1. Home
  2. MIND
  3. たいせつなひとを失った悲しみを乗り越える「グリーフセラピー」

たいせつなひとを失った悲しみを乗り越える「グリーフセラピー」

似鳥よーこりん

たいせつなひとを失った悲しみを乗り越える「グリーフセラピー」

川島なお美さんや、岸朝子さんの死、北斗晶さんのがん報道など、「生と死」に向き合わざるを得ない衝撃的なニュースによって、身近な人、たいせつな人を失う悲しさや寂しさに意識を向けている方も多いと思います。

パートナーを失うことは大きなストレス

勤労者のストレス評価表」によれば、もっとも大きなストレスの第1位は「パートナーの死」だそうです。たいせつな人を突然失った悲しみは、時間が経ってもなかなか癒えるものではありません。そのために、專門の癒しである「グリーフ(悲嘆)セラピー」が注目を集めています。グリーフセラピーとはどういう癒しなのか。『最新! トランスパーソナル心理技法』、橋爪謙一郎さんの文章にありました。

大切な人を亡くしたあとに、心の中に中に湧き上がってくる思いや感情を表に出すことは、ごく自然な反応である。それは強い心痛を伴うが、グリーフプロセスにおいては必要なことなのである

(『最新! トランスパーソナル心理技法』P243より引用)

無理をせず、前を向くためのケア

大切な人を失った悲しみや喪失感、こころの中に湧き上がってくる想いを涙や言葉として表に出すことは、とても自然で、残された人たちが前を向いていくために必要なことです。けれども、時間のスピードが速い現代において、周りの人を心配させないよう「もう大丈夫」と無理したり、感情を出すことを遠慮してしまう人も多く、立ち直りを遅くしたり、心身症の原因となる恐れもあるのだそうです

それを防ぐためには、

1:死が現実であることを認める。

2:自分の思いや感情を思うままに表現する。

3:亡くなった人の思い出を忘れない。

4:新しい自分を作り上げていく。

5:生きる意味や生きがいを探す。

6:周りの人からの思いやりのある、継続したサポートを受け入れる。

が大切なのだそう。もちろん、無理は禁物で、誰かに頼りたいときは遠慮しなくて大丈夫です。自分の悲しみだけではなく、誰かがこのような悲しみにくれていた時、「何もできない」と思うことはありません。ただ相手にそっと寄り添って、感情を出させてあげることが、いちばんの助けになることを、グリーフセラピーは教えてくれるのです。

CiNii

image via Shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?