1. Home
  2. EAT
  3. アーモンドミルク vs 豆乳、定番食材よりヘルシーなのはどっち?

アーモンドミルク vs 豆乳、定番食材よりヘルシーなのはどっち?

8,841

白石 里美

アーモンドミルク vs 豆乳、定番食材よりヘルシーなのはどっち?

20150520_healthier_1.jpgヘルシーな食材を選ぶ時、どちらも体に良いと言われているけど、一体どっちがよりヘルシーなの?と迷うことも多いですよね。多くのセレブをクライアントに持つホリスティック栄養士Elissa Goodman(エリッサ・グッドマン)さんがそんな疑問に答えています。

ココナッツオイル vs.オリーブオイル

「どちらのオイルも効果があります、この勝負は引き分けですね」とグッドマンさんは言います。(中略)カロリーに関してはどちらも同じです。そしてどちらもコレステロールやトランスファットは含んでいません。

[BYDIEより引用]

どちらも体に良いという両オイルですが、その使い方に違いがあるようです。

「もし火を使う料理にオイルを使うならば、加熱によってダメージを受けないココナッツオイルを選びましょう」 「サラダドレッシングなど、火にかけずに使用するならばオリーブオイルは素晴らしい選択です」

[BYDIEより引用]

この勝負は両方常備して使い分けると良いようです。その効果を最大にするためにも、オーガニックでコールドプレスのものを選ぶようにしましょう。

アーモンドミルクvs.豆乳

何を一番に考えるかによって結果が変わります、とグッドマンさん言います。

「豆乳と比べてアーモンドミルクはカロリーが低く、また飽和脂肪を含みません」「250ml中、アーモンドミルクはより多くのカルシウム、ビタミンA、D、Eを含んでいます」

しかしながら豆乳は、より多くのタンパク質を含んでおり、さらにアーモンドミルクは体内の炎症を起こすカラギナンと呼ばれる物質を含んでいることがあるとグッドマンさんは言います。

[BYDIEより引用]

最近日本でも人気が高まっているアーモンドミルクですが、アメリカではデイリー・ソイフリー(乳製品・豆乳不使用)の代替ミルクとしてとても人気があります。どちらもそれぞれ利点があるということですので、偏らずにどちらもバランス良く取り入れるのが良さそうです。

白身vs.卵

「黄身を含む卵に軍配があがります。特に調理しすぎると栄養素が減ってしまうので、黄身が固まっていない状態の時にこの勝敗となります。」とグッドマンさんは言います。「確かに白身は黄身と比較してカロリー、コレステロール、脂肪は少ないですが、各種ビタミンやミネラルは黄身にのみ含まれているのです。白身だけを食べると、ビタミンB類、ビタミンD、鉄分が摂取できません」

[BYDIEより引用]

アメリカではコレステロールやカロリーを気にして、白身だけを食べる人も多いですが、黄身にしか含まれない大切な栄養素があるということですから、丸ごと食べたほうが良さそうです。調理しすぎない方がより効果的に栄養素を摂取できるのであれば、半熟の目玉焼きや卵かけご飯なども手軽で栄養価の高い食事と言えます。できるだけケージフリーのオーガニックの卵を選ぶようにしましょう。

ツナ缶、サーモン缶、イワシ缶

「魚はタンパク質やオメガ3脂肪酸の宝庫です」とグッドマンさんは言います。「3つともタンパク質やオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいますが、ツナは最も水銀を含んでいます。イワシとサーモンはどちらも良いですが、サーモンの方がより多くのビタミンB、D、コリンを含んでいます。」

[BYDIEより引用]

常備しておくと便利な缶詰ですが、軍配はサーモン缶に上がるようです。手軽に料理できて、栄養素も高いサーモンはアメリカでも人気がある魚です。

今回ご紹介した食材は、どれも入手しやすいものですから、上手く活用してバランスの良い食事を心がけたいですね。

[BYDIE]

olive oil photo via shutterstock

    Ranking

    1. 白砂糖・バター・チーズ不使用おやつ。ヨーグルトのチーズケーキレシピ

    2. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 秋の花粉症を悪化させるNG行動。リスクを最小限に抑えるには?

    9. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    Buy

      • Sanuk サヌーク レディース スニーカー Shorty Chill WMN スリップオン Red(SWF1146-RED)
      • undefined
      • by Amazon.co.jp