1. Home
  2. STYLE
  3. ステラ・マッカートニーがレザーを使用しない理由

ステラ・マッカートニーがレザーを使用しない理由

8,334

メーテル徹子

ステラ・マッカートニーがレザーを使用しない理由

Simon James / Shutterstock.com

「筋金入りのエコロジスト」として有名なステラ・マッカートニー。幼少の頃からベジタリアンである彼女は、自身のデザインに、レザーや毛皮といった動物性の素材を決して使用しません

毛皮のファッション利用の是非をめぐっての論争は、よく耳にしますが、なぜ、人気素材であるレザーをステラは拒否するのでしょうか。その理由を辿っていくと、トップクラスのファッションデザイナーの着眼点が、単なる動物愛護にとどまらないことがわかります。

ファッションのために殺される牛たち

2012年に、動物愛護団体の「PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)」が行った「アンチレザーキャンペーン」の一環として出演した動画のなかで、ステラはこう切り出します。

「私は"何を買うべきか"について指図するつもりはありません。ただ、事実を知ったうえで、レザー商品を買うかどうかを考えて欲しいのです。」

PETA「アンチレザーキャンペーン」動画より翻訳

毎年、何百万頭という牛がファッションのために殺されています。

アメリカの牛革工場では、牛は尻尾と角などを麻酔なしで切断され、生きたまま吊るされ、皮を剥がされます。また、牛革の主要生産国であるインドでは、牛たちは工場までの100キロメートル以上もの長い距離を、水や食糧をいっさい与えられずに歩かされます。歩けなくなった牛の目に唐辛子の粉末を入れて、無理矢理立たせる光景は日常です。

周囲の環境への汚染

牛への残虐な行為だけではありません。革を生産する過程で大量の化学薬品を使用されるため、周囲の環境は汚染されます。それは、その地域に住む人びとの健康問題に直結します。スウェーデンやイタリアの研究によると、革工場の近隣住民が癌になる確率は、一般より20%から50%高いとも言われています。

ステラは自身のウェブサイトで、

「服飾やアクセサリーに使用される動物の皮には、腐敗を防ぐため腐食性の有害な化学物質がたっぷりとかかっています。自然資源、という印象からはほど遠い、正反対の事実です。」

(「Stella McCartney」より引用)

と話しています。

「レザーを使用しない」という決断は、ファッションデザイナーとしては、正直、大きな制限にもなりかねます。しかし、ステラはそれに代わる新素材の開発の努力を惜しみませんでした。

例えば、2013年には環境にやさしい人工皮革として、植物油を50%以上使用した、ナッパレザー風の新素材を発表しています。また、環境ホルモンなどが懸念されるPVC(ポリ塩化ビニル)レザーは、2010年から完全に使用を止めています。

こういったステラの取り組みは、すべて「持続可能な社会の実現」という大きな理想から来るものです。「持続可能」とは、未来までずっと永続できるあり方を指しています。毎日着る洋服、バッグや靴が、どのような工程で生産された素材なのか。私たちの選択が、環境を守ることにも、汚染することにもつながります。

「どんな未来を作っていきたいのか」......その考えも含めて、身に纏うことが大切ではないでしょうか。

ステラの考えは、「Stella McCartney」のなかで詳しく紹介されています。興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

Ecouterre,Stella McCartney

    Ranking

    1. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    2. 糖質制限と脂質制限ダイエット。管理栄養士がメリット・デメリットを解説

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. サウナでも体は鍛えられる! 研究でわかったサウナの優れた健康メリット

    6. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 乳がんになった人は、卵巣がんになりやすい!?

    9. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    6. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    Buy

      • 服を買うなら、捨てなさい
      • 地曳 いく子|宝島社
      • by Amazon.co.jp
      • My Organic Note - 心地いい暮らしで変わる、こころとからだ - (正しく暮らすシリーズ)
      • 神田 恵実|ワニブックス
      • by Amazon.co.jp