MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. EAT
  3. 固めて、冷やして、切るだけ。簡単手作りグラノーラバー

固めて、冷やして、切るだけ。簡単手作りグラノーラバー

固めて、冷やして、切るだけ。簡単手作りグラノーラバー

初夏の陽気になり、カフェやレストランのオープンテラスを利用する人も増えてきました。日差しを浴びながら、ゆっくりと寛ぐのは幸せな時間です。

アメリカでも、春〜夏にかけては野外で食事する人が多くなります。料理を持ち寄って公園で食べたり、道ばたのベンチで新聞を読みながらリンゴを丸かじりしたり。

ヴィーガンレシピの「グラノーラバー」

なかでも、たびたび見かけるのは「グラノーラバー」を頬張る人。アメリカ発祥の「グラノーラ」をスティック状に固めたもので、大人気の軽食&おやつなのだそう。栄養価が高く、作り方も難しくないので、手作りする人が多いそうです。

作り方としては、「グラノーラを固めて、冷蔵庫で冷やし、切る」というだけのシンプルな行程。

固める材料としてマシュマロやキャラメルを使うこともあるのだそうですが、少しカロリーが気になりますね。そこで、ヘルシーな材料で出来上がるヴィーガンレシピの「グラノーラバー」の作り方をご紹介します。

このレシピは、グラノーラそのものから手作りしていますが、もし市販のグラノーラを使う場合、必要な材料は

・グラノーラ500cc程度(粘度に合わせて調整を!)

・デーツ

・シロップ(アガベシロップかメープルシロップ、もしくは蜂蜜)

・ナチュラルピーナツバター(もしくはアーモンドバター)のみ。

作り方も、それらを混ぜて固める部分のみを参考にしてみてくださいね。

20150508_granola_bars_2.jpg<材料>

・ロールドオーツ360cc(グルテンフリー好きの人はグルテンフリーのものを)

・生アーモンド、クルミもしくはペカンを粗く砕いたもの120cc

・種抜きのデーツ240cc~270cc(デグレット・ヌールもしくはメジョールデーツがお勧め)

・チアシード大さじ2

・ヒマワリの種大さじ2(ローストしたものでも、生でも)

・フラックスシード大さじ2(細かく砕かれたものでも、そうでなくても可)

・ヘンプシード大さじ2

・アガベシロップ、もしくはメープルシロップ60cc(ヴィーガンでない人は蜂蜜でも可)

・ナチュラルピーナッツバター(クリーミーで塩入、甘くないもの)もしくはアーモンドバター60cc

<作り方>

1.黄金色になるまで、オーツとアーモンドを、180度のオーブンで13~15分焼く。

2.デーツを、フードプロセッサーにかける。少し粒が残る位まで。こねると、ひとつの丸い塊になるくらいの粘度。

3.オーツ、アーモンド、デーツを大きなボウルに入れて混ぜる。シード類も全部加える。

4.シロップ&ピーナツバター(アーモンドバター)を小さな鍋に入れ、低温で温める。温め終わったらオーツ類に注ぎ込み、デーツも小分けにして加え、全体的によく混ぜる。スプーンか手を使い、よく混ぜる。

5.ラップかパーチネントシートを20cm×20cm四方程度の容器に敷く。後にグラノーラバーを取り出しやすくするため。その上に全ての材料を移す。

6.5の上にラップもしくはパーチネントシートを敷き、表面が平らになるように本のような平らなもので全体的に押す。バラバラにならないようにする。冷蔵庫で15~20分冷やす。

7.バーを容器から取り出し、10等分に切り分ける。密閉容器に入れておけば数日持つ。マストではないけれど、冷蔵庫に入れておくことがお勧め。

minimalist baker より引用)

この「グラノーラバー」は数日間保存可能ですので、週末に作り、オフィスでのおやつとして持ち歩くことも可能です。ダイエット中、小腹がすいた時にも強い味方になります。

グラノーラ本体から手作りすれば、添加物や保存料も入っていませんので、安心なおやつができあがります。栄養たっぷりの「グラノーラバー」は、行楽シーズンのお供にもピッタリです。

minimalist baker

granola-bars via Shutterstock

Writing by土居文恵

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 実はタマゴはまるごと食べたほうがよい理由

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 驚きのフィット感と軽さ。スニーカーのような履き心地のパンプス

    4. みなさんバレンタインには張り込むんですね【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    5. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    6. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 【完全版】管理栄養士に聞く「糖質制限ダイエット」の効果と方法

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 梅の花が咲いてきた。春も近い?【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    8. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    9. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    10. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    10. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    固めて、冷やして、切るだけ。簡単手作りグラノーラバー

    FBからも最新情報をお届けします。