1. Home
  2. MIND
  3. アメリカからやってきた「セックス同意書」、必要ですか?

アメリカからやってきた「セックス同意書」、必要ですか?

1,312

キュンメルめぐみ

アメリカからやってきた「セックス同意書」、必要ですか?

長いこと世界中で議論されている、「性の対象」としての女性と、私たちの権利。訴訟社会アメリカで考えだされ、ドイツにもやってきつつある「セックス同意書(英語ではconsensual sexual agreement)」の必要性について現在、至るところで話し合われていることをご存じですか

真剣に「性」について向き合う

ジュートの生地でできた「セックス契約キット」と呼ばれる袋が、アメリカのキャンパス内に配布され、ドイツでも話題となっています。これを通常手にいれるとなると2ドルほどで購入できることから、できるだけこのようなものが広がり、女性が自分の身を守ることにつながることを期待されています。袋の中には同意書とペン、ブレスケア・ミントとコンドームが入っており、同意書の説明書に従い、記入を進めていきます。まず同意書を手にした二人のツーショット写真をパチリ。そして同意書に2人のサインをするというプロセスを行います。

この「セックス同意書」運動の中心人物、アリソン・ベルケ氏は言います。

「コンドームをキットに入れることで、女性は自分の身を守ることを考えるでしょう。そして契約書を目の前にすれば、誰かとベッドインすることをしばし考え直すかもしれないと思ったのです。」

[「Sexual consent contracts' are now a thing. Would you sign? 」より引用]

問題が深刻化するアメリカ

この同意書の背景には、深刻化するアメリカのレイプ事情がありますアメリカ大学協会は、女子学生の4人に1人が卒業までにレイプされた経験を持つという驚くべき調査結果(ハーバード含む27の有名大学、対象者15万人)を報告。オバマ政権もこの問題について、キャンパスに警官を増やすなどの措置をとっています。

新しい出会いの席やパーティーなどで、雰囲気やお酒の勢いに酔った「それ目的」の女性ももちろん、中にはいます。しかし中には飲み物の中にドラッグを入れて女性を犯す卑劣な輩もいることから、一概に軽はずみな行動をとる女性本人が悪いのだと言い切れないところが問題です。そして男性側もあらぬ疑いをかけられないために、契約書をきちんとかわすことの大切さが広く見直されてきています

このセックス同意書は両者の権利を守るもの。決して大げさなものではありません。日本でもいつか、採用されることがあるのでしょうか?

The Telegraph

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. パソコンの位置を変えれば、とたんに調子のいい体に!

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    5. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    6. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    7. 疲労回復のプロが教える、朝起きたときに疲れていない体を手に入れる方法

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    10. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること