1. Home
  2. EAT
  3. 子どものアレルギーを知る「4日間待機ルール」

子どものアレルギーを知る「4日間待機ルール」

子どものアレルギーを知る「4日間待機ルール」

ライフハッカー[日本版]より転載:赤ちゃんの食事に固形の食べ物を新たに取り入れるときに、赤ちゃんが何にアレルギーがあるのかはわからないものです。

Petit Organics」(アメリカのオンライン・ベビーフード宅配サービス)の創始者である Michelle Muller-Marins が、それを確認する方法として「4日待機ルール」というものを紹介しています。その方法を紹介しましょう

赤ちゃんの食事に取り入れたいものがジャガイモの場合、4日間、ずっとジャガイモだけを与えます。その子がジャガイモアレルギーである場合には、その4日間のうちに、発疹やむくみのようなアレルギー反応が現れるでしょう。何も問題が起こらなければその食べ物は安全だということなので、別の新しい食べ物を取り入れます。

その次に取り入れたいのがイチゴである場合には、今度は4日間、ずっとイチゴだけを食事として与え続けることになります。しかし今回は、既に赤ちゃんに試した「安全な食品」、この場合にはジャガイモを、自由に加えることができます。Muller-Marins が冒頭のビデオで詳しく説明してくれるので、ぜひご覧ください。

4-Day Wait Rule|Howcast

image via Shutterstock

Mihir Patkar(原文

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン