1. Home
  2. EAT
  3. その肌荒れは体に合わない食べ物が原因?

その肌荒れは体に合わない食べ物が原因?

白石 里美

その肌荒れは体に合わない食べ物が原因?

暴飲暴食が続くと肌の調子がイマイチ......。誰もが経験したことのある肌の不調には、メカニズムがあるようです。アメリカのホリスティックドクターSusan Blum(スーザン・ブラム)医師は以下のように述べています。

「食べ物・腸・肌が関連していることを理解しなくてはいけません。これは腸から炎症の多くが発生するためです。」

『Well and good 』より引用翻訳

からだの炎症はここ数年日本でも良く聞かれる言葉ですが、アメリカでも健康なからだを保つためには炎症を抑えることがカギだと言われています。炎症とは体の内外で熱、痛み、腫れなどが現れる状態です。

「体内の免疫システムが、アレルギーのある食べもの、環境汚染、傷ついた組織などで刺激を受けた時にこれらの炎症の症状が現れます」とBlum医師は言います

『Well and Good』より翻訳引用

アレルギーの原因になる食べ物を控えることは、炎症を抑え、ひいては様々な体の不調や肌あれの解消になるようです。このコンセプトはアメリカでも注目されており、「エリミネーションダイエット」と呼ばれる、不調の原因となる食べ物をみつけて、それをカットするダイエット法もセレブを中心に支持にされています。からだが反応する食べ物は個々によって異なりますが、一般的には揚げ物、質の悪い動物性タンパク質、スパイシーフード、砂糖、乳製品などが考えられます。自分のからだがどの食べ物に反応しているかは、数週間特定の食べ物をカットして、その後一つずつ加えて反応を観察するのが一番のようです

私も加工品や砂糖が多い食事が続くと、肌にすぐ現れます。そんな時は野菜、果物、発酵食品を中心とした食事にすることで良くなることが多いと感じています。美肌のためには、自分に合った食事で体内の炎症を抑えて腸内環境を整えるのが一番の近道のようです

Well and good

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?