1. Home
  2. STYLE
  3. 社員3人の会社の「ハチドリ」グッズのひみつ

社員3人の会社の「ハチドリ」グッズのひみつ

社員3人の会社の「ハチドリ」グッズのひみつ

NATURE - BW 3,184円(税込・チャリティ700円込)

週替わりでクールなチャリティTシャツを発表し続けているブランド「Jammin(ジャミン)」から、かわいいハチドリのイラストがあしらわれたスタンダードラインが登場しています。

小さなハチドリにたくした思い

森が燃えていました。森の生きものたちは、われ先にと逃げていきました。でもクリキンディという名のハチドリだけは、いったりきたり口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは、火の上に落としていきます。動物たちがそれを見て「そんなことをして、いったい何になるんだ」といって笑います。クリキンディはこう答えました。「私は、私にできることをしているだけ」

Jamminサイトより引用)

20150918_Jammin_6.jpg

NATURE - BW 3,184円(税込・チャリティ700円込)

ジャミンは「ほんの少しでもチャリティーを通じて世界が良くなってほしい」というブランドコンセプトを、南アメリカの先住民に伝わるハチドリの物語に重ね合わせたのだそう。

20150918_Jammin_1.jpg

MIZU 3,724円(税込・チャリティ700円込)

20150918_Jammin_4.jpg

BANDANA 1,612円(税込・チャリティ100円込)

ハチドリのクリキンディが運ぶほんの少しの水では、森の火事を消すことはとうてい不可能のように思えます。けれど、諦めずに取り組む姿は、やがてほかの動物たちの心を動かし、ついに皆で力をあわせて、火事を消すことができました。

クリキンディのように、自分にできることにコツコツ取り組むひとへ、Tシャツに描かれているハチドリはささやかにエールを送っています。

目が離せない週替わりチャリティTシャツ

20150918_Jammin_7.jpg

LGBTを支援する「虹色ダイバーシティ」のチャリティTシャツのデザイン(販売期間:2015年9月28日〜10月4日)。

ジャミンは現在社員3人だけの小さな会社。さまざまな社会問題にスポットを当て、その問題をモチーフにしたTシャツを独自にデザインし、週替わりで販売しています。

私たちがTシャツを購入すると、1枚につき700円(販売価格の約20%)をその問題の解決に取り組む団体にチャリティすることができます(スタンダードラインを購入すると、その週のウィークリーデザインと同じ団体へチャリティされます)。2014年4月の立ち上げからこれまでに、72団体へ318万円を集めることができたそう。

今までに発表したTシャツのデザイン一覧から、各デザインをクリックすると、そのデザインのモチーフになった社会問題と、チャリティ先団体の取り組みを見ることができます。正直、このページを見なければ一生知ることはなかったかもしれない......と思う問題ばかりで唸ってしまいました。

それからあらためてTシャツのデザインを見るとファッション性だけではない、ふかいメッセージが込められたデザインであることに気が付きます。デザイナーの日高啓寛さんは「チャリティ先団体様の伝えたい事、こうなっていって欲しいという想いが大前提。次に戦争や病気、人権や命といったデリケートな問題をポジティブに捉え、誰も傷つかないよう、オシャレに表現することを心がけています」と言います。

20150918_Jammin_8.jpg

虹色ダイバーシティへのチャリティTシャツには、さまざまな動物があしらわれています。「ペンギン、象、ライオン、羊、コウアホウドリ、そしてサンゴの種の中には、様々な理由で同性同士での擬似生殖行為を行うものがあります。『愛の種類は様々であり、同じものは二つとしてない』という言葉に、誰もが大切な人と素晴らしい時間を過ごせるようになって欲しいとの願いを込めています」とのことです。

チャリティというと、真面目に堅苦しくとらえがちですが、クールなデザインがチャリティにつながるなんて素敵ですね。それに、もっと自由に、はじめはデザイン重視で購入してみてもいいのでは、とさえ思いはじめました。だって、まずは「問題がある」と知らなくては、なにも始まりません。ジャミンのチャリティTシャツは、そのいちばんはじめにリンクした画期的な取り組みではないでしょうか。

[Jammin]

(織田愛)

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由