 禅僧のおことば 20

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    8. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    9. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    超実用的な母子手帳は2冊ある【ドイツでママになる】

    FBからも最新情報をお届けします。