1. Home
  2. MIND
  3. ストレスを減らし、フェロモンをつくる「マヌカオイル」とは

ストレスを減らし、フェロモンをつくる「マヌカオイル」とは

キュンメルめぐみ

ストレスを減らし、フェロモンをつくる「マヌカオイル」とは

強力な殺菌効果・消臭効果を持つといわれる、原産地オーストリアのティーツリー・オイル。原住民のアボリジニに古くから利用されてきたことで、よく知られています。そんなオイルに代わって、現在ドイツでじわじわと人気なのが「マヌカ・オイル」です。

ティーツリーより強い殺菌力

このマヌカ・オイル、原産国はニュージーランドあるいはオーストラリア・クイーンズランド。原住民マオリ族が使っていたことから、その効果について注目されてきました。

なんと150kgの収穫量からわずか1kgのオイルしか抽出できない希少なものであることから、販売されているもののなかにはアーモンドオイルなどと希釈されたものもあります。

マヌカがティーツリー・オイルよりすぐれた部分は、マヌカだけに含まれる「レプトスペルモン」という成分。これはティーツリー以上の非常に強い殺菌効果を持ち、パラサイト・バクテリア・カビなどに効果を発揮するとのこと。

サイト「Tea Treeの森」によると、そのほかにもノミやダニ避けにも効くそうなので、ペットを飼う人にとってもお部屋のアロマを兼ねる優れモノとなりそうです。

日々のストレスを癒すオイル

そして大きな違いは、マヌカは肌に非常に優しいこと。ティーツリーはその殺菌効果の高さからたとえばニキビ対策としてオーガニックコスメに使用されていましたが、その刺激の強さの好き嫌いはわかれるところでした。

その点マヌカはすべての年代の人が使えるほど低刺激なのが魅力。切り傷、ニキビ、筋肉痛のほか、たとえばアトピーのかゆみを抑えるのにも効くのだそうで、小さな子どもに使用することができます。

また、ヒスタミンが作られるのを抑えるため、敏感肌の人が虫にさされた箇所に塗るとかゆみをしずめてくれたり、あるいは炎症がひどくなるのを防ぐこともできるのだとか。

ヒスタミンは主に、人がストレスを抱えたときに現れることから、マヌカの香りで精神的に癒されることで、ストレス軽減に役立つそうです。ちなみに海外サイト「satureja.de」によると、マヌカオイルを肌に塗ることでフェロモンを作り出す作用もあるとか。

そんなマヌカの香りは優しく、まるでアーモンドの花の香りを思わせる甘いもの。部屋の消臭に普段使いするだけでなく、風邪をひいたときに使用すれば鼻やのどの通りをよくしてくれ、リラックス効果も得られます。体に害のない、自然のアロマを使って部屋の消臭をしたいという人は試してみてはいかがでしょうか。

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?