1. Home
  2. MIND
  3. 他人目線の見栄っ張り「片づけ」をやめると変わること

他人目線の見栄っ張り「片づけ」をやめると変わること

他人目線の見栄っ張り「片づけ」をやめると変わること

ドラマを見ていると、生活感のないオシャレなおうちが多くていつも憧れます。目の保養にもなるし参考にもなるけれど、同じようにしたくてつい頑張り過ぎてしまったり、お友達に自慢できるようなお部屋にしたいと張り切ったり。そして気が付けば「片付け」がストレスになってしまったという人もいるのではないでしょうか

「見栄っ張り片づけ」はストレスのもと

それもそのはず。現実は仕事に家事に忙しい毎日なのだから、ドラマのように毎日キレイに片づけられた美しいおうちを維持するなんて、非現実的なのかもしれません

精神科医の奥田先生は著書『精神科医が考えた忙しすぎる人のための「開き直り」の片づけ術 』のなかでこのように書いています。

「他者目線の見栄っ張り片づけを目指すことをやめよう」とキッパリと自分に宣言してしまいましょう。

(『精神科医が考えた忙しすぎる人のための「開き直り」の片づけ術 』P51より)

とはいえ心機一転して「うちは散らかってますよ」と開き直るのもむずかしいなと感じた場合には、逆に思い切って「他人は家に招かない」という考え方もあるようです。もちろんお招きいただいたら招き返すのが礼儀かと思います。でもここは思い切って、気持ちを上乗せしたお土産を持参したうえで、うちではなく「お招きいただいたお礼にステキなカフェでお茶をごちそうさせていただく」というのも、ひとつの方法かもしれません

窮屈にならない片付け方法

そもそも片付けの目的は住居を清潔にすることで、ホコリやダニなどの害虫の発生をふせぎ、病気を予防して健康的に暮らすためにあります。それには見た目はともかく、掃除がしやすくなる工夫というのは必要です

そこで奥田先生が提案するのは、「物を直接置かない」こと。著書のなかではこのように書かれています。

床に放りがちな本や雑誌類、おもちゃ類、かばん類などは、すべてそれぞれに対して大きめのカゴや箱を用意して、そこに仕分けして入れるようにします。

(『精神科医が考えた忙しすぎる人のための「開き直り」の片づけ術 』P118より)

確かに床でもテーブルでも、直接物を置くとそれらすべてをひとつづつ持ち上げて掃除しなくてはいけないので大変です。でもカゴごと持ち上げるだけなら簡単。もちろん床だけでなくテーブルの上も同じです。私も子ども用に可動式のカゴをひとつ作ったら、毎日使うおもちゃはそこへ入れてくれるようになり、片付けがうんとラクになりました。毎回棚へ持って行って片づけるのは面倒だけど、可動式のカゴならその場でポイと入れられるので本人も苦ではないようです。

カゴ収納というのは決してスタイリッシュではありません。でも掃除がしやすくなることで、自分や家族の生活を窮屈にせずにすむ。それがなによりのことだと思えました。

『精神科医が考えた忙しすぎる人のための「開き直り」の片づけ術 』

image via Shutterstock

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    他人目線の見栄っ張り「片づけ」をやめると変わること

    FBからも最新情報をお届けします。