1. Home
  2. BODY
  3. デスクワークの背中の痛みをやわらげる、バレエエクササイズ

デスクワークの背中の痛みをやわらげる、バレエエクササイズ

デスクワークの背中の痛みをやわらげる、バレエエクササイズ

つらく激しい筋トレよりも、しなやかで優雅な動きがメインのバレエは、女性らしい美しいカラダづくりができるととても人気です。そんなバレリーナのトレーニングを日本人の体力に合わせてつくられたのが「バレエ・ビューティフル」。以前マイロハスのこちらの記事でも紹介しましたが、この「バレエ・ビューティフル」から新たに妊娠中のママ向けに、マタニティシリーズが登場しました。

妊娠中もすこやかに、美しく。

150907balletbeautiful_pause2.jpg

マタニティシリーズは、バレエ・ビューティフル考案者のメアリーさん自身が妊娠期間中に自ら実践し、医師のアドバイスも踏まえて考案されたもの。妊娠中は女性ホルモンやカラダの急激な変化で、心身にさまざまな負担がかかる時期でもあります。それに伴い、顕著に現れるのが肩凝りや腰痛、背中の痛み、体重増加など。これらを緩和することで妊娠期間をよりアクティブに健康に美しく過ごそうというもの。

「妊娠中の体調は日々変わるでしょ。だから体調に合わせて選べるように、いろんなプログラムを用意したの。プログラムは細かくわかれているから、どんな人にも合うように構成しているわ」(メアリー・ヘレン・バウアーズさん)

妊娠前期編と後期編の2シリーズがあるのですが、今回はそのなかから、妊娠中の背中の痛みやハリを緩和し、筋肉をほぐしてくれる「背中のストレッチ」をメアリーさんに教えていただきました。心地よい伸びを感じることができるので、妊娠中のママはもちろん、デスクワークやスマホの使いすぎで肩凝りや腰痛に悩んでいるという人にもオススメです。

《用意するもの》

クッション、もしくは椅子

《やりかた》

1.たてひざの状態で、クッションもしくは椅子に両手をのせる。

2.そのままお尻を後ろのほうに引きながら頭を下げていき、背中が伸びているのを感じながら5秒ほど深呼吸し、静止。(※おなかに負担がかかるようであれば、背中を丸め、自分が気持ちよく感じるところでもよい)

3.ゆっくり上体を起こす。

4.椅子から少しだけ体が離れた位置で膝をつき、椅子に近いほうの手を椅子に置く。

150907balletbeautiful_pause.jpg

5.正面を向いて胸を開いた状態で、もう片方の手を弧を描くようにゆっくりと下から上へと持っていき、5秒ほど静止。その後、上から下へとゆっくりと手を下ろす。このとき、脇腹と背中がしっかり伸びているイメージで行う。

6.同様に反対側も行う。

1〜6の動きを1日10分ほど行うことで、妊娠中の背中の張りが緩和されてきます。

※いずれも無理のない範囲で、ゆっくり深呼吸しながら行ってください。おなかの大きさにも個人差があるため、体を無理して曲げようとせず、「体が伸びている」と思える、気持ちのよい状態をキープすることが大事だそう。体を若干ひねるなどして、自分が伸ばしやすいように調整しながら行うといいそうです。

妊娠中の不安も和らげる、優しい世界観

私も実際にDVDを見ながらワークアウトを行ってみましたが、無理なく簡単に取り組めるショートプログラムなので実践しやすいのが魅力的でした。運動というと、なかなか取り組む決心がつかないものですが、こちらのマタニティシリーズはラクチンな上に気持ちいい! 固く縮まっていた体がほぐれ、心身ごとすっきりした気分に。また、なんといっても妊娠中の心身の負担を和らげてくれるような、穏やかでふんわりとした世界観や、メアリーさんの優しいアドバイスによる癒し効果が一番ではないでしょうか。

「私が踊っているとき、お腹の赤ちゃんも一緒に踊っていることを実感していたわ。私と毎日の生活を過ごす小さな命がいるって、素敵なこと。妊娠期間は人生のなかでもとてもかけがえのない、とても素晴らしいひとときだわ」(メアリー・ヘレン・バウアーズさん)

なんと、メアリーさんは現在第二子を妊娠中で、マタニティエクササイズを実践中だそう! マタニティライフを少しでもラクに、そしてイキイキと過ごせるDVD、プレゼントにも喜ばれそうです。

バレエ・ビューティフル マタニティ

※DVDは2枚ともに妊娠14週目以降の方が対象としたプログラムとなります。

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由