1. Home
  2. MIND
  3. 自信と幸せに満ち溢れる、朝3分の呼吸法

自信と幸せに満ち溢れる、朝3分の呼吸法

1,298

似鳥よーこりん

自信と幸せに満ち溢れる、朝3分の呼吸法

日に日に寒さが増していく朝、浅くなりがちな呼吸にたった3分間意識を向けることで、自信に満ちたハッピーな1日を過ごすことができるそうです。

3万人の施術をし、現在はトレーナーを育成しているベアハグ副社長・小関伸哉さんの最新著書『ウルトラ深呼吸で体が変わる! 』(小学館)に、その方法がありました。

自信と幸せに満ちる呼吸法

ウルトラポーズで立つ

胸を張って、手の甲を腰に当て、指先は軽く内側に。足は体の正面に対して、肩幅に開いて立つ、スーパーヒーローのような姿勢がポイントです。ウルトラマンのような格好であることから、「ウルトラ深呼吸」と名づけたそうです。

8・4・4のリズムで鼻呼吸

舌先を上の歯の裏側につけて、鼻で呼吸。鼻呼吸がよいのは、雑菌に対してフィルター効果があるからだそうです。おなかを凹ませながら自分のリズムで8拍息を吐くところからスタート。胸を意識しながら4拍吸い、そのあと4拍息を止めます。

この呼吸を基本10回ワンセットで行います。朝がおすすめですが、忙しくて忘れてしまったときなどは、好きなときに行っても大丈夫だそう。

同書にはこの基本の呼吸法をベースに、首や肩をゆるめたり、モチベーションを高めたり、イライラを軽減する呼吸法などの豊富なバリエーションが紹介されています。

自信が芽生えストレスを減らす呼吸法

深呼吸は、やろうと思えばだれもができるけれども、意識しないとできないもの。その意識をしやすいようにと考案されたという、ウルトラ深呼吸。

また、仮面ライダーやウルトラマンのような胸を張ったポーズは、セロトニンを出すと言われているそう。

同書によると、ハーバード大学の社会心理学者、エイミー・カディ教授の実験により、2分間このポーズをとることで、自信のもとになるテストステロンが20%上昇し、ストレスホルモンと言われるコルチゾールの値が25%低下したそうです。

たった3分行うだけで、ストレスが癒され、自信と幸せに満ちた1日を送ることができる呼吸法に、改めて呼吸と姿勢の奥深さを実感しました。

[「ウルトラ深呼吸で体が変わる!』(小学館)]

image via Shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?