1. Home
  2. STYLE
  3. クリーンで心地よい暮らしを作る、小さなヒント

クリーンで心地よい暮らしを作る、小さなヒント

ミヤモトヒロミ

クリーンで心地よい暮らしを作る、小さなヒント

お昼寝から目覚めると、パジャマもシーツも汗でべったり。公園に行くと、砂場や遊具で遊んで、服が泥だらけ。今日はいったい何回着替えさせたっけ?と思うくらい、子どもとの毎日では、大量の洗濯物が発生します。

最近では、洗濯カゴにいれることさえ面倒で、脱がせたその場で洗濯槽に直接汚れた服を入れて、たまったら洗濯、が日常に。でも、これって衛生上大丈夫かな、ってちょっと気になっていました。

ついやりがちな洗濯の習慣が、菌を増殖させているかも!?

洗濯物

子どもが身につける服は、いつも清潔にしていたい。そう思っていても、何気ない行動が、衣服についた菌を増殖させていることがあるようです。

たとえば、「濡れた洗濯物を乾いた洗濯物と一緒に保管してしまう」「洗濯槽の手入れを1年に1回以下しかしない」「洗濯後、しばらくしてから干す」というのは、菌が増殖しやすい環境を作る例だそうですが、未就学児を持つママを対象に行った洗濯に関する意識調査※によると、「そうしている」と答えたママが一定数いたのだそう。ドキッ。私にも心当たりがあります。正しい菌対策をしたいと思っていても、どうしたらいいのかよくわからない、とモヤモヤしているママは案外多いのかもしれません。

実際に、同じ調査のなかで「子どもが身につける衣類を菌から守りたいが、どうしたらいいかわからない」という回答が66.3%、「子どもの清潔・健康のための正しい衣類の菌対策を知りたい」という回答が88.9%という結果に。

日々の洗濯のちょっとした習慣が原因で、うっかり菌を増殖させてしまうことがあるだけに、正しい菌対策のポイントをおさえておきたい、というのが多くのママの気持ちのようです。

洗濯物の菌を増やさないためにできること

白い洗濯機クリーンで心地よい暮らしをおくるには、菌を増殖させない工夫が必要です。そこで、今日から始められる洗濯のヒントをご紹介します。

濡れた洗濯物をカゴに入れない

洗濯槽の中はとても湿度が高いので、洗濯物を保管するのは避けたいところ。保管場所としては、カゴなどの風通しが良いものが最適です。保管の際は、できるだけ広げた状態で、乾かすように。湿った状態のままカゴに入れると、水分と汚れをエサにして菌が増殖することに。濡れたものと乾いたものを一緒に置くのも避けましょう。

洗濯槽はこまめに掃除する

洗濯槽の裏にはカビが発生することがあります。そのカビ発生の一因となるのが、洗濯槽に残る菌がはきだす「バイオフィルム(菌が吐き出す粘膜状の汚れで、菌やカビを覆っています)」。このバイオフィルムを足場にカビが発生するため、日々のお洗濯でバイオフィルムをためないことが大切です。くずとりネットもなるべく毎回掃除するようにしましょう。

洗濯物の入れ過ぎはNG! 目安は容量の7割

じつは洗濯機の容量=洗濯物を洗える量ではありません。洗濯機の容量のおよそ7割の量にするのがおすすめです。8kg容量の洗濯機で8kgの衣類をつめこんで洗うより、4kgの衣類を二度にわたってしっかり洗う方が汚れ落ちはよく、また電気代や水道代にもそれほど大きな違いはありません。

洗濯中の菌・カビ移りにも注意

洗濯中に、洗濯槽や汚れた衣類から別の衣類へ菌やカビが移ることがあります。菌移り、カビ移りを抑える洗剤の使用や、洗濯槽につめこみすぎない洗濯が菌移り・カビ移りを抑えるには効果的です。

部屋干し時はできるだけ早く乾かして、ニオイを防止!

部屋干し臭の原因は、衣類の菌。しっかり洗濯をしたつもりでも、汚れが残ることがあります。このわずかに残った汚れと水分をエサにして増殖した菌こそ、イヤなニオイを引き起こす原因になるのです。風通しのいい場所で、できるだけ早く乾かして菌の増殖を抑えましょう。

いつもの習慣を少し変えるだけで、正しい菌対策ができそうです。

洗うたびに、衣類が菌に強くなる

では、洗濯洗剤についてはどうでしょうか。洗濯洗剤でも菌ケアができたら、さらに安心です。

そこで、使ってみたいのが、新しくなった『トップ HYGIA(ハイジア)』。

洗濯用洗剤hygia(ハイジア)

『トップ ハイジア』は洗うたびに「プラスイオン抗菌成分」が衣類の繊維表面に吸着。「抗菌バリア」で、子どもや家族の衣類を菌からしっかり守ります。洗濯中、菌やカビが移るのを抑制し、衣類自体の抗菌力も高まります。

また洗濯槽を菌・カビ・ニオイから守る働きもあるので、洗濯槽クリーナーなどでキレイにしたあと、『トップ ハイジア』で洗い続けると洗濯槽もキレイな状態を保てるのです。これはとても心強いですね! 100%天然ハーブ、ティーツリーオイル配合で、すっきりしたミンティー・グリーンの香りもさわやか。

洗うたびに、衣類が菌に強くなり、洗濯槽を菌・カビ・ニオイから守る『トップ ハイジア』なら、毎日の洗濯だけで、子どもの衣類の菌ケアができそう。忙しい毎日のなかでも、無理なく続けられますね。家族のみんなが、清潔な衣類で毎日を気持ちよく過ごせそうです。

トップ HYGIA

※<調査概要>調査対象:全国47都道府県の未就学児を持つママ2,650名/調査手法:インターネット調査/調査日程:2015年6月19日~6月23日

撮影(商品)/中山実華

room,towels,washing machine via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. 「感じのいい人」と「感じの悪い人」の違いは脳の使い方にあった!

    4. 【クイズ】頭痛を早く治すには?

    5. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    6. ダイエット中の人に言ってはいけない! 7つの禁句とOKワードは?

    7. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    8. ひどい肩こり解消エクササイズ「サイドプランク」

    9. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    10. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    5. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    6. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!