1. Home
  2. HEALTH
  3. 忙しい時こそ取り入れたい「フェミニンゾーン」 のお手入れ

忙しい時こそ取り入れたい「フェミニンゾーン」 のお手入れ

忙しい時こそ取り入れたい「フェミニンゾーン」 のお手入れ

これまでの仕事が認められて、あるとき大きなプロジェクトを任されるなど、30代はキャリアでも転機となってくる年頃。その一方で、恋人や家族との時間は大事にしたいと思うのは当然......。「体がいくつあっても足りない!」なんて、気持ちに余裕がなくなることも。

そんな充実している毎日だからこそ、忙しくてもネガティブな感情は極力排除して心も体もクリーンに保ちたいものです。

注目したいのが「フェミニンゾーン」のお手入れ

0914lactacyd_00.jpgとはいえ、気持ちよく過ごすためにはどのようなことをすれば良いでしょうか? 日常にヨガを取り入れたり、食生活を見直したり......。すでにいろいろな方法を試している人も多いと思いますが、毎日の習慣にプラスしてほしいのが「フェミニンゾーン(外陰部周辺)」のお手入れです。日本ではまだなじみがない考え方ですが、海外ではすでに一般的となっているようです。「フェミニンゾーン」は、顔や他の肌に比べてもデリケートな部分なので、気づかないうちに悩みを抱えている女性も少なくないのだとか。

実際、国内の日本人女性2,000人を対象に行われたインターネット調査(※)によると、回答いただいた方の約90%が何らかの「フェミニンゾーンの悩みを感じたことがある」と回答し、ニオイ、ムレ、かゆみなどが具体的な悩みとして挙げられていました。それにも関わらず、特別なケアなどをしている女性はわずか約3%なのだそう。これらの結果からも、「フェミニンゾーン」の適切なお手入れの仕方が日本人女性にあまり浸透していないことがわかります。

気になる不快感の原因は?

そもそも、どういったことが「フェミニンゾーンの悩み」の原因になるのでしょう? 下着の選び方、季節ごとのムレや乾燥によるかゆみ、月経によるベタつきなど様々な要因が挙げられますが、注目したいのはpH値です。「フェミニンゾーン」は体や顔の肌とpH値が異なり、ムレや熱のこもり、摩擦などの日常的な要因でもpH値が中性に傾きがちです。「フェミニンゾーン」の平均pH値はpH5.9前後ですが、中性に傾くと、においやかゆみが発生しやすくなる一因となってしまうのです。

「フェミニンゾーン」の適切な洗い方

生活習慣に関してのpH値の乱れについては、日頃からの適切なお手入れが大切です。そこで気にしたいのが「フェミニンゾーン」の適切な洗い方。

  • ・洗う温度はぬるま湯で
  • ・手のひらや指の腹を使ってやさしく洗う
  • ・「フェミニンゾーン」に適した弱酸性の洗浄剤を使う

その不快感に悩む前に

0914lactacyd_01.jpg

そのような中、フェミニンゾーンのお手入れにおすすめしたいのが、世界35の国や地域で販売され、多くの女性たちに愛されている「ラクタシード®」。天然由来保湿成分である乳清(ホエイ)と乳酸を配合した弱酸性の洗浄剤です。いつものバスタイムに1ステップ加えるだけなので、今夜からでもすぐに取り入れることができるのがうれしい。

ラクタシード® オールデイ ケア」は華やかな甘い香りで、「ラクタシード® オールデイ フレッシュ」はハーブエキス(香料)を配合した爽やかな香り。

お手入れをプラスして、健やかな毎日を

0914lactacyd_02.jpg

外出先でも気になるという人には、手軽に使えるシートタイプの「ラクタシード® フェミニンシート」もあります。好みやシーンに合わせて使い分けるのが良さそうです。

忙しくしていると忘れてしまいがちな体のお手入れ。バスタイムの手軽なお手入れを取り入れて、健康的な日々を過ごしたいものです。

※ 2013年8月 日本国内におけるインターネットでの調査。対象者は15才~64才の日本人女性2,000人。(データ出典元:サノフィ株式会社)

ラクタシードブランドサイトラクタシードオンラインショップ

問い合わせ:サノフィ株式会社 カスタマー・サポートセンター

フリーダイヤル 0120-521-490

月〜金 9:00~17:00(祝日・会社休日を除く)

www.lactacyd.jp/

SAJP.LAC.15.09.2592

撮影/田所瑞穂 文/マイロハス編集部

top image ,working woman via shutterstock

    Ranking

    1. 【心理テスト】あなたを「カイロ」で表すと? タイプ別の性格診断

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    4. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 気持ちよ〜く伸びてぽかぽか。冷え性にも効く「椅子ヨガ」3選

    8. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    2. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    3. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    4. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    5. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    6. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    7. 【心理テスト】あなたを「カイロ」で表すと? タイプ別の性格診断

    8. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    9. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    3. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    4. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    5. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    6. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    7. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 【クイズ】焼き芋とポップコーン、便秘解消にいいおやつはどっち?