新米がおいしい季節、ごはんのお供にぴったりなちりめん山椒。このちりめん山椒にハワイのエッセンスを加えた変わりちりめん山椒が「ちりめん山椒 千京(ちひろ)」で販売されています。同アイテムを使った、簡単メニューをご紹介します。

20151118_tirimen_1.jpg
左から「ちりめん山椒 赤唐辛子入り」「ちりめん山椒 マカデミアナッツ入り」「ちりめん山椒 にんにく入り」(各665円)。

マカダミアナッツ入りハワイ風サラダ

20151118_tirimen_3.jpg

ちりめん山椒 千京の「ちりめん山椒 マカダミアナッツ入り」はゴロゴロとたくさんのマカデミアナッツが入っています。そのままおつまみにしてもいいですがカット野菜と和えれば、ハワイ気分が上がるサラダに。

普通のおかゆがトリュフ香るリゾットに

20151118_tirimen_2.jpg

「ちりめん山椒 ホワイトトリフオイル入り」(773円)で、普通のおかゆをリゾットにランクアップ。

熱々のおかゆにピザ用とろけるチーズを混ぜます。次に「ちりめん山椒 ホワイトトリフオイル入り」をトッピング、全体にオリーブオイルをさっと回しかけたら、即席ホワイトトリュフリゾットのできあがり。残りご飯で作ったおかゆがホワイトトリュフの濃厚な香りが漂うひと皿になりました。

パスタと和えてもおいしい!

20151118_tirimen_4.jpg

「ちりめん山椒 にんにく入り」を茹で上がったパスタに混ぜるだけで、ガーリックちりめんパスタの完成です!

20151118_tirimen_5.jpg

パッケージもハワイアンテイスト。ピリ辛味は好みで七味、唐辛子、赤山椒からチョイスできます。

これらの珍しいちりめん山椒を考案したのは12年間ハワイで暮らしていた代表の蓮沼千京さん。じつは京都生まれ京都育ちの根っからの京女。お母さまの作るちりめん山椒を友人に配ったところ評判となり「知り合いにもあげたい」とリクエストが増えていったことをきっかけに、7年前に帰国して本格的にお店を始めたのだそう。

「京都では歴史のない店はなかなか受け入れてもらえないので、ほかと違うことをしないと全国にアピールできません」と、ハワイにいたころによく使っていたバジルやにんにくを取り合わせ、何度も試作を重ねて商品化したそう。ほかにもイタリア人の友人が好んでいたトリュフオイルを商品に使うなど、今までのちりめん山椒のイメージをがらりと変えるラインナップです。

「さらにバリエーションを増やしていきたいと試作を繰り返していますが、新しい味はまだ秘密です」と意気込みを語る蓮沼さんのバイタリティーあるチャレンジに注目です。

※ 表記価格は全て税抜きです。

[千京オンラインショップ]

(写真・スタイリング・料理・文/石黒美穂子)