1. Home
  2. STYLE
  3. おしゃれさんは実践、シンプルワードローブ術

おしゃれさんは実践、シンプルワードローブ術

1,510

MYLOHAS編集部

おしゃれさんは実践、シンプルワードローブ術

image via shutterstock

そろそろ衣替えをしなくては、とクローゼットをひっくり返してみました。しかし、出てくるのは「えっ?」「何これ?」「これだけ?」と残念な印象を持つ服ばかり。去年の今頃はいったい何を着ていたんだろう? と思い返しても思い出せない。季節が変わるたびに、同じ思いをしている気がします。これは何とかしなくては......。

そこで、よく本屋さんで見かけていたベテランスタイリスト地曳いく子さんによるワードローブの断捨離本(という認識です)「服を買うなら、捨てなさい」宝島社を手に取ってみました。さすが、目からウロコなアイデアがあふれていました。

毎日違う格好をしなくてもよい

雑誌のコーディネートをはじめ、インスタやブログなどで見るモデルやセレブの着こなしに、何でも似合っていつもステキでいいなぁと思うことがあります。それにひきかえ私のワードローブときたら残念すぎると思っていたのですが、地曳さんいわく「雑誌のモデルは、おとぎ話の登場人物」とのこと。彼女たちが服をたくさん持っているのは、おしゃれを職業にしている「プロ」だから、それが当たり前なのだと説きます。

たしかに、いわゆる30日コーディネートに出てくるようなパーティーや合コン、なんて毎月あるわけではないし、毎日誰かに服を見られて評価されるような立場でもありません。そうであれば、服のバリエーションを豊富にする必要は本当はないのだそう。

おしゃれな人ほど服が少ない

コーディネートの幅を広げたいと、なんとなく買い物をして、しっくりこないけど着ているような服がおしゃれ度を下げる一番の犯人だと地曳さんは言います。うーん、耳が痛い。

たとえば、いつもおしゃれな人がたまたま「ダサい服」を着ていると「ダサい」イメージの方が強烈に残る。そんな風に思われないためにもイマイチと思っている服は手元に置いておくのもいけないし、買わないように気をつけなければいけないようです。

だから、おしゃれな人はステキなものだけを着ているから、少ない服でもいつもおしゃれに見えるんですね、納得。

理想的なワードローブとは?

では、実際ワンシーズンに着る洋服はどのくらい持っていればいいのでしょうか。

・普段履きの靴 2~3足
・トップス 10~15枚
(ニットやブラウスなど。Tシャツ類も含む)
・ボトムス 3~4枚
(スカート、パンツ。あるいはどちらかだけでもOK)
・ジャケット・カーディガンなどの羽織りもの 2枚
冬ならここにアウターが1~2枚入ります。

「服を買うなら、捨てなさい」P74、75より引用

これを読み「うわっ! 少ない」と感じた私は、やっぱり残念な服がたくさんあるようです。微妙に首の開きの違う黒のトップスいくつか、外には着ていかない部屋着(何着も)、セールで買って似合わないけどいつか着るぞと思っているものなど、本当は全部着られない服なんだなと気づかされました。

無理に数を増やす必要なんてない、心から好きと思える服だけでワードローブを完成させればいい! その言葉を忘れずに、まずはクローゼットの整理を、そして本当にステキと思える服を探しにいきたいと思います。

[服を買うなら、捨てなさい]

    specialbanner

    Ranking

    1. 変化の激しい時代を生き抜くために。伝説の経営者が実践していることとは?

    2. 簡単すぎる! 高タンパクで栄養満点「フムス」のアレンジレシピ

    3. きゅっと引き締まったヒップを手に入れる! じわり美尻トレーニング

    4. ぽっこりおなか、更年期太りかも。食べても太らない体になる方法

    5. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    6. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    9. O脚、ガニ股にサヨナラ。2ステップの簡単ストレッチ

    10. 「脚上げ腹筋」で引き締まったお腹とスリムな美脚に鍛える

    1. きゅっと引き締まったヒップを手に入れる! じわり美尻トレーニング

    2. ぽっこりおなか、更年期太りかも。食べても太らない体になる方法

    3. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    4. 【クイズ】体臭と口臭を「消臭」する食べ物はどれ?

    5. 「脚上げ腹筋」で引き締まったお腹とスリムな美脚に鍛える

    6. ダイエットを成功へと導く「体重測定」のコツ。体重をはかるとなぜ痩せる?

    7. 臀部と内転筋を重点的に鍛える!下半身の自重トレーニング

    8. 設置面はおしりだけ。体幹と腹筋を鍛え上げるトレーニング

    9. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    10. 自律神経と腸をスッキリ整える、1日1分の「簡単呼吸法」。吸って吐くだけ。

    1. 潰すとクサい! 咳やくしゃみで飛び出る「白い塊」の正体は?

    2. 糖質コントロールしやすい「大豆バー」こそ、おすすめのヘルシーおやつだった

    3. 「部屋着で寝ちゃう」人が今日からパジャマを着たくなる、これだけの理由

    4. 勝手にやせていく体作り。つらさゼロで激やせできた理由

    5. ちゃんと洗ったのになんかクサい。服のニオイがとれない理由って?

    6. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    7. 「脚上げ腹筋」で引き締まったお腹とスリムな美脚に鍛える

    8. 夏用マスク6選。さらさらひんやり心地いい。抗菌効果も

    9. スウェットで寝ていい? 専門家が教える「パジャマ選び」の5つのコツ

    10. 材料は3つ&ホイルに包むだけ。満足感120%「バター焼き玉ねぎ」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら