1. Home
  2. BODY
  3. 30代からのキレイをつくるホルモンケア

30代からのキレイをつくるホルモンケア

30代からのキレイをつくるホルモンケア

本格的な乾燥シーズンに入るこれからの季節。肌のお手入れにもいっそう磨きをかけたいところです。しかし、30代は外側だけでなくインナーからのケアがとても重要。なかでも女性がとくに意識したいのは「ホルモン」です。

肌のハリを蘇らせる「成長ホルモン」

月経後になぜか肌がツルツルしている......という経験をした人もいると思うのですが、じつはこれもホルモンが関係しているそう。なかでも「女性ホルモン」「成長ホルモン」が、女性の若さや美しさ、ツヤ感を形成していると言えるのですが、残念なことに、女性ホルモンは20代後半から減少していく一方なんだとか。

加齢とともに女性ホルモンの分泌量は減っていきます。女性ホルモン分泌量のピークは、実は20代後半。38歳くらいでグッと卵巣の老化が進みます。もちろん、生活習慣や食習慣で、その低下の速度を緩やかにすることは可能です。

女性ホルモンがつくる、キレイの秘密』(永岡書店)P.29より引用

しかし、「若返りホルモン」という別名も持つ「成長ホルモン」は、分泌量がピークの成長期よりは少ないものの、成人してからも一定量が分泌されるとのこと。また、意図的に効率よく分泌させられるようにできる特徴があるなど、期待がもてるホルモンです。

成長ホルモンには、皮下組織の水分含有量を高めて肌の弾力を維持したり、内臓脂肪を分解して脂肪をつきにくくしたりする作用があることがわかりました。この発見依頼、アメリカでは成人に成長ホルモンを投与し肌の弾力を蘇らせてシワを伸ばすなど若さを取り戻すための試みが盛んに行われるようになりました。

お医者さんが教える「3日でヌード肌」』(大和書房)P.200〜201より引用

とても魅力的な成長ホルモンですが、クリニックで投与してもらうのはお金がかかるし、ちょっと怖いという人もいると思います。そこでオススメなのが、生活のなかで効率よく成長ホルモンの分泌を促す方法です。

成長ホルモンの分泌を促す方法

150929bed.jpg

私自身、運動した翌日は肌にツヤがあると思っていたのですが、成長ホルモンは運動のあとに分泌されるという特徴があるそうです。また、睡眠中にも分泌されるので、質のいい睡眠を心掛けることで成長ホルモンを促せるそうです。

ほかにも『女性ホルモンがつくるキレイの秘密』(長岡書店)では、1日たったひとつやるだけでホルモンバランスを整えられる、という1か月分のTO DOリストが掲載されています。私もこのプログラムに取り組んでいるのですが、成長ホルモンだけでなく、女性ホルモンの分泌も促せるようで、肌状態をコントロールできるようになってきました。

ホルモンは女性の美と健康の味方。外側からのケアと合わせて、これらのインナービューティにも積極的に取り組みたいと思います。

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 「よつんばいで30秒」が地味にきく! スッキリお腹をつくる簡単トレ

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    7. 体温調節のプロが教える「寒い冬を快適に乗り越える方法」

    8. ぺたんこお腹をつくるペンギンエクササイズ。つらいけど達成感は抜群!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. やる気が継続する「エクササイズ・スナック」とは?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?