1. Home
  2. EAT
  3. 旬のりんごは、芯まで捨てずに大活躍【あるベジタリアンの食卓】

旬のりんごは、芯まで捨てずに大活躍【あるベジタリアンの食卓】

松永真美

旬のりんごは、芯まで捨てずに大活躍【あるベジタリアンの食卓】

知人の農家、りんご家SUKEGAWAのりんごが届きました。ああ、あの人が作ったんだなあ、と思いながら食べるのは格別です。そして皮ごと食べられる低農薬栽培なのもうれしいところ。「皮ごとかぶりつくおいしさを味わってもらえたらうれしいな。無農薬ではないので気になる方は粗塩でもみ洗いしてからどうぞ」とSUKEGAWAさん。

今回お願いしたのは、ジョナゴールド秋映の2品種です。りんごは生より加熱したほうが好きなので(体質的にもそのほうが合っているのです)、酸味のあるものを選びました。焼きりんごタルトタタン、りんごケーキ、アップルパイ、さつまいもとりんごの煮たもの、りんごの葛練りなど、この時季のスイーツと言えばりんご、というくらいりんごづくし。余ったらジャムにしよう、と思っていましたがジャムにする分は残らなそうです。

りんごのうれしいところは、芯も活用できるところ。ぬか床に入れれば香りが良くなりますし、野菜出汁をとるときに少し加えればコクが増します。そして煮沸した瓶にひたひたの清潔な水とともに入れておけば、酵母が起こせます

酵母を起こすのは難しそうなイメージがあるかもしれませんが、とっても簡単。1日1回、ふたを開けて瓶を軽くゆするだけ。1週間くらいたつと、ふたを開けるときにシュワッとなり、炭酸ができあがります。りんご酵母のできあがりです。

りんご酵母をボウルに入れ、強力粉地粉を適宜、砂糖少々、お好みで菜種油などの油を加えて泡立て器でぐるぐる混ぜます。手で捏ねてもベタベタしない程度まで粉を足していき、粉っぽさがなくなるまでざっと捏ねます。ラップをぴったりかけて6時間〜ひと晩おき、生地が2倍程度に膨らんでいれば発酵OK。食パン型かパウンド型に入れ(型を使わない場合は少し粉を多めにして生地がつるんとするまでしっかり捏ねます)、濡れ布巾をかけて30分ほど置いたら250度のオーブンへ。サイズによって10〜20分ほど焼けばりんご酵母パンのできあがりです。

もし、りんご酵母ができたあとすぐに使えず炭酸が弱くなってしまった場合は、シードルやお酢にもできるので、いろいろ活用してみてください。

今日食べたもの:りんごのキャラメルソテー

今すぐなにかスイーツがほしい! そんなときにすぐできるりんごのお菓子です。

ナッツを乾煎りし、粗く刻んでおきます。りんごはくし切りにします。フライパンにお好みの油(私は菜種油かギーを使います)を入れ、りんごが色づくまでソテーします。きび砂糖を振り入れて溶かし、なじませます。これを2、3回繰り返してりんごを飴色に。お皿に盛ってナッツを散らしてできあがり。あつあつをどうぞ。アイスクリームと一緒に食べてもおいしいと思います。りんごの実をそのまま乾燥させたりんご茶とともにいただきました。

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    5. 今! 今すぐここに行きたい! 30分で頭と心がすっきりする銀座の瞑想空間

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    10. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    1. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら