1. Home
  2. MIND
  3. 「真顔が怖い」と言われたらRBFかも!?

「真顔が怖い」と言われたらRBFかも!?

「真顔が怖い」と言われたらRBFかも!?

image via shutterstock

普通にしているだけなのに「どうして機嫌が悪いの?」なんて聞かれることがある。ただ何かに集中しているだけなのに、真顔が怖いといわれ、怒っていると勘違いされてしまう。そんなことで悩んでいるのは、あなただけではありません。

固く、怖い真顔はRBF

真顔の怖い女性の表情はRBF (Resting Bitch Face)と呼ばれ、2013年頃から上位検索ワードとして注目されだしました。RBFの意味は「意図せずに、真顔がものすごく意地悪な顔(Bitch Face)になってしまうこと」を意味。

通常日本語ではこの「ビッチ」は尻軽女などと重く訳されがちですが、ここでの定義ではあくまでも「いじわるな」「威張っている」「キツい」「怖い」といった表情のこと。2013年といえば折しもインスタグラム人気に更に火がついてきたころで、写真映りの良し・悪しに関連し、若い子たちを中心にこのような表現が頻繁に使われるようになったと思われます。

ニューヨークタイムズによると、RBFに悩む女性が整形外科を訪れ、怖い表情を何とかしてほしいというケースが増えてきているほどだとか。もちろん常にニコニコしている人間などこの世に一人としていませんし、免許証の写真のように、運悪くなぜか悪者みたいな顔になってしまうこともあります。性格上、あまりヘラヘラするのが好きでない、おとなしくて真面目な女性ももしかしたら真顔が怖いと言われてしまうかもしれません。

「スマイルは女性の財産」?

RBFは勘違いされることが多く、人間関係を悪くするとの見方が一般的でした。それは表情の読めない人は何を考えているかわからず、一緒にいると疲れるというのが理由。スマイルの多い、幸せそうに見える人は、心理学的にも信頼できると思われやすいのだそうで、「怖い顔」は不利だと思われていました。

しかし、本当でしょうか? 私が思うに、自分のペースで生活をすることを好む人は、他人からの印象や評判にいちいち翻弄されない、ドンとした人。そんな人は、どちらかというと他人を良く観察し、人の感情に繊細な人が多かったりするものです。興味深いことに、普段物静かで怖そうに見えるRBFな人ほど、やはり他人とのコミュニケーション力に実は優れているのだと、先のコラム内でも述べています。

個人的には、スマイルは確かに女性の財産ではあるけれど、真顔は個性。恥じる必要も、引け目を感じることも要らないと思うのです。

[QUARTZ,The NewYork Times]

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    「真顔が怖い」と言われたらRBFかも!?

    FBからも最新情報をお届けします。