1. Home
  2. STYLE
  3. もう遅すぎる、なんて言わない。枠にはめない人生のお手本

もう遅すぎる、なんて言わない。枠にはめない人生のお手本

ミヤモトヒロミ

もう遅すぎる、なんて言わない。枠にはめない人生のお手本

この春発売されて話題になった、103歳で現役の美術家・篠田桃紅さんの書籍『103歳になってわかったこと』(幻冬舎/刊)。年齢を重ねるごとに、無意識に自分に制限をかけている「年相応」という考え方から完全に開放されて自由に生きる彼女の言葉には、強いパワーを感じました。

自分の生き方を年齢で制限しない

何歳で何をするか、ということが人の生き方の指標になっている風潮に異をとなえる篠田さん。

たとえば、「ムダに歳をとっていない」「いい年をしてまだそんなことを言って......」など、人を批評するのに年齢は大変便利な言葉だ、としたうえでこんなことを言っています。

なにかを決めて行動することに、歳が関係したことはありません。この歳になったからこれをしてはいけない、この歳だからこうしなくてはいけないと思ったことがないのです。自分の生き方を年齢で判断する、これほど愚かな価値観はないと思っています。

(『103歳になってわかったこと』p44より引用)

大正2年生まれの篠田さんは、親の反対を押し切って書道で自活することを決意、24歳で実家を出ます。その後、戦争を経験し、作品を自由に作れるように なったのは30代後半、初めて個展を開いたのは40歳を過ぎたころ。そして、43歳で単身渡米。103歳になったいまも精力的に作品を発表しています。

女学校を卒業してすぐに結婚することが当たり前だった時代に育った彼女が、やりたいことを諦めず、自分の道を突き通したのは当時の女性としては異例の生き方。現代の女性が同じことをやったとしても、きっと周囲からあれこれ言われてしまうほど、「年相応」の考え方からかけ離れた生き方を通しています。

103歳という長生きの秘訣も

遅すぎることなんて何もない、ということを自らの人生で証明している篠田さんの言葉は、「いまさらできない」と、知らず知らずのうちに自分の心に押しとどめていることはないか、問いかけてくるようです。

こうして私が長生きしているのも、自らの人生を枠におさめなかったことが、幸いして、精神的にいい影響を及ぼしているのかもしれません。

(『103歳になってわかったこと』p45より引用)

決められた枠に人生をおさめる必要なんてない。本の言葉に背中を押される思いがします。

[103歳になってわかったこと]

image via Shutterstock

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    4. 髪のパサつき、白髪、抜け毛に。10分で作れる栄養満点パスタ

    5. 【クイズ】水餃子と焼き餃子。老けたくないならどっちを選ぶ?

    6. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    7. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    8. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    9. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    10. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    1. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    2. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    3. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    4. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. 座りっぱなしの人はやるべき。お尻をやわらかくするポーズ

    7. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    8. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    9. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    10. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    9. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!