1. Home
  2. STYLE
  3. 季節感を意識すれば運気アップできる理由

季節感を意識すれば運気アップできる理由

季節感を意識すれば運気アップできる理由

四季がはっきりした日本では、毎月ごとに自然界や季節感を意識していると、運気がよくなっていくそうです。そんな日本の四季の「気」に沿った暮らしのあり方「季礼」を提唱しているのは、「コーディネーションアカデミージャパン」主宰の秋篠野安生さん。

空間・環境デザイナーとして、国際会議や政財界のレセプション、パーティなどのデザインを手がける秋篠野さんの「和」のセンスの活かし方を、『「気」の12ヶ月 季礼で暮らしを浄化する』(エムオン・エンタテインメント)から取り入れることができます。

「季礼」から学ぶ、おすすめの11月の過ごし方

「望み葉」から、再生の力を感じる

晩秋の森や公園で、土の上に柔らかく積もった「望み葉」を踏みしめながら、心をそっと鎮めてください。あたりには密やかな、それでいて確かな力が満ちていることを感じてみましょう

(『「気」の12ヶ月 季礼で暮らしを浄化する』p125より引用)

望み葉とは、春の再生への願いを込めた、落ち葉を表現する美しい別称だそう。枯れ葉や落ち葉という言葉、どこか寂しさがありますが、望み葉という言葉には、希望やワクワク感がありますよね。

しっとりと柔らかな感覚と、土の匂いを嗅いでいると、春を待つ大地のパワーを感じることができます。

暖色系で身を守る

11月は、冬至を前に陰の気が強くなる時期。一年の実りを迎え、静かにゆっくりと、本来の自分を取り戻す時期だそうです。そんな時期の過ごし方は

今は冬至前で、強い陰の気が悪いものを消して身を守ってくれている」という意識を自分に持ちます。そして生活の中に、暖色系のものを取り入れましょう。

(『「気」の12ヶ月 季礼で暮らしを浄化する』p125より引用)p130~131より引用)

玄関に赤やオレンジの花を生けたり、テーブルウェアを暖色系にするなど、生活のなかに暖色系を取り入れることを実践してみると、たしかによい出会いがありました。見た目にも暖かみがあって、くつろぎ感も増しますね。

1か月も心がけていると、みるみる気持ちがクリアになって、日々の暮らしが幸せになるという「季礼」。「毎日をていねいに暮らしている」実感が湧いてきます。

「気」の12ヶ月 季礼で暮らしを浄化する』(エムオン・エンタテインメント)

image via Shutterstock

似鳥よーこりん

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 知らない間にストレスを蓄積させている行動習慣とは

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 夜のお出かけ前はこれだけやればOK!「お疲れ顔」がよみがえるメイク直しテク

    8. ちょっとくらい掃除をさぼっても大丈夫! 半永久的に抗菌できる加湿器

    9. オバマ夫妻も取りくんだ不妊治療、IVF(体外受精)について知りたい

    10. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    6. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    7. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 肺がんにならないために、今日からできること10

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    季節感を意識すれば運気アップできる理由

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More