1. Home
  2. HEALTH
  3. 美しい布をまとってキレイになる「シルクサスペンション」

美しい布をまとってキレイになる「シルクサスペンション」

1,245

美しい布をまとってキレイになる「シルクサスペンション」

空が高くなって、体を動かすことが気持ちよい季節になりましたね。まさにスポーツの秋、これから何かエクササイズをはじめようかしら、と思っている人も多いでしょう。でも、何をやっても楽しく続けられないと挫折してしまいますよね。そんな折、みつけたのがカラフルなハンモックにくるまって行うシルクサスペンション。ニューヨークのピラティススタジオが発祥というエクササイズですが、体験できるスタジオはまだ日本では少ないそう。そこで私はそのうちの一つ、東京・五反田にある「Studio P2 Style」に行ってまいりました。

シルクサスペンションとは?

20151014_ss_1.jpg2015年7月にオープンしたばかりの「Studio P2 Style」は、シルクサスペンションをはじめ、ほかのスポーツクラブなどで体験できないようなプログラムを導入しているという、ユニークなスタジオ。そもそも聞きなれないシルクサスペンションとはどんなエクササイズなのでしょうか? スタジオサイトの説明によると、

「ハンドルが付いた2本のサスペンションとハンモック状のサスペンション、2種類のサスペンションを用いて行うエクササイズです。

それぞれのサスペンションは、簡単に高さが変更できる点も大きな特徴となっており、それによってエクササイズの強度調整が容易であり、またエクササイズのバリエーションがとても豊富になります。ハンモックに揺られながらの心地よい時間を楽しみつつ、アンバランスな状況でご自身の身体をしっかりとコントロールすることで、体力・筋力・バランス力に柔軟性をトータルで鍛えていくことができるエクササイズプログラムです。

低体力者やシニア、またアスリートのパフォーマンス向上など目的や身体レベルに合わせ、ご自身で運動強度を調節しながら参加していただくことができます。」

Studio P2 Style」より引用

なるほど。また代表の佐藤一美さんのお話では、シルクサスペンションは、つらいトレーニングや体を鍛える系のエクササイズではなく、吊るされている布に触れているうちにいつのまにか乗れるようになり、いろいろなポーズができるようになっていくうちに体幹が鍛えられ、シェイプアップにも繋がるという、楽しみながら健康美を目指せるエクササイズなのだそう。

またハンモックに使われる布は、色のキレイなものを選んで揃えているそうで、こんな布にくるまれてみたい! と思う感覚もレッスンには必要なのだとか。なので、使うハンモックの色もそのときの気分で好きな色の布を選ぶことができます。

じわじわ効く感じがたまらない

私も、さっそくグループレッスンにチャレンジしてみました。このときのプログラムは、体幹を鍛えること、関節を緩めることとリラクゼーションが目的とのことで、それらを意識した動きをするのですが、最初の、足だけハンドルにかけてウォーミングアップする段階で、私はすでに腹筋と内腿の筋肉がプルプル。やっとハンモックに乗ったら、腹這いでは足を床から離すことができず、見かけよりは全身の筋肉を使うのだな、と痛感しました。結果、うまくできたのは仰向けのリラックスポーズだけという。それでも、ちゃんと乗れると浮遊感が味わえて、ちょっと嬉しくなりました。

20151014_ss_2.jpgシルクサスペンションに興味を持つ人は、「逆さになってみたい」と言ってくる人が多いのだそうですが、これもコツを掴めばすぐできるようになるそうです。一緒のレッスンに参加していた生徒さんは、シルクサスペンション3回目と言っていましたが、すんなりと逆さスタイルに。逆さになると腰が伸びるので、腰痛を治すのには効果的なのだとか。

ちなみに佐藤さんはTRFのエクササイズDVD「イージー・ドゥ・ダンササイズ」などの運動部分の監修もなさっており、楽しみながらボディメイクをするプロフェッショナル。これから体を動かそうと思っている人も、今やっているエクササイズを続けるか悩んでいる人も、シルクサスペンションのような楽しく続けれられるトレーニングを取り入れて、いくつになってもしなやかなココロと体を持ち続けたいですね。

[Studio P2 Style]

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    4. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    5. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    6. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 冷凍方法から絶品レシピまで。高タンパク・低脂肪の人気食材「鶏むね肉」を美味しく使うコツ4選

    9. 春は「蒸し料理」。疲れとストレスを癒す養生ごはんのススメ

    10. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 少ないマヨネーズでもおいしい!濃厚クリーミーなポテトサラダのレシピ2種

    6. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    7. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    10. HIITはリズミカルに楽しく! 1セット30秒でくびれを作るエクササイズ

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. ワッフルメーカーで焼くと美味しく変身するもの9つ。豆腐やチーズにもトライ!

    7. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら