1. Home
  2. STYLE
  3. オードリーが「パスタ中毒」にも関わらずスリムだった理由

オードリーが「パスタ中毒」にも関わらずスリムだった理由

2,418

メーテル徹子

オードリーが「パスタ中毒」にも関わらずスリムだった理由

20150714_audrey_1.jpg「永遠の妖精」と謳われ、人びとに愛されるつづける大女優といえばもちろんオードリー・ヘップバーン。没後20年以上経ったいまでも、多くの女性から「憧れの存在」として崇拝されています。

大女優の顔とは裏腹に、私生活は極めて「普通」だったといわれるオードリー。そんな彼女のちょっと意外な食べ物の好みが、彼女の息子であるルカ・ドッティ氏が執筆した書籍『Audrey at Home』のなかで紹介されています。

実の息子が語るオードリーの食生活

その華奢なルックスからは想像できませんが、じつはオードリーは「パスタ中毒」だったそう。米『PEOPLE』誌によるとルカ・ドッティ氏は、

「彼女はほぼ毎日パスタを食べていました。トマトソーススパゲティが彼女の大好物で、それさえあれば生きていけるといった感じでしたよ」

People」より意訳引用

と母親との思い出を語っています。あんなにスリムなオードリーが、息子に「パスタ中毒」と形容されるくらい、パスタを毎日食べていたなんて意外ではありませんか? さらに、彼女はパスタをおやつの代わりにもしていたようで、

「お気に入りのジャンクフードといえば、パスタにケチャップをかけたものでした」

People」より意訳引用

というから驚きです。口の周りにケチャップをつけてパスタをほうばっている大女優の姿を、誰が想像できるでしょう。

パスタ中毒なのにスリムな秘密

それにしても、毎日のようにパスタを食べながら、どのようにあの体型を維持していたかが気になります。オードリーは食材にはこだわりがあったようで、自分の住む地域で採れた野菜を食べるようにしていたそうです。キッチンにはいつも地元の市場から買ってきた旬の野菜がならんでいたとか。

さらに、

「月に一度はヨーグルトとすりおろしたリンゴで、簡単なデトックスを行っていた」

People」より意訳引用

地産地消や、デトックスといった概念は、いまでこそ健康志向の人びとのなかでは定着していますが、オードリーはそれらを先駆けて実践していたようです。彼女はまた、ユニセフの親善大使として世界中を駆け回っていました。めまぐるしい日々を支えるために、自分にどんなメンテナンスが必要なのか、自らの感覚でわかっていたのでしょう。

最後に、スナック菓子は家にいっさい置かなかったというオードリーですが、自分へのトリートとして、毎晩ダークチョコレートをかじっていたとのこと。キッチンには、ダークチョコレート専用の引き出しもあったとか。パスタ中毒もそうですが、なんとも愛らしい意外な一面ですね。

[People]

    specialbanner

    Ranking

    1. 大臀筋のストレッチで腰痛予防。デスクワークが多い人におすすめ

    2. 簡単手作りツナレシピ。ツナってこんなに美味しかったんだ...

    3. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    4. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    5. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    6. 「ホットフラッシュ」の対処法。人目につくから余計につらい...

    7. カロリー制限より効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    8. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    9. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. カロリー制限より効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    5. 簡単手作りツナレシピ。ツナってこんなに美味しかったんだ...

    6. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    7. 大臀筋のストレッチで腰痛予防。デスクワークが多い人におすすめ

    8. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    9. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    10. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Buy

      • Audrey at Home: Memories of My Mother's Kitchen
      • Luca Dotti|Harper Design
      • by Amazon.co.jp
      • So Audrey オードリー・ヘプバーン 59のエレガンスルール
      • シンディ―・デ・ラ・ホズ|ACクリエイト
      • by Amazon.co.jp

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら