1. Home
  2. BODY
  3. 冷えにくいからだをつくる、お風呂上がりの小さな習慣

冷えにくいからだをつくる、お風呂上がりの小さな習慣

冷えにくいからだをつくる、お風呂上がりの小さな習慣

乳がんに関するニュースが話題になったことなどの影響で、冷えないからだづくりの大切さが見直されています。ガンになりにくいからだをつくるには、体温を上げることが大切。低体温は、免疫力の低下のほか、美容や健康にさまざまな影響を与えてしまいますよね。

東洋医学を応用した美容法で定評のある、楊さちこさんの著書『昨日よりも綺麗になる魔法の習慣』(光文社)で、冷えにくいからだをつくることができる、お風呂上がりにかんたんに習慣にできそうなコツ(p.151)を見つけました。

人の体には「冷えやすいからだ」と「冷えにくいからだ」があります。

と、楊さちこさん。冷えにくいからだは、痩せやすいからだでもあるそう。

お風呂にじっくり浸かり、からだをしっかり温めたあと、足首から下に、冷たい水をかけてください。冷えた部分に血液が集まって、血液循環がアップします。

じっくり温まるところまでは、誰でも行うと思いますが、最後の仕上げが意外です。ついでに、お風呂に浸かっている時に、湯船の中でマッサージを行うと、脂肪燃焼に効果ありとのこと(p.117)。秋の夜長のバスタイムに、自分のからだをしっかりと見直してみたいです。[昨日よりも綺麗になる魔法の習慣]

似鳥よーこりん

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    2. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

    5. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    6. トレイルランナー福島 舞さん|My Favorite Sports vol.014

    7. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    8. 生米から30分で、もちもち玄米ごはんを作る方法 【TOKYO VEGAN】

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 過去の自分を慈しんでいますか? | 禅僧のおことば 20

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    8. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    9. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    冷えにくいからだをつくる、お風呂上がりの小さな習慣

    FBからも最新情報をお届けします。