1. Home
  2. STYLE
  3. 日常を忘れ、いつかは訪れたい世界の都市3選

日常を忘れ、いつかは訪れたい世界の都市3選

日常を忘れ、いつかは訪れたい世界の都市3選

xC(クロスシー) TITANIA LINE HAPPY FLIGHT 左:EC1114-51W ¥78,000(税別) 右:EC1112-06A ¥75,000(税別)

見たことのないような神秘的な光景や、自分がちっぽけに感じられる壮大な景色。旅の感動は、慌しい日常の中で縮こまっていた心を震わせ、解放的にしてくれます。

旅は、自分らしくいるために必要なもの。とはいえ「忙しくてなかなか時間がとれない」という人も多いのではないでしょうか。そんな方に、貴重な時間をつかっても、いつかは訪れたい旅のデスティネーションを紹介します。

話題のあの国で、中東の神秘と美を体験

151106dubai.jpgNight view of the streets of the old Arab city Dubai UAE

ゴージャスなイメージで人気のドバイ。世界一高い高層ビルや7つ星ホテルが並ぶ街並みが織り成す華麗な夜景は、日常をきれいに忘れさせてくれます。最先端の都市という印象ですが、やはりそこは中東の国。街の周囲に広がる砂漠や、シンメトリーが美しいモスクなどが、イスラム圏ならではの神秘的でエキゾチックな雰囲気を醸し出しています。

街を歩いていて目にとまるのが、女性たちの美しさ。敬虔なムスリムであるドバイの女性は、常にヴェールをまとっていますが、その目元に、凛とした美しさが宿っているのが印象的です。そう、中東といえば、あのクレオパトラがいたところ。そんな高い美意識を持つドバイの女性たちの美容食として親しまれているのが、デーツとラクダミルクです。

デーツは、コーランに「神の与えた食物」と書かれる果物。ドバイではドライフルーツがおやつとして日常的に食べられていますが、栄養素が豊富で、ダイエット効果や貧血予防、便秘解消など、女性にうれしい効果がいっぱいです。

151104dubai_02.jpg

もうひとつ、近年、注目されているのがラクダミルク。遊牧民たちの生活を支えたラクダミルクには、牛乳に比べてビタミンCが豊富で、低脂肪・高タンパク、さらに鉄分、ミネラルも豊富という優れモノ。栄養価高いの自然食として、世界中のヘルスコンシャスな人々から熱い視線を集めています。

ドバイを訪れたら、ぜひ試して、美しさを手に入れたいですね。

一生に一度は、この目でオーロラを見てみたい!

夜空を覆う、荘厳なカーテン。その奇跡のような光景は、心に深い感動をもたらすだけでなく、一生忘れられない思い出となるはずです。

151104aurora_01.jpg

そんなオーロラ観光の拠点のひとつが、アラスカの中央部に位置する街、フェアバンクス。アラスカ最大の州都、アンカレジからは、オーロラトレインで1時間ほど。日本からの直行便はありませんが、ハイシーズンの冬になると、複数の大手旅行会社からチャーター便を使ったツアーが出ています。これなら、成田からフェアバンクスまで約8時間のフライト。憧れのオーロラ観光が、意外と身近にできるのです。

この地がオーロラ観光におすすめな理由は、北欧やカナダのオーロラ観光拠点よりも緯度が高く、冬の晴れた日であればだいたいオーロラが見ることができるということ。寒さも比較的、緩やかです。

フェアバンクス市内に泊れば、オーロラ鑑賞のためのナイトツアーのほか、犬ぞりレース観戦や北極圏への日帰りツアーなども楽しめるのが魅力。オーロラ+αの充実した旅になりそうです。

大好きなパリでは、住まうように旅を楽しむ

151104citzen_paris02.jpg定番だけど、やっぱり訪れたいのがパリ。マンネリを避けたいなら、暮らすようにパリを楽しんでみるのはいかがでしょう? パリには、キッチンや家具付きで短期で借りられるアパルトマンがいくつもあります。

151104citzen_05.jpg

たとえば、ビオマルシェで新鮮な食材を買って、自分で調理して食事をする。街のあちこちにある小さな美術館にふらりと立ち寄る。地元の人が訪れるカフェで、ゆっくりと時間を過ごす。

ツアーで決められた観光地を忙しく巡るより、自分のペースで暮らしてみれば、パリの新しい魅力が見えてきます。大切なのは、その日の行動を自分で考え、自分の足で歩くこと。そうすることで、街がぐっと身近で、味わいのあるものになります。

計画を立てることから、旅がはじまる

目的地が決まっても、そう簡単には実行できないですよね。でも、旅の楽しさは、プラン作りからはじまります。どんな場所で、どうやって過ごすか、想像をふくらませるだけでも、日ごろのストレスが吹き飛ぶというものです。

そんなときにおすすめのアイテムが、シチズンのxC(クロスシー)から10月に発売された「TITANIA LINE HAPPY FLIGHT」。

151104citzen_happyfright01.jpg

xC(クロスシー) TITANIA LINE HAPPY FLIGHT左:EC1114-51W ¥78,000(税別) 右:EC1112-06A ¥75,000(税別)

日本だけでなく、世界の4エリア(中米欧)で電波を受信し、いつでも正確な時間を刻む電波時計。りゅうずを引いて、秒針を文字板の枠に書かれた都市名に合わせるだけで、いつでも、どこにいても世界24都市の時刻がすぐにわかります

じつは、これまでに挙げた旅の候補地はすべて、この24都市に含まれているもの。休日やオフの時間に、ふと、りゅうずを合わせるだけで旅の気分が味わえるのが魅力。時計を見るたびに「いま、あの都市は何時なんだろう?」なんて想像がかきたてられ、束の間の非日常感が味わうことができます。

151104citzen_happyflight_02.jpgまた、太陽や部屋の光で充電するシチズンだけのエコ・ドライブ、磁気や衝撃による針ズレを防ぐパーフェックス機能、肌に優しく、驚くほどの軽さを実現した傷に強いチタニウムなど。実際に旅に出たときにも心強い機能が満載の時計なのです。

旅先でも美しい所作を大切にできる、洗練されたデザインも愛着を持たせてくれます。具体的な旅の日程を決める前に、まずは旅のパートナーとなるお気に入りの時計を手に入れてみてもいいのではないでしょうか?

撮影/三瓶康友 取材・文/中島理恵

Dubai, Camels, Aurora, Cocoa, Bio market images via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 天然の甘味料もOKとは言えない。糖尿病の人に気をつけてほしい食べ物8種(後編)

    3. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    4. 期待に応えることをやめてみる......自分をワンランクアップさせる思考法

    5. 脂肪を燃焼しても、筋肉には変わらない【痩せるカラダを作る方法】

    6. 怒りを上手にコントロールする6つの方法

    7. 毎日3.7リットル水を飲むガロン・ウォーター・チャレンジについて、栄養士の見解

    8. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    9. リップ要らずの唇になる「金魚の口」 #30日間の顔ヨガ

    10. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    4. 腰に一番よい寝姿勢は? 腰や背中が痛いときオススメの寝方を専門家が指南

    5. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    6. 良質な睡眠、肌ツヤUP、太りにくい体へ。食べ方で血糖をコントロール!

    7. 怒りを上手にコントロールする6つの方法

    8. ライム病と闘う歌姫「体の機能が停止していくのを感じ、溺れたような気分」

    9. 痩せてきたのに、なんかクサイ。「ダイエット臭」って知ってますか?

    10. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. あなたは大丈夫? 糖尿病予備軍の見過ごせないサイン7つ

    3. 「歩くたびに疲れがとれる」と噂のサンダルを履いてみた

    4. 若年性乳がん、どんな人がなりやすい?

    5. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    6. 糖質制限でガマンしない、失敗しない。糖質で太らない5つのヒント

    7. 「この日空いてる?」と予定を聞かれたときのスマートなかわし方

    8. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. 医師が教える副腎疲労。ひどい疲れには3つの“フリー”

    10. キスだけでもうつる「梅毒」がいま増加中! 初期サインを見すごさないで

    日常を忘れ、いつかは訪れたい世界の都市3選

    FBからも最新情報をお届けします。