1. Home
  2. BODY
  3. 間抜けな姿で歩く、オープンすぎる診察室【ドイツでママになる】

間抜けな姿で歩く、オープンすぎる診察室【ドイツでママになる】

間抜けな姿で歩く、オープンすぎる診察室【ドイツでママになる】

産婦人科。問診にしろ内診にしろ、自分のごくプライベートな部分をさらけ出す必要があり、受診するのになんともハードルの高い科だなぁと思います。そうはいっても、妊娠が発覚したとなれば避けては通れない道。じつは通常検診を受ける産婦人科の診察室にも、ドイツと日本と比べて大きなギャップがあるのです......。

オープンすぎる診察室

置いてある設備はほぼかわりなく、部屋はゆったり、広々としています。その片隅に、カーテンのついたごくごく小さな脱衣スペース。そこで服と下着を脱ぐようにいわれるのですが、問題はここから。

日本ならば診察台まで恥ずかしくないように、タオルなどを貸してくれるところもありますよね? それがドイツにはありません。下半身裸のなんとも間抜けな姿で広い部屋の中をすたすた歩き、診察台によじ登らねばならないのです。

さらに問題はその診察台(日本でもお馴染の、両足を大きく広げて座る恥ずかしい椅子)、日本だと、ドクターと自分の間にはカーテンがあって、ダイレクトには見えないような仕組みになっているのが普通。(それの有り無しも議論されたりしていますが......)しかしここでは、その当たり前にあるはずのカーテンもありません!

どうせなら、しっかり見ておこう

つまり、ドクターがどんな器具を使ってどんな内診をしているのか、患者側からもばっちり見えてしまう状態。これには最初、本当に驚きました。患者にわかりやすいオープンな医療を目指しているのかな? と前向きな想像もしてみたけれど、いやいや、ただ単に心遣いの問題でしょ、とも思ったり。でも、脱衣スペースにはちゃんとカーテンついてるし。あぁ、混乱。

けれど、そんな違和感にも、3回も通えば慣れてしまうから人って不思議です。もう日本のタオルと仕切りのカーテン文化に思いを馳せることはなくなりました。潔く脱衣所を後にし、颯爽と診察台へ、診察もどうせ見えるならしっかり見ておこうと、まじまじその光景を眺めることにしています。

ドイツでママになる連載記事一覧

【第1回】本場のコウノトリがやってきた!

image via shutterstock

山中友希帆

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 寒いと滅入るのは気のせいじゃない。季節性感情障害(SAD)の乗り越え方8

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 溜め込んだ疲れをスッキリ! 年末の疲労をすばやく回復する方法5つ

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    7. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    8. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    間抜けな姿で歩く、オープンすぎる診察室【ドイツでママになる】

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More