1. Home
  2. STYLE
  3. おしゃれさんは実践、シンプルワードローブ術

おしゃれさんは実践、シンプルワードローブ術

おしゃれさんは実践、シンプルワードローブ術

image via shutterstock

そろそろ衣替えをしなくては、とクローゼットをひっくり返してみました。しかし、出てくるのは「えっ?」「何これ?」「これだけ?」と残念な印象を持つ服ばかり。去年の今頃はいったい何を着ていたんだろう? と思い返しても思い出せない。季節が変わるたびに、同じ思いをしている気がします。これは何とかしなくては......。

そこで、よく本屋さんで見かけていたベテランスタイリスト地曳いく子さんによるワードローブの断捨離本(という認識です)「服を買うなら、捨てなさい」宝島社を手に取ってみました。さすが、目からウロコなアイデアがあふれていました。

毎日違う格好をしなくてもよい

雑誌のコーディネートをはじめ、インスタやブログなどで見るモデルやセレブの着こなしに、何でも似合っていつもステキでいいなぁと思うことがあります。それにひきかえ私のワードローブときたら残念すぎると思っていたのですが、地曳さんいわく「雑誌のモデルは、おとぎ話の登場人物」とのこと。彼女たちが服をたくさん持っているのは、おしゃれを職業にしている「プロ」だから、それが当たり前なのだと説きます。

たしかに、いわゆる30日コーディネートに出てくるようなパーティーや合コン、なんて毎月あるわけではないし、毎日誰かに服を見られて評価されるような立場でもありません。そうであれば、服のバリエーションを豊富にする必要は本当はないのだそう。

おしゃれな人ほど服が少ない

コーディネートの幅を広げたいと、なんとなく買い物をして、しっくりこないけど着ているような服がおしゃれ度を下げる一番の犯人だと地曳さんは言います。うーん、耳が痛い。

たとえば、いつもおしゃれな人がたまたま「ダサい服」を着ていると「ダサい」イメージの方が強烈に残る。そんな風に思われないためにもイマイチと思っている服は手元に置いておくのもいけないし、買わないように気をつけなければいけないようです。

だから、おしゃれな人はステキなものだけを着ているから、少ない服でもいつもおしゃれに見えるんですね、納得。

理想的なワードローブとは?

では、実際ワンシーズンに着る洋服はどのくらい持っていればいいのでしょうか。

・普段履きの靴 2~3足
・トップス 10~15枚
(ニットやブラウスなど。Tシャツ類も含む)
・ボトムス 3~4枚
(スカート、パンツ。あるいはどちらかだけでもOK)
・ジャケット・カーディガンなどの羽織りもの 2枚
冬ならここにアウターが1~2枚入ります。

「服を買うなら、捨てなさい」P74、75より引用

これを読み「うわっ! 少ない」と感じた私は、やっぱり残念な服がたくさんあるようです。微妙に首の開きの違う黒のトップスいくつか、外には着ていかない部屋着(何着も)、セールで買って似合わないけどいつか着るぞと思っているものなど、本当は全部着られない服なんだなと気づかされました。

無理に数を増やす必要なんてない、心から好きと思える服だけでワードローブを完成させればいい! その言葉を忘れずに、まずはクローゼットの整理を、そして本当にステキと思える服を探しにいきたいと思います。

[服を買うなら、捨てなさい]

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    おしゃれさんは実践、シンプルワードローブ術

    FBからも最新情報をお届けします。