1. Home
  2. STYLE
  3. 季節感を意識すれば運気アップできる理由

季節感を意識すれば運気アップできる理由

似鳥よーこりん

季節感を意識すれば運気アップできる理由

四季がはっきりした日本では、毎月ごとに自然界や季節感を意識していると、運気がよくなっていくそうです。そんな日本の四季の「気」に沿った暮らしのあり方「季礼」を提唱しているのは、「コーディネーションアカデミージャパン」主宰の秋篠野安生さん。

空間・環境デザイナーとして、国際会議や政財界のレセプション、パーティなどのデザインを手がける秋篠野さんの「和」のセンスの活かし方を、『「気」の12ヶ月 季礼で暮らしを浄化する』(エムオン・エンタテインメント)から取り入れることができます。

「季礼」から学ぶ、おすすめの11月の過ごし方

「望み葉」から、再生の力を感じる

晩秋の森や公園で、土の上に柔らかく積もった「望み葉」を踏みしめながら、心をそっと鎮めてください。あたりには密やかな、それでいて確かな力が満ちていることを感じてみましょう

(『「気」の12ヶ月 季礼で暮らしを浄化する』p125より引用)

望み葉とは、春の再生への願いを込めた、落ち葉を表現する美しい別称だそう。枯れ葉や落ち葉という言葉、どこか寂しさがありますが、望み葉という言葉には、希望やワクワク感がありますよね。

しっとりと柔らかな感覚と、土の匂いを嗅いでいると、春を待つ大地のパワーを感じることができます。

暖色系で身を守る

11月は、冬至を前に陰の気が強くなる時期。一年の実りを迎え、静かにゆっくりと、本来の自分を取り戻す時期だそうです。そんな時期の過ごし方は

今は冬至前で、強い陰の気が悪いものを消して身を守ってくれている」という意識を自分に持ちます。そして生活の中に、暖色系のものを取り入れましょう。

(『「気」の12ヶ月 季礼で暮らしを浄化する』p125より引用)p130~131より引用)

玄関に赤やオレンジの花を生けたり、テーブルウェアを暖色系にするなど、生活のなかに暖色系を取り入れることを実践してみると、たしかによい出会いがありました。見た目にも暖かみがあって、くつろぎ感も増しますね。

1か月も心がけていると、みるみる気持ちがクリアになって、日々の暮らしが幸せになるという「季礼」。「毎日をていねいに暮らしている」実感が湧いてきます。

「気」の12ヶ月 季礼で暮らしを浄化する』(エムオン・エンタテインメント)

image via Shutterstock

    Ranking

    1. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    2. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    3. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    4. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    5. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 【絶品トマトジュースをプレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    9. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    4. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    5. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    6. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    7. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    8. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    9. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    10. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら