1. Home
  2. MIND
  3. 「真顔が怖い」と言われたらRBFかも!?

「真顔が怖い」と言われたらRBFかも!?

1,518

キュンメルめぐみ

「真顔が怖い」と言われたらRBFかも!?

image via shutterstock

普通にしているだけなのに「どうして機嫌が悪いの?」なんて聞かれることがある。ただ何かに集中しているだけなのに、真顔が怖いといわれ、怒っていると勘違いされてしまう。そんなことで悩んでいるのは、あなただけではありません。

固く、怖い真顔はRBF

真顔の怖い女性の表情はRBF (Resting Bitch Face)と呼ばれ、2013年頃から上位検索ワードとして注目されだしました。RBFの意味は「意図せずに、真顔がものすごく意地悪な顔(Bitch Face)になってしまうこと」を意味。

通常日本語ではこの「ビッチ」は尻軽女などと重く訳されがちですが、ここでの定義ではあくまでも「いじわるな」「威張っている」「キツい」「怖い」といった表情のこと。2013年といえば折しもインスタグラム人気に更に火がついてきたころで、写真映りの良し・悪しに関連し、若い子たちを中心にこのような表現が頻繁に使われるようになったと思われます。

ニューヨークタイムズによると、RBFに悩む女性が整形外科を訪れ、怖い表情を何とかしてほしいというケースが増えてきているほどだとか。もちろん常にニコニコしている人間などこの世に一人としていませんし、免許証の写真のように、運悪くなぜか悪者みたいな顔になってしまうこともあります。性格上、あまりヘラヘラするのが好きでない、おとなしくて真面目な女性ももしかしたら真顔が怖いと言われてしまうかもしれません。

「スマイルは女性の財産」?

RBFは勘違いされることが多く、人間関係を悪くするとの見方が一般的でした。それは表情の読めない人は何を考えているかわからず、一緒にいると疲れるというのが理由。スマイルの多い、幸せそうに見える人は、心理学的にも信頼できると思われやすいのだそうで、「怖い顔」は不利だと思われていました。

しかし、本当でしょうか? 私が思うに、自分のペースで生活をすることを好む人は、他人からの印象や評判にいちいち翻弄されない、ドンとした人。そんな人は、どちらかというと他人を良く観察し、人の感情に繊細な人が多かったりするものです。興味深いことに、普段物静かで怖そうに見えるRBFな人ほど、やはり他人とのコミュニケーション力に実は優れているのだと、先のコラム内でも述べています。

個人的には、スマイルは確かに女性の財産ではあるけれど、真顔は個性。恥じる必要も、引け目を感じることも要らないと思うのです。

[QUARTZ,The NewYork Times]

    specialbunner

    Ranking

    1. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    4. ぽっこりお腹を撃退! ついでに「姿勢もよくなる」動きって?

    5. 「糖質制限なんてする必要ありません」食事制限ダイエットの落とし穴

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    8. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    9. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    8. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    9. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    5. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    6. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    7. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    8. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    9. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?