1. Home
  2. MIND
  3. 生きづらさが、スーッと楽になる方法

生きづらさが、スーッと楽になる方法

30代からのやさしい愛のはじめ方

生きづらさが、スーッと楽になる方法

20150724_live_in_the_past_1.jpgこんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

テレビでも「プチうつ」の特集がよくされるようになり、今「うつとまではいかないけれど、息苦しさを感じながら生きている女性」がとても増えています。

一生懸命、頑張って生きているからこそ、心のどこかで感じてしまう「生きづらさ」。

じつは、こうした「生きづらさ」を感じているとき、ほとんどのケースにおいて、潜在意識レベルで「誰かの目を意識している」ということが起きています。

●人生を変えられない原因は「過去の目」にあった

気にしてしまう対象は、目の前にいる相手だけでなく、過去の知り合いや、過去の記憶の中の親など、今いない人も含まれます。

大人になった今、相手がもう目の前にいなかったとしても、たとえば「幼稚園時代に自分をいじめた男の子の目」を気にしていたり、「自由に遊んでいたら勉強しなさいと怒った瞬間の母親の目」を気にしてしまっているのです。

しかも、そのことを普段は忘れているため、理由もわからないけれど、プチうつのように、なんだか苦しい......という状態が続いてしまうのです。

●まずは自分に教えよう

そんなときは、まずこうした苦しみを感じている自分に「自由でいていいんだよ」ということを教えてみましょう。具体的には、

・(もう過去の誰にも縛られる必要はなく)まったく新しい人間関係をゼロから築いていい。

・(もう過去の誰にも支配される必要はなく)今自分がしたいと感じていることを、自分の責任でやってもいい(私は怒らないからね)。

・(もう過去の誰にも怯えることなく)私は私を守っていいし、守ってくれる人に頼っていいし、その人達に頼りながら、自分のことを大切にしてもいい。

こんなふうに「ああ、私は今以上の自由を得ることや、別の生き方をはじめることを、過去の誰かを気にして、とても怖がっているんだな」ということを意識させてあげてください。

●恐怖から自分を解放しよう

こうして「怖がっていることに気づいてあげる」というワンクッションを置き、その上で優しい言葉をかけてあげることで、それまで無意識に緊張して震えていた自分を、優しく解きほぐしてあげることができるようになるんですね。

怖かったね、今までずっと言うことを聞かなきゃいけないと思っていたんだね」と自分を安心させてあげて、新しく「もういいんだよ。これからはあなたがやりたいことを、全部私とやっていこうね」と自分に許可してあげてください。

あなたの心は、今まで「過去の誰か」に縛られて、ずっと自由に生きることを自分に禁じていたのです。だからこそ、まずは苦しんでいた自分に優しく寄り添うことが大切なんですね。

●自由を感じるリハビリの時間を

そして、あえて自分に「好きなことをさせてあげる」時間を意図的に持っていきましょう。

それは、あなたが関わりたいと想う人と関わることかもしれませんし、あるいは、自由にのんびりしながら、ただ美味しい物を食べ、イヤなことを忘れ、南の海でリラックスした旅行をすることかもしれません。

好きな絵を描きたい、ただ楽しい映画を見て、ただ面白い話をしながらお酒を飲む......こうした純粋な喜びの時間かもしれません。

大切なポイントは「あなたがしたかったことを、これからは叶えて良いのだ」ということを、あなた自身に(あなた自身の潜在意識に)教えてあげることです。

こうすることで、今まで「好きなことをやっちゃいけないし、無理して頑張らなきゃいけないし、自由になんてできないし、だから他人の言うとおりにしなきゃ」と思い込んでいたあなたの潜在意識に「ああ、本当は私のしたいように人生を生きてもいいんだ!」という情報が清らかな川のように流れ込んでいくんですね。

またゼロから始めよう

自分自身に許可をしてあげることで、あなたの心は安心してこれまでの制限をはずし、あなたが望む喜びを自動的に引き寄せてくれるようになるのです。

人生を1から始めるのではなく「ゼロから始める」。

あなたの人生とあなたの命は、まぎれもなく、あなた自身のためにあって良いものです。過去の恐怖を超える勇気を持って、今まで感じられなかった「生きる喜び」を、あなたの人生に充分に味合わせてあげてくださいね。

image via shutterstock

Writing by斎藤芳乃

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    2. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    3. 文筆家・甲斐みのりさんが語る、豊かな日々に欠かせないもの

    4. T爺、ANOVAという低温調理器具を購入【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    5. 部屋が片付かない?そんなとき役立つ意外な5つの“処方箋”

    6. 辛酸なめ子より。すべての乾いている女性たちへ

    7. 周りに「話しかけたい」と思われる女性になる方法

    8. 東京湾と相模湾が見渡せる高台の地から富士山が見えた【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    9. お金を貯めるために大切な5つの力

    10. ストレスを力に変える3つの方法

    1. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    2. 文筆家・甲斐みのりさんが語る、豊かな日々に欠かせないもの

    3. サラダにドレッシングを辞めると気づくこと

    4. 部屋が片付かない?そんなとき役立つ意外な5つの“処方箋”

    5. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    6. 実は間違い!? カラダによくない7つの健康習慣

    7. 周りに「話しかけたい」と思われる女性になる方法

    8. 『乳酸菌がすべてを解決する』の著者が教える、乳酸菌を効果的に摂り入れる方法

    9. 身につけたら一生もの。生きていく上で役立つスキル5つ

    10. 体重を2キロ減らすために、やめるべき8つの習慣

    1. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    2. 体重を2キロ減らすために、やめるべき8つの習慣

    3. 文筆家・甲斐みのりさんが語る、豊かな日々に欠かせないもの

    4. 1年の終わりにやるといいこと、やらない方がいいこと

    5. サラダにドレッシングを辞めると気づくこと

    6. 部屋が片付かない?そんなとき役立つ意外な5つの“処方箋”

    7. 目にも楽しい朝食で整える「築地本願寺カフェTsumugi」の朝ごはん

    8. 2018年、目指すは「快腸」! たった3日でできる「腸」リセット法

    9. 実は間違い!? カラダによくない7つの健康習慣

    10. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    生きづらさが、スーッと楽になる方法

    FBからも最新情報をお届けします。

    Buy

      • もっと私らしく生きる最高の方法~愛、お金、人間関係のすべてを自動的に手に入れる自尊心ルールズ~
      • 斎藤芳乃|大和書房
      • by Amazon.co.jp
      • 恋愛レッスン――永遠の絆のつくりかた
      • 斎藤 芳乃|SBクリエイティブ
      • by Amazon.co.jp