1. Home
  2. STYLE
  3. えっそうだったの!? スキンケア選びのウソ・ホント

えっそうだったの!? スキンケア選びのウソ・ホント

えっそうだったの!? スキンケア選びのウソ・ホント

150518iniks_top.jpg

わたしたちのまわりにはさまざまなスキンケアアイテムがあふれており、「肌にやさしい」「無添加」「マイルド」「低刺激」などなど、一見同じような商品が数えきれないほどあります。

なのに、このスキンケアアイテムの選び方に関しても色々なことが言われており、いったい何を選んだらいいのかわからなくなることも......。

そこでまずは、スキンケアアイテムの選び方にまつわるウソ・ホントを検証。この機会に改めて自分のスキンケアを見直してみましょう!

Q.肌が弱いので、「肌にやさしい」と言われているものを選んでいればいい

A.ウソ。「肌にやさしい」とは、単に肌に「余計な反応を引き起こさない」ということ。刺激は低いものの肌内部はうるおい不足になり、じつは肌の調子は整っていないということも。

Q.敏感肌の人は無添加の商品がいい

A.ウソ。無添加は安全性を保障するものではなく、ある原料が配合されていないだけ。香料、着色料、表示指定成分......etc。メーカーによって指すものにバラつきがあるので、まず「何が無添加なのか」をちゃんと確かめる必要があります。

Q.化粧水のテクスチャーはとろりとしているもののほうが保湿力が高い

A.ウソ。テクスチャーと保湿力は無関係。中にはとろみを出す増粘剤をつかっているだけで、保湿の役割を担っていないものもあるようです。

いかがでしたか? 自分の使っているスキンケアアイテムや、その選びかたについて自信がなくなった人も多いのではないでしょうか。では、どんなアイテムをセレクトするといいのでしょうか。

「肌にやさしい」に本当に満足している?

肌トラブルに有効な機能性成分が含まれるアイテムは、効果が高い反面、刺激となり肌が反応してしまう可能性も。いっぽう「肌にやさしい」商品は、そういった機能性成分を極力使用せず、うるおい成分が中心です。

逆にいえば「肌にはやさしいものの肌悩みにアプローチするほどの強さを持ちあわせていない」とも言えるのです。根本的な解決にはそれだけでは不十分ですよね。

見逃していませんか? スキンケアを見直すサイン

この「攻め」と「守り」をバランスよく配合しているのが、多くの皮膚科専門医の協力を得て皮膚薬メーカーが開発したスキンケア化粧品『iniks(イニクス)』。

突然の肌荒れやカサつきの起こるオトナ女性特有の敏感肌に根本からはたらきかけてくれる、新しいスキンケアブランドです。

150518iniks_1.jpg

センシティブ ローション Ⅱ ディープモイスト」120ml 3,700円(税抜)、「センシティブ ミルク Ⅱ ディープモイスト」80ml 4,000円(税抜)

乾燥やかさつき、肌あれやキメの乱れ、ごわつき、くすみ(※1)......。大人の敏感肌の症状は、油断すると何度も繰り返すもの。言ってみれば、それは「スキンケアを見直して!」という肌からのSOSサインです。

敏感肌に陥ると「肌にやさしい」だけを基準にスキンケアを選びがち。でも、原因を本質から解決しないと、さらにトラブルを起こしやすい肌に。

そんな敏感肌にこそ、肌の悩みに積極的にアプローチする「攻め」と、肌をカバーする「守り」を両立させた、バランスのとれたスキンケアが必要なんですね。

かくいうわたしも季節の変わり目で顔が乾燥して敏感な状態だったのですが、『iniks』を使ったところまったく刺激を感じず、それどころか翌日には普段よりも肌の調子がよくなっていることを実感!

ほかに特別なことは何もしていないのに、夜まですべすべの柔らか肌が持続しました(※2)

シンプルケアだけどキレイになれた3つの理由

1.乾燥状態をうるおいで応急処置

2.バリア&保湿機能をサポート

3.ツヤをプラス

『iniks』は、肌のバリア機能をサポートし、透明感を引き出す機能性成分を積極的に取り入れながらも、うるおいで刺激をやわらげる効果も兼ね備えて「肌にやさしく、かつ高機能」を実現。

大きくこの3つの特長を持った『iniks』だからこそ、根本から肌を美しくし、トラブル続きの敏感肌から、使うほど透き通る健やか肌へと導いてくれるんですね。

100%天然由来のブレンドハーブエキスでうるおいを与え、香料や着色料、鉱物油、アルコールなどは不使用。肌への刺激を極力抑えるために不純物(微量金属・微生物)が少ない超純水をベースに採用するなど、成分にもこだわりが。

150518iniks_2.jpg

本当に必要なものを必要なぶんだけ配合する、皮膚薬メーカーだからこそ可能な研究の成果が凝縮されています。

肌のバランスを整え、安定した状態に導いてくれる『iniks』で、透き通るような柔らか肌、輝くキメ肌をあなたもさっそく手に入れませんか?

《敏感 or 鈍感、あなたはどっち? Bin・Donチェック診断》

自分の敏感・鈍感度が診断テストによってわかる特設サイトも要チェック。知らなかった一面を発見できるかも。さらに今なら、「iniks センシティブライン」の化粧水と乳液を、5日間たっぷり試せるチャンス! 皮膚薬メーカーだから実現できた攻めと守りのスキンケア効果を、自分の肌で実感してみて。

>>Bin・Donチェックで今すぐ診断

iniks(イニクス)

※1...キメの乱れによるもの※2...個人の感想であり、実感には個人差があります。

woman image via Shutterstock

撮影(iniks)/田所瑞穂

    Ranking

    1. DEOCO.はどうやってオトナ臭をケアするのか。30代以上は真剣にシャンプーを選ぼう

    2. あまり使わない内ももの「内転筋」を鍛えて、スラリとした脚を目指す

    3. ザクザク編めば気分すっきり。心をほぐし、SDGsも実現できる編み物キット

    4. 頭痛には、どんな栄養を摂るべき? 管理栄養士が控えるべき食品も紹介

    5. 冷たくして召し上がれ。豆乳でふわふわに仕上げる「きゅうりの冷製ポタージュ」

    6. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    7. ごはん日記の素材たち。まず好きな食材を買って、メニューはあとから考える/こぐれひでこさん[後編]

    8. 「目に入るたびにうんざり」とサヨナラ。汚れたキッチンタオルはあそこへポイ

    9. 生理用吸水ショーツを使ってみた。注目10ブランド一挙紹介

    10. ストレスが68%もダウン。心と体をラクにする「読書セラピー」

    1. 「目に入るたびにうんざり」とサヨナラ。汚れたキッチンタオルはあそこへポイ

    2. ザクザク編めば気分すっきり。心をほぐし、SDGsも実現できる編み物キット

    3. 頭痛には、どんな栄養を摂るべき? 管理栄養士が控えるべき食品も紹介

    4. DEOCO.はどうやってオトナ臭をケアするのか。30代以上は真剣にシャンプーを選ぼう

    5. あまり使わない内ももの「内転筋」を鍛えて、スラリとした脚を目指す

    6. 抑えきれない怒りの症状は「PMDD」かも。PMSとどこが違う?

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. ごはん日記の舞台裏。キッチンの「ガラクタ」は宝物/こぐれひでこさん[前編]

    9. ごはん日記の素材たち。まず好きな食材を買って、メニューはあとから考える/こぐれひでこさん[後編]

    10. 飛田和緒さんに教わる保存食のコツ。手をかけただけ、おいしさがやってくる

    1. 簡単すぎて絶句。おいしすぎる「焼きナス」の作り方

    2. 食べる人に必要なマナーとは。土井善晴さんが教える「くらしのための料理学」

    3. 【心理テスト】底抜けに明るい? 冷静沈着? あなたの「五月晴れ」度

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 栄養不足と思ったら、とりあえずこれ食べよう。管理栄養士考案、レンジで「ブッダボウル」

    6. いけてるレインシューズがほしい! かわいくて環境配慮もされている防水シューズ3選

    7. 「目に入るたびにうんざり」とサヨナラ。汚れたキッチンタオルはあそこへポイ

    8. ごはん日記の舞台裏。キッチンの「ガラクタ」は宝物/こぐれひでこさん[前編]

    9. ザクザク編めば気分すっきり。心をほぐし、SDGsも実現できる編み物キット

    10. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません