1. Home
  2. BODY
  3. 本場のコウノトリがやってきた!【新連載・ドイツでママになる】

本場のコウノトリがやってきた!【新連載・ドイツでママになる】

本場のコウノトリがやってきた!【新連載・ドイツでママになる】

赤ちゃんを運んでくると言われている幸せのシンボル、コウノトリ。じつはこれ、もとはドイツに古くから伝わる物語に端を発したものだということをご存知ですか? 私もそれを知ったのはつい数年前のこと。ドイツで子どもを授かるまでは日本の昔話か何かだと思い込んでいました。

それから時が経ち、その「本場の」コウノトリが連れてきた赤ちゃんも、もう2歳。そしてまた次のコウノトリが私たちのところにやってきたようです。国が変われば、妊娠・出産・子育て事情も様々。なかでも医療技術も高く、子どもを産みやすい制度が整っていると言われるドイツの実情を、これまでの経験とリアルタイムでの目線を通じてお届けします。

検診を受ける病院と産む病院は別

妊娠した女性がまずすべき課題、それはおそらく「病院選び」ではないでしょうか。日本だと妊娠期間から出産までひとつの病院で、分娩予約もとにかく早く(妊娠がわかったらすぐ!)、というのがよくあるパターンかと思います。しかし、ドイツでは基本的に検診を受ける病院と、お産する病院は別

<妊娠期間中>かかりつけの小規模な産婦人科医院(分娩施設はない) ↓<お産>分娩施設のある大きな病院や大学病院、もしくは助産院 ↓<出産後>元のかかりつけの小規模な産婦人科医院

つまり、出産に立ち会うドクターは普段ずっと診てくれていたドクターではなく「初対面の人」! 正直、これにははじめ、一抹の不安を覚えました。しかし、実際経験してみるとこれといった問題は特にナシ。しっかりした連携とサポート体制のもと、ひとつの滞りもなくことは進み、完全に私の杞憂だったなぁ、と。

検診とお産を別にすることでメリットも

ちなみに、分娩予約も出産の約1~2か月前でOK(ずいぶんのんびり!)。予約なしの飛び込み出産にも対応しています。通常検診とお産を切り離すことで、日本でよく言われる産科医や助産師不足を解消し、それゆえに出産の受け入れ態勢にも余裕があるようです。

そんなシステムなので、ドクターもしっかり休暇をとるのがこちら流。私の通う医院も先日きっかり2週間お休みでした。(お休みの間に受診が必要な場合は提携先の医院を紹介されます。)もちろん、いち患者としては、いつどんなときでも同じドクターに診てもらえるのが理想。けれど、それだけでは医療従事者は疲弊してしまいますよね。

妊娠・出産というテーマを、一人の女性のものとしてだけではなく、社会全体の問題としてとらえ、どういうシステムが理想なのか、その視点を忘れてはならないと考えさせられました。

山中友希帆

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    本場のコウノトリがやってきた!【新連載・ドイツでママになる】

    FBからも最新情報をお届けします。