1. Home
  2. STYLE
  3. 季節感を意識すれば運気アップできる理由

季節感を意識すれば運気アップできる理由

似鳥よーこりん

季節感を意識すれば運気アップできる理由

四季がはっきりした日本では、毎月ごとに自然界や季節感を意識していると、運気がよくなっていくそうです。そんな日本の四季の「気」に沿った暮らしのあり方「季礼」を提唱しているのは、「コーディネーションアカデミージャパン」主宰の秋篠野安生さん。

空間・環境デザイナーとして、国際会議や政財界のレセプション、パーティなどのデザインを手がける秋篠野さんの「和」のセンスの活かし方を、『「気」の12ヶ月 季礼で暮らしを浄化する』(エムオン・エンタテインメント)から取り入れることができます。

「季礼」から学ぶ、おすすめの11月の過ごし方

「望み葉」から、再生の力を感じる

晩秋の森や公園で、土の上に柔らかく積もった「望み葉」を踏みしめながら、心をそっと鎮めてください。あたりには密やかな、それでいて確かな力が満ちていることを感じてみましょう

(『「気」の12ヶ月 季礼で暮らしを浄化する』p125より引用)

望み葉とは、春の再生への願いを込めた、落ち葉を表現する美しい別称だそう。枯れ葉や落ち葉という言葉、どこか寂しさがありますが、望み葉という言葉には、希望やワクワク感がありますよね。

しっとりと柔らかな感覚と、土の匂いを嗅いでいると、春を待つ大地のパワーを感じることができます。

暖色系で身を守る

11月は、冬至を前に陰の気が強くなる時期。一年の実りを迎え、静かにゆっくりと、本来の自分を取り戻す時期だそうです。そんな時期の過ごし方は

今は冬至前で、強い陰の気が悪いものを消して身を守ってくれている」という意識を自分に持ちます。そして生活の中に、暖色系のものを取り入れましょう。

(『「気」の12ヶ月 季礼で暮らしを浄化する』p125より引用)p130~131より引用)

玄関に赤やオレンジの花を生けたり、テーブルウェアを暖色系にするなど、生活のなかに暖色系を取り入れることを実践してみると、たしかによい出会いがありました。見た目にも暖かみがあって、くつろぎ感も増しますね。

1か月も心がけていると、みるみる気持ちがクリアになって、日々の暮らしが幸せになるという「季礼」。「毎日をていねいに暮らしている」実感が湧いてきます。

「気」の12ヶ月 季礼で暮らしを浄化する』(エムオン・エンタテインメント)

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析