1. Home
  2. MIND
  3. 30代からの魅力を育む「聞く力」

30代からの魅力を育む「聞く力」

30代からの魅力を育む「聞く力」

150810_lissage_top.jpg

しっかりと自分を持っているけれど、変化を楽しんで受け入れる柔軟性もある――。

そんな女性はとても魅力的です。私もそういう大人になりたいなと思うものの、年齢を重ねるにつれ、「これは自分らしくない」とか「私はこう」とか、知らず知らずのうちに決めつけ、生き方や考え方を狭めてしまっていると感じることも......。

一方向の考えに固執しないためには、ほかの人の意見や、まわりの発言に耳を傾けることも大切。

そこで、東京で働く30代女性にアンケート(※)を実施し、「他人に言われてハッとしたこと」を聞いてみました。アンケート結果から見えてきたのは、「自分が思っている自分」と、「ほかの人から見た自分」が意外と違う、ということ。さっそくみんなのエピソードを見ていきましょう。

みんなに聞いた「他人に言われてハッとしたこと」

<アンケート回答>

「これまでずっと、自分のことを『ナーバスで傷つきやすい性格』と思っていたのですが、仲のいい友人に『能天気』と言われたこと。いいんだか悪いんだか(笑)」(39歳/不動産会社)

<筆者コメント>

最後の「いいんだか悪いんだか」という一言に、おおらかさがにじみ出ているような気がします。やっぱり、ナーバスは思い込み?

<アンケート回答>

「自分ではきちんと整頓していると思っていた机まわりが、他の人には散らかって見えていたこと」(37歳/商社)

<筆者コメント>

なんとなくの感覚の違いって、人から指摘されないと絶対に気づかない部分。悪い部分をしっかり指摘してくれる人がまわりにいるのって、幸せなことだと思います。

<アンケート回答>

「職場で、自分では素直さを心掛けているつもりだったけれど、『頑固』『融通が利かない』と言われているのを知り大ショック。それ以来、自分の行動を省みるようになりました」(34歳/サービス)

<筆者コメント>

私もよく頑固と言われるので、気持ちは痛いほどわかります。思ったことを素直に言ったりやったりするのはいいことだと考えていましたが、ときには受容することも大切なんですね。

<アンケート回答>

「自分では手が大きくて嫌だなと思っていたのに、ある日『指が長くてキレイ』と言われたこと。そういう見方もあるのか、と自信につながりました」(32歳/製造)

<筆者コメント>

自分ではコンプレックスに感じていたり、嫌いだった部分が、他人の目を通すことで魅力だと気づくこともあるんですね。

<アンケート回答>

「いつもより薄めのメイクで出社したら『今日は化粧がきちんとしててキレイだね』と言われたとき。普段は一体どんな有様になっていたのか......」(38歳/運輸)

<筆者コメント>

私も昔、小さい目がコンプレックスで濃いめのアイメイクをしていたのですが、友人からの指摘で「目が小さい=魅力的じゃない」と自分が思い込んでいたことにハッとした経験があります。

「聞く」ことで自分を知る

こうしてみると、自分のことなのに自分では気づかないことや、勝手に思い込んでいることってたくさんあるのだなぁと、心から実感しました。ときには素直な気持ちで他人の言葉に耳を傾け、自分自身と向き合うことが大切なんですね。

それはきっと「美しさ」に関しても同じこと。とくに肌は、長年の思い込みや肌質への誤解などで、間違ったお手入れをしている可能性も。自分の肌を正しく知るためには「聞いてみる」のが一番です。

「私」の肌に本当に必要なもの

自分のいまの肌状態を詳しく調べ、よりキレイになるためにはどうしたらいいかを教えてくれるのが、スキンケアブランド「LISSAGE(リサージ)」。

150810lissage_top.jpg

ブランド誕生から20余年にわたりこだわり続けているコラーゲン研究から、シンプルでありながら充実感のあるこの化粧液にたどり着いた。 スキンメインテナイザー [薬用化粧液](医薬部外品) 7種 3,500~5,800円(税抜)

「透明感のあるうるおい肌になりたい」とか、「ハリのある若々しい肌が欲しい」など、人それぞれ理想とする肌は違って当然。だからこそ、リサージでは、肌のコンディションだけでなく、心の声にまで耳を傾けた丁寧なカウンセリングを大切にしています。一人ひとりの思いや悩みを尊重し、「なりたい美しさ」を叶えるお手伝いをしてくれるんです。

そんな一人ひとりのための「個肌主義」を提唱するリサージでは、肌質にも肌悩みにも寄り添えるよう、使い心地やテクスチャーの違う14種類もの化粧液がそろっています。

強い紫外線やエアコンによる乾燥ダメージが気になるいまの時期も、化粧水と乳液のうるおいが1本にギュッと凝縮されたスキンメインテナイザーにより、肌にハリを与え、上質な仕上がりに。

まるで私だけのためにつくられたようなスキンケアに出会えたのも、「聞く」という選択をしたから。自分の意見はもちろん大切だけれど、ほかの人に聞いてみることでわかることや、見えてくることもたくさんあるはず。人の意見を聞き入れる心の余裕こそが、自分を磨き輝き続けるための秘訣なのかもしれません。

LISSAGE

※サンケイリビング新聞社「シティリビング」調べ

couple image via Shutterstock

商品撮影/田所瑞穂 文/イトウウミ

    Ranking

    1. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    2. ミネラル入り麦茶は何がすごい? 駅伝の強豪校がとり入れるワケ

    3. 刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    4. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    5. 【診断テスト】あなたは何歳? 精神年齢をチェック

    6. 理想の朝食って何? 朝に食べるとよいもの、食べ過ぎに気をつけたいもの

    7. 我慢しなくていい...。泣きたいときに泣いた方がいい理由

    8. 足裏を鍛えるといいことずくめ。1日10分の簡単エクササイズ

    9. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    10. 朝晩2回の体重チェックでわかる! 痩せやすい体、痩せにくい体

    1. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    2. 刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    3. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    4. 泣けない時、心の中で何が起きている? ストレスの根源は?

    5. ミネラル入り麦茶は何がすごい? 駅伝の強豪校がとり入れるワケ

    6. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    7. 【診断テスト】あなたは何歳? 精神年齢をチェック

    8. 足裏を鍛えるといいことずくめ。1日10分の簡単エクササイズ

    9. 朝晩2回の体重チェックでわかる! 痩せやすい体、痩せにくい体

    10. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    1. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    2. 「シャンプーバー」の使い心地は? 固形シャンプー注目3ブランドを試してみた

    3. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    4. 我慢しなくていい...。泣きたいときに泣いた方がいい理由

    5. 刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    6. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    7. ミネラル入り麦茶は何がすごい? 駅伝の強豪校がとり入れるワケ

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. 【診断テスト】あなたは何歳? 精神年齢をチェック

    10. 足裏を鍛えるといいことずくめ。1日10分の簡単エクササイズ