1. Home
  2. MIND
  3. アメリカからやってきた「セックス同意書」、必要ですか?

アメリカからやってきた「セックス同意書」、必要ですか?

1,361

キュンメルめぐみ

アメリカからやってきた「セックス同意書」、必要ですか?

長いこと世界中で議論されている、「性の対象」としての女性と、私たちの権利。訴訟社会アメリカで考えだされ、ドイツにもやってきつつある「セックス同意書(英語ではconsensual sexual agreement)」の必要性について現在、至るところで話し合われていることをご存じですか

真剣に「性」について向き合う

ジュートの生地でできた「セックス契約キット」と呼ばれる袋が、アメリカのキャンパス内に配布され、ドイツでも話題となっています。これを通常手にいれるとなると2ドルほどで購入できることから、できるだけこのようなものが広がり、女性が自分の身を守ることにつながることを期待されています。袋の中には同意書とペン、ブレスケア・ミントとコンドームが入っており、同意書の説明書に従い、記入を進めていきます。まず同意書を手にした二人のツーショット写真をパチリ。そして同意書に2人のサインをするというプロセスを行います。

この「セックス同意書」運動の中心人物、アリソン・ベルケ氏は言います。

「コンドームをキットに入れることで、女性は自分の身を守ることを考えるでしょう。そして契約書を目の前にすれば、誰かとベッドインすることをしばし考え直すかもしれないと思ったのです。」

[「Sexual consent contracts' are now a thing. Would you sign? 」より引用]

問題が深刻化するアメリカ

この同意書の背景には、深刻化するアメリカのレイプ事情がありますアメリカ大学協会は、女子学生の4人に1人が卒業までにレイプされた経験を持つという驚くべき調査結果(ハーバード含む27の有名大学、対象者15万人)を報告。オバマ政権もこの問題について、キャンパスに警官を増やすなどの措置をとっています。

新しい出会いの席やパーティーなどで、雰囲気やお酒の勢いに酔った「それ目的」の女性ももちろん、中にはいます。しかし中には飲み物の中にドラッグを入れて女性を犯す卑劣な輩もいることから、一概に軽はずみな行動をとる女性本人が悪いのだと言い切れないところが問題です。そして男性側もあらぬ疑いをかけられないために、契約書をきちんとかわすことの大切さが広く見直されてきています

このセックス同意書は両者の権利を守るもの。決して大げさなものではありません。日本でもいつか、採用されることがあるのでしょうか?

The Telegraph

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    3. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    6. 簡単ドーシャチェックで、あなたのアーユルヴェーダ体質を診断!

    7. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    8. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    9. 毎日たった2分。美顔器で顔のコリをほぐして、たるみをアップ!

    10. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. 深い眠りが脳の大掃除をしてくれる!?

    4. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    5. インフルエンザ対策、ここがポイント。ピークが来る前にどう防ぐ?

    6. 低カロリーなのに、お昼までお腹が空かない! ヘルシー朝食9選

    7. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    8. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    9. 「確実に効果が出る」筋トレとは? 初心者でも大丈夫

    10. 管理栄養士が教える、風邪予防におすすめな食材ベスト3

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. 甘いもの、こってりしたものが欲しいとき。代わりに食べるといい食品5