1. Home
  2. STYLE
  3. ちいさなワクワクで、子どもたちが「きれい」を好きになる

ちいさなワクワクで、子どもたちが「きれい」を好きになる

ミヤモトヒロミ

ちいさなワクワクで、子どもたちが「きれい」を好きになる

201508_kao_001.jpg

毎日の生活のなかに、心がワクワクすることを見つけると、それだけで気分がハッピーになります。そんなモノやコトを、大切な相手、たとえば子どもと共有できたら、楽しい気持ちがもっと広がっていきそうです。

東京ディズニーランド®に生まれた「新しいワクワク」

子どもたちが大好きな「夢の国」であり、大人にとっても、訪れるたびに素敵な夢を与えてくれる場所、東京ディズニーランド®

そこには、子どもも大人もワクワクできる「新たな魔法」があるとのこと。さっそく、わたしたちも訪ねてみることにしました。

201508_kao_002.jpg

水しぶきが爽快な気分にさせてくれる「スプラッシュ・マウンテン」。

東京ディズニーランド®の「スプラッシュ・マウンテン」。このアトラクションのそばの、新たにオープンしたハンドウォッシングエリアに、その「ワクワク」があるとのことですが......。

201508_kao_003.jpg

スプラッシュ・マウンテンのすぐそばにある、ブロンズ色のシンク。

ありました! 小さな子どもにも手が届くように、高さの違うシンクが並んでいます。蛇口の横には、ミッキーのマークが描かれているボタンが。

201508_kao_004.jpg

ミッキーのボタンを押すと、たっぷりの泡が出てきます!

そっとボタンを押してみると......。

201508_kao_005.jpg

手のひらにミッキーの泡。思わず、うれしくなってしまいました。

子どもたちがきれいに目める魔法

なんと、手の上に出てきたのは、ミッキーの形をした泡! 手に触れるとふわふわなのですが、形はしっかりミッキー。うれしくて、思わず「わーっ!」と声が上がります。自然と手の動きがゆっくりていねいに、いつもより念入りに手を洗いたくなりました。なめらかな泡で洗い上がりはしっとり、いい香りです。

「楽しく手を洗う」体験が、思い出に

この「ミッキーシェイプの泡」。楽しく手を洗うという体験を通じて、子どもたちが「きれい」の大切さに目覚める、そんな小さな魔法を提供したいという花王の思いと、ディズニー・テーマパークの基本理念であり「ファミリーエンターテイメント」という考え方が一致して、実現したのだとか。

さらに花王は、「カストーディアル・キッズ!」というプログラムも提供しているようです。これは、東京ディズニーシー®でカストーディアルキャストの白いコスチュームに着替え、スイーピング(ほうきで掃く作業)をはじめとする、カストーディアルキャストの仕事を体験できる、というもの(※)

東京ディズニーリゾート®でワクワクしながら、きれいにすることの心地よさを体験した子どもたちは、きっとおうちに帰ってからも、楽しい思い出とともに自然と手洗いやお掃除の習慣を身につけていくことができそうです。

大切にしたい「手洗い」の習慣

ミッキーシェイプの泡での手洗い。大人のわたしでも気分がアガる体験でしたが、子どもたちにとってはなおさら、「手洗い」が忘れられない「特別なイベント」になりそう。ミッキーシェイプの泡が現れた瞬間、うれしいサプライズに子どもたちが目を輝かせるようすが浮かんできました。

一児の母であるわたし自身にとっても、子どもとの毎日で「手洗い」はとくに大切にしている習慣です。子どもたちが成長して、大人になってからもずっと、健やかな日々を守り続けてくれる習慣。「きれいにすることの大切さ」を早く覚えてほしくて、まだ言葉を覚える前から、「おてて洗おうね」と語りかけて一緒に洗ってきました。

この場所で「ミッキーシェイプの泡」を体験したら、子どもは手洗いがもっともっと好きになるはず。自分からよろこんで「手洗い」を習慣にしてくれそうです。

花王は、オフィシャルスポンサーとして、東京ディズニーランド®の「スプラッシュ・マウンテン」・東京ディズニーシー®の「トイ・ストーリー・マニア!」「トイビルトロリーパーク」「カストーディアル・キッズ!」ならびに両パークの「ハンドウォッシングエリア」を提供しています。

※東京ディズニーリゾート®・バケーションパッケージで販売中の、キッズ向けスペシャルプランに含まれるプログラム。

[花王]

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 【クイズ】水餃子と焼き餃子。老けたくないならどっちを選ぶ?

    5. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    6. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    7. 【クイズ】ぐっすり眠るために、夜に摂るといいのは緑茶? はちみつ?

    8. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    9. 【動画】頭痛は、首をつまむだけの簡単ケアで解消。即効性あり!

    10. 【人生最後のダイエット#1】ここまで太ってダイエットしない理由は何だ

    1. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    7. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    8. 座りっぱなしの人はやるべき。お尻をやわらかくするポーズ

    9. 「反り腰」を改善する簡単ストレッチ。腰痛やO脚の原因にも!

    10. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    8. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    9. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    10. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は