1. Home
  2. EAT
  3. 最高の油「ギー」の話【あるベジタリアンの食卓】

最高の油「ギー」の話【あるベジタリアンの食卓】

1,381

最高の油「ギー」の話【あるベジタリアンの食卓】

ダイエットのために、と油を制限する方も多いようですが、適度な油は心身に必要なものです。もしも乾燥肌だったり便秘がちだったりする場合には、油が不足しているかもしれません。油は体の組織をつくるもの。上質なものを選んでほしいなと思います。アーユルヴェーダにおいて最高の油とされているのは、ギー(精製バター)です。古典医学書『チャラカ・サンヒター』にはギーについてこのように書かれています。

「記憶力、知力、消化力、精力、オージャス(活力素)、カパ、脂肪を増大させ、ヴァータ、ピッタ、毒物、錯乱、疲労、不幸、発熱を除去し、すべての油脂類の中で最も優れている。ギーは用い方によっては無数の効果をあげることができる。」

「ヴァータ体質の人、ピッタ体質の人、ヴァータ性とピッタ性の病気の人、視力を強くしたいと望んでいる人、怪我をした人、やせた人、老人、子供、体力のない人、寿命を延ばしたいと望んでいる人、太りたい人、子供を欲している人、若々しさを求めている人、消化力・活力・記憶力・知恵・燃焼力・理性・感覚機能の力を高めようとしている人、灼熱感・外傷・やけどによって苦しんでいる人によい。」

古典医学書『チャラカ・サンヒター』より

どんな体質の人でもOKで、心身をうるおすようなすばらしい効果のある油なのです。食用以外にも、外用薬として使うこともあります。たとえば、目が疲れた時や充血したときは、まぶたにギーを塗っておくと緩和されますし、やけどに塗っておくと治りが早くなります。

使い方は普通の油と同じで、炒め物に使ったり、バターの代わりにトーストやパンケーキに塗ったり。また、少し心がざわつくようなときは、温かい牛乳に溶かして飲むのもおすすめです。

効果効能もさることながら、とってもおいしいギー。私はバターを使ったものを食べると胃がもたれてしまうのですが、ギーだとなぜか大丈夫です。とはいえ、摂り過ぎは禁物。体と相談して適量を摂ってくださいね。

今日つくったもの:ギー

ギーはインド食材店でも購入できますが、自分で作ることができます。

材料は無塩バター(有塩バターは不可)のみ。少なすぎると焦げやすいので300g以上あるといいかもしれません。厚手の鍋(土鍋など)にバターを入れ、弱火で溶かします。完全に溶けたら、中火にします。沸騰すると、細かい泡がでてくるので、また弱火にします。このまましばらく経つと、大きな泡がでてくるようになり、だんだんと小さな泡が混ざり、沸騰する音が変化します。

溶けたバターが黄金色になり、乳臭さがなくなった頃ができあがり(香ばしい匂いがしてきたら、残念ながら加熱し過ぎでギーとしては失敗......。ゆったりとした気持ちで鍋を見守っていましょう)。火を止めて、油こし紙やコーヒーフィルターで漉して清潔な容器に入れます。最初は写真のような液体ですが、さめるとバターのように固まります。冷蔵庫で保存しましょう。上質なギーは永遠にもつと言われていますが、半年くらいを目安にするのがいいかもしれません。とはいえ、おいしいのですぐに使い切ってしまうと思います!

松永真美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 強い筋肉を手に入れたい! 高タンパクでおいしいスムージー7種

    7. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    8. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン