1. Home
  2. EAT
  3. 間食が罪はもう古い?気持ちよくおやつを食べる方法

間食が罪はもう古い?気持ちよくおやつを食べる方法

間食が罪はもう古い?気持ちよくおやつを食べる方法

「スリムサンド」でおやつタイムの満足度があがりました。

夕方になると、いつも小腹がすいてきます。私の場合、いちばんつらいのは17時から18時ごろ。なんとか我慢して家へ帰っても、今度は晩ごはんを食べ過ぎて自己嫌悪......。毎度の失敗に、ずっとモヤモヤしていました。

食事の間隔、理想は4~5時間だった

それでも「間食はしないほうがいい」と信じていたのですが、ふと疑問を感じて調べてみることに。すると、意外なことがわかったのです。

農林水産省の食育コンテンツ「おやつの工夫」によると、なんと「軽めのおやつ(間食)」には利点があるのだそう。

「食事と食事の間かくは、4~5時間が理想的。でも、私たちの生活では、昼食と夕食の間が6~7時間くらい開いてしまうことがあります。(中略)このような時は、軽めのおやつをとることをおすすめします。おやつは『間食』といって、その名のとおり食事と食事の間にとるもの。上手におやつをとることで、夜おそくに食べすぎるのを防ぐという働きがあります。」

農林水産省/おやつの工夫」より引用

お昼を12時に食べたとすると、理想の夕食は17時になります。これは、私のおなかの空くタイミングとほぼ同じ! 現実には17時に食べるなんて無理だから、おなかが空き過ぎて晩ごはんをドカ食いしていたというわけです。

おやつはどれくらいなら食べていい?

slimsand_naka.jpg

そうなると、今度はおやつの適量が気になります。同サイトでは、1日200kcal以内が目安とされていました。お菓子の例でいうと、

<200kcalの目安>

「ポテトチップス約1/2袋、アイスクリーム小1個、板チョコ約1/2枚、せんべい3~4枚、ショートケーキ約1/2個、どら焼き1個」

農林水産省/おやつの工夫」より引用

こんなに食べていいんだと、ちょっとほっとしました。

人間のからだは、食事の間隔があきすぎると脳が危険信号を発し、エネルギー源となる糖質や脂肪をため込もうとする、と聞いたことがあります。その結果、次の食事で太りやすくなるのだとか。ただでさえ反動でたくさん食べがちなのに、脳からそんな信号が出ていたら大変です。

さらに疲れがたまってくる夕方、オフィスで空腹を我慢していたら、ストレスがたまり余計に晩ごはんを食べ過ぎたりしてしまうはず。適度なおやつでエネルギーを補給したほうが、気分もスッキリ仕事もはかどる気がしてきました。

おやつに「サクサク」「パリパリ」の新習慣

そんなわけで、間食禁止令を解除した私。「おなかがすいても我慢しなきゃ」というストレスがなくなって、小さなおやつを用意する楽しみができたのは、思いのほか嬉しいことでした。ちゃんと適量で満足したいから、おやつ選びにはちょっとこだわっています。

最近のお気に入りは、ナビスコの「スリムサンド」。サクッとした食感を出すために、薄さにこだわって開発したというビスケットに濃厚なミルククリームをサンドした「薄焼きビスケット&ミルククリーム」と、パリッと軽い薄焼きクラッカーに、チェダーチーズクリームをたっぷりはさんだ「薄焼きクラッカー&チェダーチーズクリーム」という2種類の新商品です。

口の中で軽やかに崩れる生地は、コクのある贅沢なクリームと相性抜群。ビスケットはサクサク、クラッカーはパリパリとした食感、そしてどちらもクリームはリッチでクリーミーな味わいが楽しめる満足感の高いおやつです。その日の気分で好きな方を選んでいます。それぞれ3枚ずつ個別包装になっていて、1袋のカロリーは約100kcal。ちょうど1日のおやつの目安の半分というのも、わかりやすくていいんです。

おやつのおかげで食べ過ぎ解消

slimsand_1.jpg
スリムサンド」でおやつタイムの満足度があがりました。

スリムサンド」のきれいな見た目とかたちに和みつつ、紅茶を入れてほっとひと息。手がベタつくこともなく、きれいに食べられるのも女性には嬉しいポイントです。

おやつタイムの効果は、想像以上。帰宅までおなかが落ち着いているおかげで、遅い時間に食べ過ぎることもなくなりました。

スリムサンド」の「薄焼きビスケット&ミルククリーム」は紅茶やコーヒーに。「薄焼きクラッカー&チェダーチーズクリーム」は夜のお酒ともよく合いそう。

公式サイトでは、波佐見焼のティーセットやシャンパーニュグラスが当たるプレゼントが実施されています。

お気に入りの器で気分よく味わう、「スリムサンド」のおやつタイム。夕方の空腹や晩ごはんの食べ過ぎに悩む女性にとって、おいしい味方になってくれそうです。

[ナビスコ スリムサンド]

撮影/中山実華 文/田邉愛理

image via shutterstock

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. 栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    7. お腹を触って、便を見て。自分の腸の状態をチェックする方法

    8. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    9. レンジを使って20分で完成。簡単キムチーズうどんのレシピ

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    10. 愛用の「箸置き&カトラリーレスト」たち。献立や器を考えるのとは別の楽しみがある

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ