1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. この秋、あの人の「大人可愛い」ショートボブに注目

この秋、あの人の「大人可愛い」ショートボブに注目

この秋、あの人の「大人可愛い」ショートボブに注目

写真左から河北麻友子さん、安達祐実さん、シシド・カフカさん

相手に与える印象を大きく変えたいならば、まずはヘアスタイルを変えること。どんな風に変えるのがいいのかの参考にするとき、やっぱりいま注目の人のスタイルを参考にする人は多いのでは?

ヘアスタイルに独特のこだわりを持ち、輝いている女性に贈られる「THE BEAUTYWEEK AWARD 2015」授賞式が行われ、女性がなりたいヘアスタイルと注目されている方が選ばれました。

150907hair_01.jpg
写真左から河北麻友子さん、安達祐実さん、シシド・カフカさん

「大人可愛い」ショートボブが話題に

ウェーブヘアが印象的な女優の河北麻友子さんは、ロングヘア部門とウェーブスタイル賞をW受賞。ニューヘアスタイル部門には「ドラムを叩いている時、一緒に躍動してくれるのが今の髪型」と、自身のヘアスタイルにプロのこだわりを持つアーティストで女優のシシド・カフカさん。ショートヘア部門には、ショートボブスタイルが「大人可愛い!」とSNSで話題となった女優の安達祐実さんが受賞しました。

150907hair_02.jpg三者三様に美しかったのですが、なかでも注目したいのが30代の安達祐実さんのスタイル。ショートボブに顔周りだけ巻いてアクセントをつけたスタイルで、安達さんはとても小柄ですが、モデルでもある2人と並んでいても首周りがすっきりしていることで、セクシーな大人の印象に。

「眉毛の上ぐらいに前髪を切るのが好きなのですけれども、いまはちょっと前髪が伸びてきたので、大人っぽくして風を感じるようなスタイルにしていただきました」

150907hair_03.jpgロングヘアにすることが多かった安達さんがボブにしたのは3~4年前。それからいままでボブスタイルを続けていますが、心境の変化もあったようです。

大人が「前に進める」髪型

「19歳ぐらいのときにボブにしたことはあったけれど、そのときはしっくりこなくて、すぐにのばし始めてしまいました。髪型ってそのときの自分の精神とか状況とか左右されるのかも。最近はラインを揃えてパッツンと切るのが好きです。私の心持が変わったのだと思うのですが、(髪が長いということでの)女性らしさにこだわらず、前に進めるということでそのときはばっさりと切りました」

安達さんの自宅でのケアは、日々のシャンプーではしっかり頭皮を洗うこと、週に1度はトリートメントをするようにしているそうです。

「ヘアスタイルを変えると自分の気持ちが変わったり、それだけで前向きになれたり、ヘアスタイルにはそういう力があると思います。自分に合ったケアをしつつ、そのときの自分にしっくりくるヘアスタイルやカラーを見つけて、どんどん楽しんでいただけたら」と語っていました。

[THE BEAUTYWEEK AWARD 2015]

image via Shutterstock

北本祐子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 他人に優しくできないときの深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    2. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    3. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    10. 実年齢より老け顔になる、うっかりやりがちな習慣3つ

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 精神科医に聞いた、「自分を批判された」ときの対処法

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. 93歳のエリザベス女王がハードな公務をこなせる理由

    8. 自己肯定感を上げるのに、一緒にいるとよい人ってどんな人?

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    8. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    9. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン

    10. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8