1. Home
  2. STYLE
  3. 歯の並びが教えてくれる、食事のルール

歯の並びが教えてくれる、食事のルール

1,394

米田ロコ

歯の並びが教えてくれる、食事のルール

20150505_teeth_1.jpg穀物・野菜・果物・肉・魚。食事の際、いったいどれくらいのバランスでそれぞれ摂取するのがいいのでしょうか?

その答えは、人間の歯の数で分かるそうです。

歯の割合が、理想的な食事の割合

アニメ形式で展開される、医学博士・真弓定夫 監修『肉はあぶない?』(美健ガイド社)という本にその内容が紹介されています。

「穀物を食べる臼歯が20本 野菜や果物を食べる門歯が8本 肉や魚を食べる犬歯が4本」

「割合にすると5:2:1だよね」

「だからこの歯の割合で食べればいいんだよ」

(『肉はあぶない?』P28〜29より引用)

つまり、穀物(5):野菜&果物(2):肉&魚(1)という割合が理想的だそう。

ちなみに、穀物や野菜・果物が実らず、魚もあまり獲れない海外の国では、肉や乳製品を中心に摂取していますが、そういった土地に住んできた人々は、日本人にはない肉や乳製品を消化するための酵素を体内に持っているそう。また、肉や乳製品を消化するために、腸の長さも短くなったのだとか。

長い歴史の中で、環境に適応するため変化していったのですね。さまざまな健康法やダイエット情報が飛び交うなか、自分の体(歯)に食事バランスの答えがあったなんて、感心しました。

体は、私たちに答えを教えてくれていたんですね。

肉はあぶない?

young-woman via Shutterstock

    Ranking

    1. 白砂糖・バター・チーズ不使用おやつ。ヨーグルトのチーズケーキレシピ

    2. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 秋の花粉症を悪化させるNG行動。リスクを最小限に抑えるには?

    9. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    Buy

      • 肉はあぶない? (カン・ジン・カナメの健康教室)
      • 平山郁,森梅子,USAKICHI,阿部有軌,椎名里実|美健ガイド社
      • by Amazon.co.jp