1. Home
  2. EAT
  3. 「いただきます」の本当の意味【あるベジタリアンの食卓】

「いただきます」の本当の意味【あるベジタリアンの食卓】

松永真美

「いただきます」の本当の意味【あるベジタリアンの食卓】

「いただきます」と手を合わせるとき、どんな感じがしますか? 私はあるときまでは、その料理を作ってくれた人に対してや、食材の作り手に対してありがとうの意味をこめて「いただきます」と言っていたように思います。ときには、単に習慣的に言っていたこともありました。でもいつの頃からか、もうすこしその先に目が向くようになりました。

何かを食べるということは、それはつまり、自分を生かすために何かのいのちをいただくということです。野菜であろうとくだものであろうと、魚やにわとりや牛、豚であろうと、すべて同じ生き物です。そのいのちをいただくことで、自分を生き延びさせることができています。でも、そのいのちに対して、私は対価を払うことができないのだなあと、あるときふと思いあたりました。

料理を作ってくれた人、生産者の方々、それを運搬したり、店に並べたりしてくれる方々には、お金などなんらかの形で対価を払うことができます。でも、食材そのものとなったいのちに対しては、なにもお返しできることがない。そう思ったとき、なんともいえない悲しいような、やりきれないような気持ちとともに、ありがたい気持ちがわいてきました。なんと大きな輪の中で、そのつながりの中で生かされているのだろうと、その壮大さに圧倒されもしました。

そうすると「いただきます」は、私のいのちを支えてくれているすべてのいのちに対しての感謝の気持ちの表明になりました。そして、いただいているのは、いのちだ、と思ったとき、目の前の食べ物をぞんざいに扱うのが難しくなりました。日本には食べるときの姿勢や箸の持ち方、使い方などいろいろな細かいマナーがあります。だまって食べなさい、残さず食べなさい、肘をつかない、など子どもの頃に大人に言われた経験を持つ人も多いと思います。それらはきっと、すべきことや単なるマナーなのではなく、もともとは、食べ物となったいのちときちんと対峙した結果なのではないかと思うのです。食事を前に「いただきます」を言う文化を、形式的なものとしてではなく、その本質とともに残していきたいなあと思う今日この頃です。

今日食べたもの:にんじんの葉っぱのふりかけ

にんじんでも大根でも、葉付きの物には目がありません。野菜を1つ買ったら、もうひとつおまけで葉野菜がついてくる、という感じがするからでしょうか。にんじんの葉っぱは香りの良さを生かして、パスタソースにしたり、スープに散らしたり。

この葉っぱのふりかけ大根葉で作ることもあります。こちらもおすすめです。にんじんの葉っぱは細かく刻みます。フライパンで油を熱し、葉っぱを炒めます。途中でをぱらり。葉っぱがしんなりするまでさらに炒めます。お醤油を回しかけ、ちぎった海苔ごまを全体に混ぜてできあがりです。ごはんにかけても、まぜごはんにしても、納豆と混ぜてもおいしいふりかけです。

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    5. 今! 今すぐここに行きたい! 30分で頭と心がすっきりする銀座の瞑想空間

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    10. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    1. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら