1. Home
  2. EAT
  3. コーヒードリッパーで簡単においしいだしをとるコツ

コーヒードリッパーで簡単においしいだしをとるコツ

クリハラチナツ

コーヒードリッパーで簡単においしいだしをとるコツ

image via shutterstock

日本の伝統食「和食」。それにかかせないもののひとつである「だし」。昆布や鰹など、うまみがでるだしは海外でも「umami」として注目されています

簡単においしいだしをとる方法は?

だしが料理の決め手になるのは、日本人ならば誰しも実感しているところ。ですが、手軽な顆粒だしがどこにでも売っている時代。わざわざだしをとる、というのはめんどくささもあってなかなかハードルが高いもの

私もたまに本格的なだしを買ってみたりするのですが、結局、顆粒だしのお世話になることのほうが多いです。簡単においしく、だしがとれたら......と思っていたときに見つけたのが、『だし生活、はじめました。』(祥伝社)。ものぐさな私にも、とっても参考になるだしの取り方が紹介されていました。

コーヒー感覚でだしをとるコツ

なるべく、簡単に、おいしくだしをとり、生活に取り入れようと奮闘する著者が便利! と言うのがコーヒードリッパーでだしをとるということ。かなりおどろきだったのですが、抽出する、ということに関しては同じこと。目から鱗の発想でした。

フィルターをセットし、鰹節をいれてコーヒーを入れる要領で少しづつお湯を注ぐだけなのだそう! まさにコーヒー感覚。こんなに簡単ならば、朝からしっかりだし生活ができそうな気がします。

にぼしは、頭と腹を取らなきゃだめ?

というか、みんなは本当に律儀に頭とはらわたをとっているのだろうか? そして、頭とはらわたをとらないとほんとうにくさみが気になるのか?

(『だし生活、はじめました。』p137より引用)

昔、家庭科の授業で作ったみそ汁のだしは「煮干し」。そのとき皆で手分けして頭とはらわたをとった思い出がよみがえりました。たしかに手間ひまかかり、なかなか日常のルーティーンにするには、ちょっとしたがんばりが必要です。

忙しい我が家ではできるだけ回避したいのが正直なところ。著者は同じだしの取り方でとったもの、とらないもの、両方で実験。結果すっきり感に差はあったものの、家庭料理に置いては必要なしとの結果になったそう。という事は昆布のように一晩そのままつけるだけ! なんと簡単。

体にいいこと、でこころにも余裕

多忙すぎて生活が乱れがちな人ほど、だしをとって一息入れることで、「体にいいことをしている」という実感が得られることは間違いないし、「だしをとっている自分→やれば出来る! →心にも余裕が生まれる」という効果も、きっとあるのではないかと思っているがいかがだろうか。

(『だし生活、はじめました。』p53より引用)

ちょっと体の調子が良くないときほど、やさしい食べ物や飲み物を欲するもの。自分の手でだしをとるということは、食べることと、こころの両方を大事にすることにきっと繋がるのだと感じます。

思ったより手間がかからないだしの取り方。覚えてしまえば、毎日の生活の定番になっていきそうです

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー