1. Home
  2. EAT
  3. 朝ごはんは食べたほうがいいの?【あるベジタリアンの食卓】

朝ごはんは食べたほうがいいの?【あるベジタリアンの食卓】

松永真美

朝ごはんは食べたほうがいいの?【あるベジタリアンの食卓】

朝ごはんを食べない、食べられないという話をよく聞きます。また、朝ごはんについては賛否両論あるようです。

朝起きて、顔を洗ったらすぐ朝ごはん、というのは、体がまだ起きていないので、確かにむずかしいと思います。また、体質的に朝ごはんを必要としない場合もあります。そんなふうにお腹が空いてもいないのに、「食べないと力が出ないから」という理由で無理に食べるのは、体の準備が整っていないので、体には負担になりえるので、朝ごはんは体に良くないものになるでしょう。

でも、朝少し早く起きて、顔を洗うかシャワーを浴びて、散歩やヨガをする。そうすると、体が徐々に起きてきますし、お腹もすいてきます。そんな状態で食べる朝ごはんは、体と心に滋養を与えるよきものになると思うのです。朝ごはんそのものが、いいものであるわけでも悪いものであるわけでもなく、食べ方と内容によると思うのです。朝ごはんは食べる/食べない、と決めずにお腹が空いていたら食べる、という自由さが必要だと思います。

どんな過ごし方をするかはそれぞれですが、少し早起きをして、体を動かして、軽めの朝食を食べる。そんなふうに1日をはじめるのは、心地がいいものです。毎日は難しくても週に1回でもいいので、そんな日を作って自分をいたわってあげるのはいかがでしょう。

今日食べたもの:キチュリ

滋養があって消化のいい豆とお米のお粥、キチュリは朝ごはんや夕ごはんの定番です。よく使うのは、消化にいいイエロームング豆。いろいろ豆を常備していたこともありますが、最近はこれにプラスして1、2種類に落ち着いています。

豆は豆の種類にもよりますが数時間〜ひと晩浸水させておきます。鍋に豆とお米を入れ、豆が柔らかくなるまで煮ます。玄米を使う場合には、豆を浸水させるときに一緒に水に浸けておきます。2人分で豆と米1/2カップずつ程度でしょうか。

フライパンに油(ギーだとコクが出ます)とマスタードシードを入れ、蓋をして火にかけてマスタードシードをはじけさせます。パチパチという音がしなくなったら、生姜のみじん切り、唐辛子、クミンシード、カレーリーフを加えます。香りが立ってきたら、ターメリック、ヒン、コリアンダー、シナモン少々、を加えます。香りが出たら、豆と米を茹でた鍋に油ごと加えます。塩、胡椒で味をととのえてできあがりです。

豆と米をベースに、スパイスなどの味付けはお好みで。婦人科系のお悩みがある方は、フェヌグリークを使うのもおすすめです。野菜をお好みで加えてもおいしいです。この日は、かぼちゃマッシュルームをプラスしました。

[【朝活!】陰ヨガ+アーユルヴェーダな朝ごはん]

ゆったりと筋膜&関節にアプローチする陰ヨガのクラスにアーユルヴェーダの考えに基づいてつくった朝ごはんが付くイベントを開催することになりました。朝食をとりながら、食べることについてのあれこれもお話したいと思っています。海の近くの隠れ家で週末の朝を心地よくスタートしてみませんか?

日時:2015年10月24日(土)08:00〜10:00場所:かたせ家( 神奈川県 藤沢市片瀬4-16-13)完全予約制。詳細はこちらをご確認ください。

    Ranking

    1. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    4. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    5. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    6. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    7. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    8. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    9. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    3. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    4. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    5. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    6. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    7. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    8. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    9. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    10. しっかり胸を開いて深呼吸。寝ても疲れが取れないときに試したいストレッチ

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら