1. Home
  2. EAT
  3. お米には7人の神様が。食べるだけで運気が上がる?

お米には7人の神様が。食べるだけで運気が上がる?

お米には7人の神様が。食べるだけで運気が上がる?

新米の季節ですね。毎日、口にするお米ですが、こんなこだわりのブランド米を見つけました。広島で作られているその名も「西神崎 観音米」。子どもの頃によく言われた、「お米一粒には、7人の神様がいるんだから、一粒も粗末にしないようにね」という言葉を思い出すネーミングです。

20151016_rice2.jpg

コシヒカリを越えるブランドを

こちらのお米は、「山田錦」を代表とする日本酒の好適米が生産される広島で、「コシヒカリを越えるブランドを!」という意気込みで作られているそう。広島県世羅町のトウミファクトリーを中心とした有志と、神戸のmeriken gallery & cafe(メリケンギャラリー)とで、生産者と消費者を繋げるプロジェクト「農・響(のうきょう)」を行っています

プロセスを伝えるのも、これからの米づくり

たとえば、都会の子どもたちに米づくりを教える「田んぼの学校」や、有機栽培した田に薫たん炭を入れ、世羅ワイン殻を食べた牛の牛糞をつかった「ワイン米の生産」という循環型農業に挑戦したりと、さまざまな取り組みを行っています。

20151016_rice3.jpg

ただ美味しいお米をつくるだけではなく、お米作りのプロセスや、生態系に優しい仕組みを伝えていく活動は、まさに次世代のお米作り。一粒一粒噛みしめると、お米の甘みとともに、じんわりと運気も上がっていきそうです。お祝いやプレゼントにも喜ばれる、話題性いっぱいのお米です

トウミファクトリー

image via Shutterstock

似鳥よーこりん

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    2. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    3. イライラするのは細菌のせい? 空腹が脳にもたらすこわい影響とは?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. モヤモヤした気持ちとサヨナラするには? 不安との上手な付き合い方

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    8. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン