1. Home
  2. MIND
  3. 望む未来を引き寄せる「幸運手帳術」

望む未来を引き寄せる「幸運手帳術」

似鳥よーこりん

望む未来を引き寄せる「幸運手帳術」

そろそろ、来年の手帳が並ぶころ。まっさらなページをめくると「来年はどんな年になるのかな」という期待感でワクワクしますよね。

そんな未来を書き込む手帳。せっかくなら「なりたい自分」に近づく使い方をしたいな、と思っていたときに目を引かれたのが、赤井理香さんの『最高の自分を引き寄せる! 幸運手帳術』(同文館出版)。

「手帳は自分が本当に望むことを引き寄せる最高のツール」として、魅力を120%引き出す方法や、ワンコインでのカスタマイズ、手帳を活用し幸運の波にのる方法など、さまざまな「幸運手帳術」が紹介されています。

なかでも、私がさっそく試したいなと思ったメソッドが「先取り日記」です。

望む未来を引き寄せる手帳の書き方

「先取り日記」とは、スケジュールの予定を書き込んだら、その予定で起こってほしいことや、そのときの感情などを先取りして記入していくという幸運手帳術。じつはこれ、脳や潜在意識のしくみを応用したメソッドなのだそう。

週ページの下の余白に、その日の予定に合わせた「そうあってほしい状態・現実」を完了形で書く。これだけです。

(中略)

預言書のように、未来のことについて書きますが、あくまで「日記」なので、完了形で書きます。完了形で断言することで、潜在意識は「すでに起こったこと」「現実のこと」として認識し、思考に現実を合わせてくれるのです。

(『最高の自分を引き寄せる! 幸運手帳術』P209、P215より)

この方法を用いることで「こうなってほしいな」という結果が期待できるのだとか。たしかに、神社へのお参りも「〜になりますように」ではなく、「〜します」と宣言することで、願いが叶いやすくなる......と言われていますよね。

運まかせではなく、自分で「こうしたい!」と意識することでおのずと心構えや行動も変わってくるのかもしれません。

新しい手帳でも、いま使っている手帳でも。さっそく明日から取り入れたい、すてきな手帳術が満載の一冊です。

image via Shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?