1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 人生はバランス感覚。大切なことを両立するテクニック

人生はバランス感覚。大切なことを両立するテクニック

人生はバランス感覚。大切なことを両立するテクニック

若い頃は一つのことで精一杯だったけど、最近は、仕事もプライベートも大切。日々ていねいに過ごしたいと思う反面、効率的にこなしたいという気持ちもある......。大人になると、難しいけれど「どちらも大事にしたい」と思うものがたくさんあります。

そういうものは、バランス感覚を持って、上手に両立していきたいですよね。そこで、ふたつのことを実践している人たちに「両立のコツ」を聞いてみました。

都心で働く×郊外暮らし

商社に勤務する31歳のNさんは、実家が新宿で、最近まで恵比寿で一人暮らしをしていました。マンションの更新のタイミングで、次に住んでみたい場所が思い浮かばず、たまたま遊びに行った逗子の雰囲気の良さに一目惚れ。その日のうちに物件を探して、引っ越してしまいました。

郊外の暮らしは毎日が新鮮で、「毎日、駅に降り立つだけでリゾート気分が味わえるのがうれしい」とのこと。恵比寿にいた頃はあまり寄りつかなかった実家にも、よく帰るようになったそう。

都心での仕事と郊外暮らしを両立するため、Nさんは、次のことを実践しているそうです。

・メイクを時短に

「これまで必要以上のメイクをしていたことに気がつきました(笑)」

・オンオフをはっきりと区切り、メリハリをつける

「家では仕事をしない、と決めたら、効率を考えるように」

・一日のちょっとした目標を決める

「例えば、『家の近くの素敵なお店で晩ごはんを食べる』ことを目標にすると、早く仕事が終わるように頑張れます」

・ネガティブな感情は排除

「自分で決めたことだから、ワクワクする気持ちだけを大切に、ネガティブな感情は排除。嫌になったらまた引っ越せばいいし、悩む前に行動することをモットーにしています」

仕事×子育て

150828biore_02.jpg35歳のMさんは、毎日忙しい編集者。子どもを授かったとき、小さい子を預けて働くイメージがわかず、不安が大きかったとのこと。

「今となっては笑ってしまうのですが、一人目を産んだあとの復職では、手帳に大きく赤字で『とりあえず一ヶ月頑張る!』と書いて自分を奮い立たせていました。つらくなったらいつでも辞めればいい、と思って働いていましたが、結局二人目も授かり、仕事も続けています」

直面する人も多い仕事と育児の両立。Mさんの場合は、次のことを心がけることで乗り越えられたようです。

・何より自分にやさしくする

「自分の時間もとれず、仕事に没頭できる時間も限られる日々。自分だけは、自分にやさしくできるようにしました」

・とにかく無理しない

「仕事も家庭も、最低限必要なルールだけ作って、あとはとにかく無理をしない。本当にやるべきことが明確になるし、仕事の効率も上がりました」

・完璧を目指さない

「完璧を目指しても、できないものはできません。自分と家族が毎日元気に過ごせること、仕事がチームを含め上手くまわるようにすることだけを目標にしています」

会社員×学生

150828biore_03.jpg

最後は、34歳会社員のKさん。現状の自分のスキルに限界を感じ、大きくジャンプするにはインプットが大事だと気づいて、資格を取るための学校に通うことを決意しました。

「みんなに『すごいね』って言われるけど、インプット(勉強)せずに、仕事でアウトプットすることに限界を感じていたのでごく自然な流れでした。両立というより、仕事を続けるうえでインプットは欠かせないと思っています」

そんなKさんの両立のコツは、以下。

・朝の勉強を習慣づける

「一時間でも朝の時間がとれると、その日の勉強がはかどります」

・勉強会を設定する

「友人と勉強会の約束をして、勉強する環境をつくる。励みになるし、勉強の後の飲み会がしたくて集まっていたと言ってもいいくらい」

・移動時間を効率的に利用する

「本格的な勉強はできなくても、本を読んだり、スマホで情報を収集したりできました」

落とす×しっとり

150828biore_06.jpg3人の例に共通する両立のコツは、無理をするのではなく、日々のちょっとした習慣を変えること。

では、美容に関してはどうでしょう?

肌の変化が気になりはじめる30代。なんだか最近カサつくような......。かといって、余計なもので肌がベタベタするのも嫌。だから、余計なものは残さず「しっとり肌」が欲しいという人は多いのではないでしょうか。

メイク落としで「両立」!?

そんな人にぜひおすすめしたいのが、「ビオレ うるおいクレンジングリキッド」。ウォータープルーフマスカラもすっきり落とせて、美容液成分(※)40%配合で、肌はしっとり、つっぱり感なし、「落とす」と「しっとり」を兼ね備えてくれる、まさに「両立」メイク落としです。

肌にまとわりつかずさっと流れ落ちて、洗い上がりはつっぱり感なく肌しっとり。これまでは、がっつりアイメイクをすっきり落とすことだけを気にしていたけれど、乾燥など肌の変化が気になりはじめた......そんな時こそメイク落としの見直しどき。大人の肌におすすめしたいメイク落としなのです。

・水ベースだからぬるつかない

・すすいだ後の洗顔がいらない

・手や顔がぬれていても使える

・ほのかなマイルドフローラルの香り

150828biore_04.jpg「欲張りかな?」と思えるふたつのことも、ポイントを押さえることで、しっかり両立できるのが大人の女性。人生もスキンケアも上手に両立して、充実した毎日を送りましょう。

グリセリン、BG、PPG-9ジグリセリル(保湿成分)

撮影/鈴木竜一朗(日光堂) 文/中島理恵

[ビオレ うるおいクレンジングリキッド]

top image via Shutterstock, mother and baby, woman via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析