1. Home
  2. EAT
  3. 子どものアレルギーを知る「4日間待機ルール」

子どものアレルギーを知る「4日間待機ルール」

子どものアレルギーを知る「4日間待機ルール」

ライフハッカー[日本版]より転載:赤ちゃんの食事に固形の食べ物を新たに取り入れるときに、赤ちゃんが何にアレルギーがあるのかはわからないものです。

Petit Organics」(アメリカのオンライン・ベビーフード宅配サービス)の創始者である Michelle Muller-Marins が、それを確認する方法として「4日待機ルール」というものを紹介しています。その方法を紹介しましょう

赤ちゃんの食事に取り入れたいものがジャガイモの場合、4日間、ずっとジャガイモだけを与えます。その子がジャガイモアレルギーである場合には、その4日間のうちに、発疹やむくみのようなアレルギー反応が現れるでしょう。何も問題が起こらなければその食べ物は安全だということなので、別の新しい食べ物を取り入れます。

その次に取り入れたいのがイチゴである場合には、今度は4日間、ずっとイチゴだけを食事として与え続けることになります。しかし今回は、既に赤ちゃんに試した「安全な食品」、この場合にはジャガイモを、自由に加えることができます。Muller-Marins が冒頭のビデオで詳しく説明してくれるので、ぜひご覧ください。

4-Day Wait Rule|Howcast

image via Shutterstock

Mihir Patkar(原文

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    子どものアレルギーを知る「4日間待機ルール」

    FBからも最新情報をお届けします。