1. Home
  2. STYLE
  3. もし、自由なお金が5万円あったらどう使う?

もし、自由なお金が5万円あったらどう使う?

もし、自由なお金が5万円あったらどう使う?

「お気に入りのものに囲まれて自分らしい暮らしをしたいなぁ」

でもこれ、実現するにはかなりの努力が必要です。一生懸命に働くというのはもちろん、毎日お弁当をつくったり、外食を減らしたり、節電&節水などできるかぎり気をつけて、好きなものを買えるようにやりくりしているという声もよく聞きます。

何に使ってもいい自由なお金があったら

あれこれ日々の努力はいったん忘れて、もし、何も気にせず使える「5万円」が手に入ったらどうしますか? 編集部員に聞いてみると、こんな答えが返ってきました。

リッチなグランピングを楽しむ

気持ちいい季節だからこそ、贅沢BBQとキャンプを楽しみたい。

お気に入りのアートを手に入れる

応援したい若手作家の絵画を買う。自分にはまだ早いと思っていたけど、やっぱり気分のよくなるものを部屋に飾ってテンションを上げたい。

ふらっと旅に出る

タイのチェンマイのお祭りに行きたい。格安航空券と安い宿を探せば行けそう!

素材にこだわった防寒具を手に入れる

本当に気持ちよくて暖かいと聞く、カシミヤかベビーアルパカのものが欲しい。

ゴールドかプラチナのピアスを買う

片耳2万5千円......落とすのが怖いけど、もう大人なので上質な素材のものが欲しい。

普段泊まることのない老舗ホテル(都内)に1泊

帝国ホテル、ホテルニューオータニ、パレスホテル東京もいいなぁ。あえて都内に泊まる! なんて普段できない贅沢体験をしたい。

5万円という金額は、パーッと使うには多い? 少ない? 感覚はさまざまながら、それぞれ、いつかは欲しいと思っていたもの、行ってみたいところに使いたいと答えてくれました。皆、現実的なご褒美といったところでしょうか。でも、思いがけず5万円がもらえたら、うれしいですよね。

本当に5万円が手に入るとしたら......

じつは、5万円(以上)お得になる、あるキャンペーンをみつけました。それはソフトバンクのスマート値引き 増額キャンペーン。割引額が最大2年間毎月増額になるというもの。

たとえば、24時間誰とでも通話し放題の「スマ放題」プランに新規・のりかえすると、最大で通常1,522円引きから2,522円引き(※1)に増額。つまり契約から2年間(24ヶ月)で最大60,528円もお得に使える! 11月30日までの期間限定キャンペーンです。

この得したお金で、自分へのご褒美家族と一緒に普段はなかなかいけないレストランでディナーなんていうプチ贅沢も楽しめますね。

20130925_sb_1.jpg>>スマート値引き 増額キャンペーン

いま、のりかえるとお得がたくさん

新しいスマホは使ってみたいけれど、今のもまだ使えるし......もったいないかな? と悩んでいる方にもうれしい下取りキャンペーンも実施されています。「故障端末下取りキャンペーン」は、なんと画面が割れていても下取りしてくれるのだとか。対象の端末と引き換えに、最大5,000ポイントのTポイントが付与されます。修理にお金がかかりそうだからと割れた画面のまま無理して使っている方は今がチャンスかもしれません。また軽度な故障の場合は、のりかえ下取りプログラム適用される可能性があるので、まずはお店で相談してみるのもよさそうです。

>>故障端末買取キャンペーン(PDF)

どちらも、話題の新スマホへの新規購入・のりかえを考えているなら見逃せないキャンペーンです。

サクサク快適に動いて、写真にSNSに映画視聴や音楽鑑賞など、自分次第で目いっぱい楽しめる話題の新スマホは日々の生活をより豊かに自分らしい暮らしに欠かせないお気に入りの1台になってくれるはずです。

[ソフトバンク|スマート値引き 増額キャンペーン,故障端末買取キャンペーン(PDF)]

※1:iPhone 6s、iPhone 6s Plus限定

新規・のりかえ(MNP)の場合は、データ定額パック・標準(5GB) / データ定額パック・大容量(10/15/20/30)が増額対象となります。増額期間は2年間2,522円となり、それ以降1,008円となります。固定通信サービスにより3年目以降の割引継続が異なります。スマ放題ライトは増額対象外となります。

>>もしもスマホの画面が割れたら......。賢い解決方法が知りたい >>スマートフォンの快適なのりかえサイクルは何年なのか?

文/マイロハス編集部

image via shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    2. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    3. 日本人のビタミンD不足に「まいたけ」。免疫や血管への知られざるパワー

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 夏処方。髪のベタつきをケアするシーズナルシャンプー

    6. 自分の「好き」がわからなくなった人へ #キャメレオン竹田からのラブレター

    7. 香りつきのアイテムを使ってる? 膣カンジダ症の原因6つに気をつけて

    8. マニュアルではない。クリス智子が考える「気配り力」

    9. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    10. ハーブティーをすすめる4つの理由

    1. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    2. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    3. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. その背中の痛み、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 体をコントロールする甲状腺。正常ではないときに起こる9つの症状

    7. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    8. 「幸せで当然の毎日」あなたがもっともっと愛を受け取るために必要なこと

    9. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    10. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    1. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    2. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    3. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    8. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    もし、自由なお金が5万円あったらどう使う?

    FBからも最新情報をお届けします。