1. Home
  2. STYLE
  3. おしゃれさんは実践、シンプルワードローブ術

おしゃれさんは実践、シンプルワードローブ術

1,415

MYLOHAS編集部

おしゃれさんは実践、シンプルワードローブ術

image via shutterstock

そろそろ衣替えをしなくては、とクローゼットをひっくり返してみました。しかし、出てくるのは「えっ?」「何これ?」「これだけ?」と残念な印象を持つ服ばかり。去年の今頃はいったい何を着ていたんだろう? と思い返しても思い出せない。季節が変わるたびに、同じ思いをしている気がします。これは何とかしなくては......。

そこで、よく本屋さんで見かけていたベテランスタイリスト地曳いく子さんによるワードローブの断捨離本(という認識です)「服を買うなら、捨てなさい」宝島社を手に取ってみました。さすが、目からウロコなアイデアがあふれていました。

毎日違う格好をしなくてもよい

雑誌のコーディネートをはじめ、インスタやブログなどで見るモデルやセレブの着こなしに、何でも似合っていつもステキでいいなぁと思うことがあります。それにひきかえ私のワードローブときたら残念すぎると思っていたのですが、地曳さんいわく「雑誌のモデルは、おとぎ話の登場人物」とのこと。彼女たちが服をたくさん持っているのは、おしゃれを職業にしている「プロ」だから、それが当たり前なのだと説きます。

たしかに、いわゆる30日コーディネートに出てくるようなパーティーや合コン、なんて毎月あるわけではないし、毎日誰かに服を見られて評価されるような立場でもありません。そうであれば、服のバリエーションを豊富にする必要は本当はないのだそう。

おしゃれな人ほど服が少ない

コーディネートの幅を広げたいと、なんとなく買い物をして、しっくりこないけど着ているような服がおしゃれ度を下げる一番の犯人だと地曳さんは言います。うーん、耳が痛い。

たとえば、いつもおしゃれな人がたまたま「ダサい服」を着ていると「ダサい」イメージの方が強烈に残る。そんな風に思われないためにもイマイチと思っている服は手元に置いておくのもいけないし、買わないように気をつけなければいけないようです。

だから、おしゃれな人はステキなものだけを着ているから、少ない服でもいつもおしゃれに見えるんですね、納得。

理想的なワードローブとは?

では、実際ワンシーズンに着る洋服はどのくらい持っていればいいのでしょうか。

・普段履きの靴 2~3足
・トップス 10~15枚
(ニットやブラウスなど。Tシャツ類も含む)
・ボトムス 3~4枚
(スカート、パンツ。あるいはどちらかだけでもOK)
・ジャケット・カーディガンなどの羽織りもの 2枚
冬ならここにアウターが1~2枚入ります。

「服を買うなら、捨てなさい」P74、75より引用

これを読み「うわっ! 少ない」と感じた私は、やっぱり残念な服がたくさんあるようです。微妙に首の開きの違う黒のトップスいくつか、外には着ていかない部屋着(何着も)、セールで買って似合わないけどいつか着るぞと思っているものなど、本当は全部着られない服なんだなと気づかされました。

無理に数を増やす必要なんてない、心から好きと思える服だけでワードローブを完成させればいい! その言葉を忘れずに、まずはクローゼットの整理を、そして本当にステキと思える服を探しにいきたいと思います。

[服を買うなら、捨てなさい]

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?