1. Home
  2. EAT
  3. その肌荒れは体に合わない食べ物が原因?

その肌荒れは体に合わない食べ物が原因?

白石 里美

その肌荒れは体に合わない食べ物が原因?

暴飲暴食が続くと肌の調子がイマイチ......。誰もが経験したことのある肌の不調には、メカニズムがあるようです。アメリカのホリスティックドクターSusan Blum(スーザン・ブラム)医師は以下のように述べています。

「食べ物・腸・肌が関連していることを理解しなくてはいけません。これは腸から炎症の多くが発生するためです。」

『Well and good 』より引用翻訳

からだの炎症はここ数年日本でも良く聞かれる言葉ですが、アメリカでも健康なからだを保つためには炎症を抑えることがカギだと言われています。炎症とは体の内外で熱、痛み、腫れなどが現れる状態です。

「体内の免疫システムが、アレルギーのある食べもの、環境汚染、傷ついた組織などで刺激を受けた時にこれらの炎症の症状が現れます」とBlum医師は言います

『Well and Good』より翻訳引用

アレルギーの原因になる食べ物を控えることは、炎症を抑え、ひいては様々な体の不調や肌あれの解消になるようです。このコンセプトはアメリカでも注目されており、「エリミネーションダイエット」と呼ばれる、不調の原因となる食べ物をみつけて、それをカットするダイエット法もセレブを中心に支持にされています。からだが反応する食べ物は個々によって異なりますが、一般的には揚げ物、質の悪い動物性タンパク質、スパイシーフード、砂糖、乳製品などが考えられます。自分のからだがどの食べ物に反応しているかは、数週間特定の食べ物をカットして、その後一つずつ加えて反応を観察するのが一番のようです

私も加工品や砂糖が多い食事が続くと、肌にすぐ現れます。そんな時は野菜、果物、発酵食品を中心とした食事にすることで良くなることが多いと感じています。美肌のためには、自分に合った食事で体内の炎症を抑えて腸内環境を整えるのが一番の近道のようです

Well and good

image via Shutterstock

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    4. 髪のパサつき、白髪、抜け毛に。10分で作れる栄養満点パスタ

    5. 【クイズ】水餃子と焼き餃子。老けたくないならどっちを選ぶ?

    6. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    7. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    8. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    9. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    10. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    1. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    2. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    3. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    4. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. 座りっぱなしの人はやるべき。お尻をやわらかくするポーズ

    7. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    8. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    9. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    10. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    9. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!