1. Home
  2. STYLE
  3. 生まれる前の赤ちゃんとスキンシップ

生まれる前の赤ちゃんとスキンシップ

冠ゆき

生まれる前の赤ちゃんとスキンシップ

「アプトノミー(Haptonomie)」という言葉を聞いたことがありますか?

「haptein」はスキンシップ、「nomos」は規律や方法という意味。簡単に言えば、アプトノミーは「(妊娠19から20週目くらいから始めることのできる)胎児とのスキンシップの方法」ということになります。

おなかの赤ちゃんとスキンシップ

胎児とスキンシップと聞くと、なんだか眉に唾をつけたくなるかもしれませんが、じつに大真面目なもの。アプトノミーを打ち立てたのは、20世紀半ばのオランダの医師Frans Veldmanという人だそうです

フランスでは、ここ20年ほどで徐々に広がり、いまでは社会保険でカバーされるほど認知度も上がっています。指導するのは、アプトノミーの資格を持つ助産婦さん。ただし、受けるのは義務ではなく、希望者のみの準備講座のようなものです。

具体的にどんなことをするの?

151104haptonomie.jpg

一般には、妊娠中に8回くらい講座を受け、その時々、胎児の大きさによって、異なる手の動きを習います。重要な点は、ママだけでなくパパの存在が不可欠であるということです。あくまで赤ちゃんとパパとママ、3人のふれあいなのです。

たとえば、女性のうしろから男性が支えることで、女性だけでなく胎児も同じようにリラックスすることができるそうです。そして声をかけながら男性がおなかの上から優しく刺激を与えると、胎児もそれに反応するそう。

胎児にとっては、ほぼ初めての「触感」による触れ合いとなります。講座でこれらの動きを習ったら、それを家で定期的に行うことが大切です。

経験者夫婦の話

実際にアプトノミーを経験したという私の友人、ピエールとアンヌクレールに話を聞いてみました。

彼らの場合、経験者である友人の熱心な推薦を受けて、資格を持つ助産婦さんに会いに行ったのが始まりだとか。

おもしろいことに、その助産婦さんは最初に必ず面接を行い、その夫婦がアプトノミーに適しているかどうか見極めるのだそうです。夫と妻、ふたりに「胎児とコミュニケートしたい」という意欲がなければ、講座を受けてもムダということなのでしょう。

最初はどんなものか、おっかなびっくりで体験してみたという友人夫婦。初めての講座はどう感じたのでしょう。

ピエール:教えられた動きはとても簡単だったよ。じつは、アプトノミーと知らず、家でもしていたような動きだったんだ。違ったところといえば「聞くこと」かな。胎児の動きや反応をどういう風に感じたらいいかは、そこで初めて習ったよ。

アンヌクレール:講座の時間が思ったよりずっと短くてびっくりしたわ。でも、それはそうよね。やり方を教わるだけで、あとは家でするものだものね。

アプトノミーの楽しさ

講座終了後、さっそく家でアプトノミーをしたときの感想については、こんな風に語ってくれました。

ピエール:胎児が大きくなってくると、だんだん場所を取るから同じようには動けなくなるんだけど、5か月から7か月の頃はすごく反応して楽しかったな。

僕がおなかに手をおいて名前を呼ぶと、僕の手にぴったり寄り添うようにやってくるんだ。さらにそのまま反対側に手を持っていくと、ついてくるのがわかるんだ。

不思議なことに、胎児を身体のなかでも感じる女性は、かえって、おなかの上に置いた手のひらで胎児の動きを感じるのが難しいそうです。また、男性の低い声の方が、胎児の反応を呼びやすいという意見もあります。

いずれにせよ、ふたりが口を揃えていうのは、アプトノミーのおかげで、妊娠期間を夫婦ふたりで楽しむことができたということ。

普通の妊娠前検診や出産準備プログラムだと、男性の居場所はあまりありませんよね。しかし、アプトノミーでは男性はいてもらわなければ困る存在なのです。

出産と育児に違いは出る?

かといって、友人夫婦もアプトノミーを盲信しているわけではなく、たまたま自分たちに合うメソッドだったと思っているようです。

実際、アプトノミーを経験したことで、出産とその後の育児に違いがあったか聞いてみると、次のような慎重な答えが返ってきました。

ピエール:比べられないからわからないな。でも初めて赤ん坊を腕に抱いたとき、もっと緊張するかと思っていたのに、意外なほどリラックスしていたかな。

アンヌクレール:出産にリラックスして臨むことはできたわ。それがアプトノミーのおかげかどうかはわからないけど。

アプトノミーの効果については明確には言えませんが、ひとつ言えるのは、妊娠期間を女性だけのものでなく、夫婦のものとするのに、一役も二役も買っていたということ。

また、友人夫婦に話を聞き、アプトノミーを通して男女とも親になる心の準備をしていく部分も大きいと感じました。加えて、女性は出産に備えて身体の緊張の解き方を覚えるメリットもあります。

アプトノミーを経験した赤ちゃんは、落ち着いた手のかからない子だという話も耳にしましたが、こればかりは個人差があるでしょうし、比べられないのでわかりません。ただ、ピエールとアンヌクレールの赤ちゃんは、私の知る新生児の中でもとりわけ手のかからない赤ん坊だということを言い添えておきましょう。

Psychologies

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 白砂糖・バター・チーズ不使用おやつ。ヨーグルトのチーズケーキレシピ

    2. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 秋の花粉症を悪化させるNG行動。リスクを最小限に抑えるには?

    9. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?